On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

2017-11-21-11-10-46

2017-11-21-11-11-55

2017-11-21-11-10-57

 2017年11月18日発売。去年のextraのGPシリーズスタート号は、シェイリーンのホプレガ解説が収録されており、ゆづファン的にはマストアイテムと言ってよい素晴らしい内容でした。

 それに比べると、今回は「薄い内容」というのが第一印象です。まぁ、二つともに持ち越しプロだし仕方ない面はあるんですが。

 今日は、ゆづ関連の記事についてフォローしてみます。写真撮影は和田八束氏が担当。

 まず、表紙は上記画像の通り、ロステレでのSEIMEI。めくると、例のホプレガの絵を持参してきた男の子と羽生君とのショット、目次の右ページはSEIMEIを演じる直前の目をつむってポージングするショット。

 ロステレの特集記事(4~35頁)では、まず、SEIMEI(4~5頁)とバラ1(8頁)が1枚ずつ。そして、羽生君のプレカンの紹介記事の中で、SEIMEIが4枚、バラ1が1枚、代表ジャージ2枚、UAウェア1枚の写真を掲載。さらにオマケでUAショットが4枚です。

 ロステレのプレカンのテキストについては、みなさんはマガジンでご存知でしょうから、新しい情報はありません。写真については、赤字にした「男の子とのショット」が、男の子を真正面から捉えていて、羽生君はやや斜めからという、珍しい角度なので、気になる方はチェックしてみてもいいと思います。全体的にバラ1の写真は少なく、SEIMEIが多めですが、それでも他誌と比べると、ちょっと少ないなぁ・・・というのが正直な所です。

 前述の通り、去年はシェイリーンのインタが入っていましたが、今年は、ブライアンも、ジェフも、トレイシーも、あるいはハビのインタすらないので、ゆづ目当てでは本当に厳しい内容です。ただ、ネイサンのインタの中で、シェイリーンとのプログラム作りの話が出てくるので、そちらは明日ご紹介します。

 そうなると、私がやることと言えば、「羽生」とか「結弦」というワードを、他の記事から拾う作業になります。2つご紹介しましょう。

 ・メドベ(ロステレのEX前の共同取材

 ―― 羽生結弦選手は今朝の取材で「ドラマティックに勝利したいと思っている」と話していましたが。

  「“ドラマのある勝利”は全面的に賛成!ドラマティックな勝利なら大きな感情が湧き上がるだろうし、自分自身に克てたと感じられるはず。『やったわ!』って。私もショートプログラムのあとは、ちょっとそんな感じでした。ウォーミングアップでは、ミスもあってあまりハッピーではなかったんですが、プログラムになるとやり遂げることができ、最後は勢いに乗れた。何か難しいことや、乗り越えなければならないことがあると、勝利の価値を実感できます。多くの労力、魂を注ぎ込まないといけないわけですから、いつもとは違う感情、強い思いが、そこにはあるんだと思います。すんなりとうまくいっているときよりも、勝ちたい気持ちも強くなりますからね

 →→「ドラマティックに」なんて、ゆづがいつ言ったの?と調べてみたら、本誌には無かったんですけど、マガジン(35頁)で見かけた、海外メディアとのこのやり取りかなと思います。

 ―― あなたは、外見とは真逆の強さを内面に持っているようです。敵をやっつけるヒーローのような。

  「そうですね…。なんか、う~ん…自分の中で、特にこれになりたいというのはないけど、アニメとかは好きだし、なんか、とにかく劇的に勝ちたいという気持ちはすごくあります

 で、このやり取りは、通訳を介して行われているので、マガジンでは、羽生君の肉声そのままに「劇的に勝ちたい」と掲載されていますが、通訳者は“dramatic”と英訳したのでしょう。

 「共同取材」という所を赤字にしましたが、このメドベへの質問はWFSのライターによるものじゃなくて、海外メディアがその“dramatic”のくだりをメドベに投げてみた、ということですね。

 そうか・・・羽生君自身が「ドラマティック」と言ったわけじゃないから、羽生君の会見記事の所で、そのやり取りを入れなかったわけですね。ただ、メドベのコメント自体は彼女の勤勉さの良く出た素晴らしい内容なので、良しとしましょう。

 ・ネイサン(ロステレのフリー翌日)

  「シーズンのはじめにユヅルに勝てたのは大きな一歩です。でも同時に、まだシーズンはじめだから、彼もぼくもまだまだやらなくちゃいけないことがある。すごい僅差なので、気を散らさないでやっていかなくちゃと思います。ぼくがやっていくのは、やはり芸術面を向上させること、全部のレベルを保つこと、GOEをできるだけ上げること、安定感を保つことになると思います。スケートアメリカまでの5週間で、一度ローリーと会って、表現面を広げたい。ジャパンオープンとこの試合の疲れを取って、リフレッシュしてシーズン後半に臨みます」

 →→自分の弱点をじつによく分析できていますよね。その意味では、羽生君や、あるいは今季の新葉ちゃんに近いものがあります。

 地上波の煽りPVなどで言われる、ネイサンの「新世代のクワドジャンパー」という部分ももちろん素晴らしいですし、彼の最大の武器であることは皆が認めている所でしょう。

 でも、決してそこだけに満足していない。もちろん、口だけ「表現ガー芸術ガー」などと言ってるんじゃなくて、そもそも五輪シーズンの今季の両プログラムが、非常に野心的で実験的なものであり、そこにトライする姿勢が素晴らしい。バレエ経験者ですから、芸術とは何か?表現とは何か?というのが、分かった上で言っている。

 もちろん、平昌五輪で金メダルを争う最大のライバルですけど、この競技をより高いレベルに押し上げるには、彼やボーヤンの頑張りが絶対に必要になってくる。この一節を読むだけでも、頼もしいなぁと、嬉しくなりました。

 明日も引き続き、extraの記事を見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

javi

 フランス杯感想もラストの男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まずは、SPで3位だったものの、総合4位と順位を落としてしまったサマリン君から。スケカナはあまりマジメに見ていなかったので、彼のフリーも初見なんですが、2:35あたりから、突然うるせーヴォーカルがカットインしてきて、後半以降、曲が完全にメタルですね(笑)。



 こちらが原曲。マルコム・ヤングが亡くなったばかりですが、この人がAC/DCにいたことは知りませんでした。サマリンのISUのバイオを見ていたら、このうるせー曲の直前にメタリカを挟んでいたり、振付師が完全に狙っています。

 クワドはけっこう派手に転んでいましたが、こんな感じの、ヘヴィメタル・ハードロックをフィギュアスケートに使う選手はほぼ皆無だと思うので、ぜひ来年もトライしてほしいです。個人的に応援したくなります。


 
 予想以上に苦戦していました。どこか怪我してるんじゃないか?ってぐらい悪かったですね。ただ、コンディションが悪いからといって、構成を極端に落とすわけにはいかないのが、フィギュアスケートの厳しい所です。

 そして、はっきり内容が悪くても、採点結果もその通り悪くなるとは限らないのが、フィギュアスケートの複雑な所です。とくに、「こちらのブログ」が参考になりました。

 まぁ、悪かろうが何だろうが、地元開催のファイナル進出は決めたことですし、2週間しっかり準備して、大会を盛り上げていただきたいですね。



 ハビは、優勝できたことは良かったですが、なんだか、ケツが痛かったとか何とか、ベテランになると、色々と痛いところが出るのはしょうがないですね。

 出だしのクワド2本はイイ感じだったんですが、「ドン・キホーテ!」の掛け声の後の、3Aでバランスを崩してからは苦労しました。

 ただ、スピン・ステップはきっちりレベルを取れているし、ジャンプ自体も高さは問題なく出ているので、あとは身体をケアしつつ着氷さえ決まれば、当然ながら五輪でメダル争いをする実力者だと思います。

 一番上にキャプ画を貼りましたが、キスクラで二人の様子を見ていると、リプレーを見ながらすでに分析に入っている感じで、たしかな手ごたえをつかんでいるようです。



 この人にも触れないわけにはいかないでしょう。最後のグランプリシリーズで初めてのメダル獲得。劇的すぎます!

 男子シングルで勝つためには「クワドは必須」というのは確かに分かるんですが、正直なところ、クワドでコケまくる演技を何人も見ていると、疲れてくる部分はあります。

 そんな中で、クワドが武器じゃなくとも感動を与えられるスケーターとして、一方で、ジェイソンのような身体の柔らかさを生かした超人的な動きをするスケーターがいて、そして、ミーシャのような芸術家肌のスケーターもいる。

 ミーシャにはもう少し頑張ってほしいという気もしますが、オフにプログラムを作るために世界中を飛び回っていた状況を思い返すと、普通に考えて現役を続けるのは無理ですよね。その才能を世界の若いスケーターのために、これから何十年にもわたって役立ててもらいたいです。

 WFSのextraを無事入手しましたので、明日からはみっちりレビューしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-11-19-11-33-37

2017-11-19-11-33-42

2017-11-19-11-33-46

2017-11-19-11-33-53

 そうです。第224回に続いて、試験会場は、工学院大学八王子キャンパスでした。

 前回の10月22日はというと、大型台風が接近している中で行われました。テストの行き・帰り自体は大丈夫でしたが、試験後に地元の中学校に投票に行ったら、全身ズブ濡れになりました。たった一カ月前の話なのに、なんだか遠い昔のようです。

 試験終了時刻は15:01。以下、簡単な感想です。

 パート1(やや易)→なぜ「やや」をつけたかというと、No.5のみ自信がないからです。2人の男性が向き合って書類を読んでいる写真で、その薄っぺらく見える書類を“books”と説明している選択肢が、「これ、bookなの?」と、妙にひっかかりつつ、結局それを選びました。どうなっているでしょうか。

 パート2(普通)→前半は平易な問題が続いて、「こりゃ今回いいぞ!」と欲が出てきたところで、No.20過ぎた辺りから、悩ましい問題が続きました。消去法で選んだものがけっこうあります。全体としての難易度は「普通」ということにしますが、後半は厳しかったです。「この動揺を、この後のパート3・4に引きずってはいけない!」と気持ちを切り替えるようつとめました。

 パート3・4(普通)→先読みが遅れて、テキトーにマークしたものこそなかったですけど、「どれも選びようがないわ!」という問題があったのは事実なので、そこそこ失点していると思います。

 ところで、今回面白い問題がありました。パート4の「No.95-97」で、作業着のデザイン画(ヘルメット・上着・ズボン・エプロン)があって、設問と選択肢を先読みする限り、とある業者が作業着一式を発注して、「きっと、材質か、サイズか、デザインあたりを『変更してほしい』というような、要望の電話か何かかな?」と予想。案の定、そこまではドンピシャでした。ところが、その内容は、予想のはるか斜め上を行くものでした。

  「弊社は、KMEX社ではなく、QMEX社ですので・・・」

 たしかに、デザイン画のヘルメットにはデカデカと「KMEX」と印字されていて、

  「おいおいおい、そんなミスってありえる?まじかよ!」

 あまりにパンチのある結末に、マスクをしながらテストを受けているので周りの受験生は知る由もないはずですが、ニヤニヤ、クックックと笑いを噛みこらえていました。つぎの、No.98-100に「笑いのダメージ」の影響は確実に出ているはずで、最後のユニットは落としていると思います。

 パート5・6(やや難)→この両パートはどんなに時間をかけても14:02には通過することを目標にしていて、ここ最近はそれよりもはやく処理できていたんですが、今回はとくにパート5に歯ごたえのある問題が多かった印象です。結局、No.146を終えた段階で、14:05になっていて、こりゃやばいぞ・・・と、間髪入れずにパート7に取りかかりました。

 パート7(普通)→いつもだと、パート7に取りかかる前に一息入れるんですけど、1秒も無駄にできないと思って、猛ダッシュで駆け抜けました。No.180を終えて14:37で、これは予定よりも2分オーバーなんですが、WP(TP)を2つ解いて、No.191になった所で、15分弱残っていたので、これはもう大丈夫!と、そこからは焦らずにじっくり読み込んで解答しました。結果的に、今回のパート7は、しっかり読解できた感触があります。ただ、リーディングセクション全体でいうと、パート5に不安があるので、450前後ぐらいでしょうね。

 そういえば、私の左隣の受験生(3人掛けの長机を、2人で使用)が、女子大生風の若い女の子だったんですけど、リスニングから豪快に居眠りをしていて、たまに起きてたまにマークして、また寝たりと、具合でも悪かったんでしょうか?

 次回は、パート3・4に重点を置いて、また頑張りたいと思います。

 Jun

このページのトップヘ