On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

IMG_0136

FullSizeRender

IMG_0273



 Continues初日を現地観戦予定なのですが、記事を土曜0時に間に合わせられる自信が無いので、別のテーマでお許しください。その代わりの「暫定版」と言っては何ですが、羽生結弦展のように「現地からのツイ」はする予定ですので、ご覧いただければと思います。

 これまでの、本書のレビューはこちら(「1」「2」「3」)。

 Continues予習として、本書のプルさんのインタを読んでみました。田村さんによる独占インタビューで、場所は昨年10月下旬のニューヨーク。「アイスシアター・オブ・ニューヨーク(ITNY)」出演に際してのもので、プルシェンコが12年ぶりにNYのアイスショーに出るということでした。

 (1)現在の男子シングル

  「今の男子には、お礼を言いたいと思っている。男子のフィギュアスケートを20年分進化させてくれたから。2010年には、誰も4回転ジャンプを成功させていなかったでしょう」

  「今のトップ男子は(アクセル以外)すべての種類の4回転をやるようになった。ユヅは5本。ネイサンは5種類跳べる。ショウマは4本、時には5本。中国のボーヤンもすごい。彼らになら4+4もできるでしょう。ぼくも現役の当時は3アクセル+4トウループもやっていました。今の世代ならもっとできるはず」

 (2)平昌オリンピックの予想

  「ユヅ、ショウマ、ネイサン、ハビエル、パトリックのうち誰が勝ってもおかしくない。でも金メダルはおそらく、ショウマ、ユヅ、ネイサンの間で争われるでしょう。ハビエルも可能性はあると思う」

  「ただネイサンはジャンプの質がすごく優れているけれど、すべてがちょっとコンパクトにまとまってしまっている。比較するとユヅル・ハニュウはすべての動きが大きいです。ハビエルもスケート、ジャンプともすごく質が高い。4回転の種類は少なくても、ミスなく滑ったら優勝のチャンスはあると思う

  「ボーヤン(の金メダル)はおそらくないと思う。彼はとても優れたスケーターだけど、ショウマやユヅとは違ったレベルだから。まずトランジションが圧倒的に足りない」

  「パトリックのスケーティングはぼくは大好き。とてもクリーンで、美しい。すごく自由で滑りが大きい。4回転はトウループだけだけど、決まれば質が高いし」

 (3)ルールについて

  「今の選手には4回転だけでなく、もちろんトランジション、スピンのエッジチェンジも求められる。彼らがやっているのは、新しいフィギュアスケートだと思う。でもぼくに言わせると、もっと時間が必要だと思う。15秒か30秒プログラムの時間を長くして4回転を跳んだら、少し息をつく間が持てるようになる。もちろん身体は疲れるだろうけれど、逆に楽かもしれない

 当然ここで、田村さんは「男子フリーの30秒短縮とジャンプが減るルール変更」について訊いています。

  「そんなことがうまくいくとはぼくには思えない。もっとジャンプ、コンビネーションを増やしていく方向に行くべきだ。フィギュアスケートはバレエではない。もっと激しいスポーツになっていくべきだとぼくは思う

 これについて、少し補足します。昨年4月発売の「Number PLUS(銀盤の革命者)」のインタで、プルさんは「フリーは30秒~1分長くした方がいい。その方が、ポーズを取ったり、表現したり、振付を意識したり、さらにジャンプをするのも楽になるでしょう」とコメントしていました。

 私の解釈では、これだけクワドの進化が進んでいるのに、演技時間が短くなれば、よけい表現・芸術面がないがしろにされてしまうのではないか?、プルさんはそう警鐘を鳴らしているのではないかと。

 本来、フィギュアスケートは技術と芸術の両面を表現するスポーツであり、おそらくプルさんはこれを「バレエとは違う激しいスポーツ」と言い換えているように見えます。フィギュアスケートが、フィギュアスケートとしての体をなすなら、時間がまったく足りないよ、ということなのでしょう。

 平昌五輪は羽生君やハビが出ていたからともかく、ミラノワールドの後、ネット上では「フィギュアが4回転にトライするだけのスポーツでいいなら、スノボを見るわ!」という書き込みを見かけましたし、ガンディさんも「(曲をBGMとして流しているだけに等しいので)振付師は廃業してしまう」とまで苦言を呈していました。

 GOE11段階制導入があまり効果が無ければ、いよいよ技術系と芸術系の2種目分離ということが現実味を帯びてくるのかもしれません。

 (4)4Lzについて

 上記のように、このインタは昨年10月末に行われており、羽生君がN杯で故障する10日前だったといいます。「なぜ、いまや4Lzを跳ぶ選手が何人も出てきたのか?」という質問が投げられます。

  「ぼくも練習では成功していたんですよ。でも当時は、試合では必要なかった。それにしっかり練習するような時間がなかった。1年試合を休んでジャンプの練習に集中したら、できていたと思う」

 ちなみに、プルシェンコの全盛期の「オフシーズン」はどうだったか。アメリカではフィギュアスケートの人気が今よりも高く、「チャンピオンズ・オン・アイス」なるツアーが行われていて、招待されたトップ選手は、世界選手権終了後からおよそ2ヶ月~3ヶ月に亘って、全米ツアーの長い興行に出ていたと、田村さんは注釈をつけています。

  「毎年新しいプログラムを作って競技に出続けていた当時は、本当に時間に余裕はなかった。それでも練習ではトウループ、サルコウ、ルッツ、ループの4回転を成功させました。フリップはついにダメだったけれど。ルッツ、ループ、トウでは、コンビネーションも降りました。・・・(4回転アクセルは半回転足りない)前降りしたことはあります」

  「ユヅルの回転なら、4アクセルを成功させることができるでしょう。彼のスピード、高さなら。でもとても危険ではありますね」

 (5)ハードスケジュールの代償

  「手術を受けたのは15回。お天気が悪いと、その一つひとつの傷をすべて感じますよ。今朝も起きたら、首が回らなくなっていたんだ。枕が高すぎたのかもしれない。マッサージクリームを塗って、痛み止めを飲んでここに来たんです」

  「I need to skate. 滑り続けないと、逆に筋肉が痛む。これからも、エキシビションで滑り続けます。・・・でも競技はもう十分だけど」

 羽生君には、どうか無理をしてもらいたくないですね。ボルトを何本も入れて・・・という状況を、私は想像したくないです

 Continuesのトークショーでは、「ユヅ、いつまで続けるのか?」という話が、プルさんからだけでなく、他のスケーターからも投げられると予想します。羽生君の性格ですから、マスコミ向けとは違った、本音を語ってくれそうです。いまの怪我の状況も含めて、聞いてみたいような聞いてみたくないような・・・、この点については、ちょっと複雑な気持ちです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1_Blog縦

 そういえば、水曜日の羽生結弦展での行き帰りに、女子カーリング韓国代表の「メガネ先輩」と似た眼鏡をしている女性を、少なくとも5~6人は見かけた気がします。あの眼鏡自体は韓国のメーカーのもののようですが、「似た眼鏡」は日本のお馴染みのチェーン店でも簡単に作れるみたいですね。

 さて、今日は話題を二つ。一つめは、婦人画報で評判の中谷ひろみさんのウェブコラムの第二弾が、4月6日にアップされていました(第一弾については「こちら」)。

 内容としては、婦人画報(5月号)の204~205頁の海外フォトグラファーの証言を補完するものです。

 まったく同じテキストなのかな?と思ったんですが、本誌と照合してみると、表現が多少異なるというだけでなくエピソードが多少増えている証言もあるので、おそらく本誌収録の際に字数の関係でカットしたものを、こちらではそのまま収録したのかもしれません。

 例えば、フランスのジャン・カトゥフカメラマンの発言の中で、マルセイユのファイナルの話がありますが、これは本誌にはありませんでした。ぜひチェックしてみてください。

 次に、Continuesの方に。まず、グッズの通信販売が発表されました。素晴らしい決断ですね。羽生結弦展とは違って、このアイスショーは東京で3日間のみの開催ですし、ライブビューイングの方、テレ朝チャンネル2と契約された方も含めて、この決定は歓迎されているのではないでしょうか。

 ジョニーのツイジェフのインスタを見て、いよいよだなぁ・・・と感じつつ、特にジェフのジャンプ練習の動画をぜひ見ていただきたいです。

 スマホを氷の上(あるいはアリーナ席の床の上)に縦置きして撮っていると思いますが、このように見上げるアングルだと「スクリーンでかいな!」という感じなんですけど、これ、スタンド席からスクリーンを見ると、天井のスピーカーやシルバーの(鉄骨の?)部分がけっこうせり出していて、かなりの部分が隠れてしまうんですよね。この点については、私の全日本現地観戦記もご参照ください(「1」「2」「3」「4」)。

 「羽生君とのトークショー」の時間帯は、おそらくスクリーンに頼ることになると思うので、これがどう影響するのかは、ちょっと気になります。

 (1)新宿から京王線を使う際の注意点

 もう一つ、現地へのアクセスについて。おそらく多くの方は新宿駅から京王線を使って飛田給まで来られると思います。「京王線使い」としてアドバイスをするなら、まず、京王線の新宿駅は、「新宿駅西口のエリア」に位置しています。新宿駅のJR各線のホームから向かう場合、「京王線」という掲示を見れば来られるとは思いますが、「西口方面・東口方面」という掲示の方が目につくかもしれませんので、その際は、「西口」を目指してください。ちなみに、東口は歌舞伎町やアルタ方面、南口は高島屋方面で、京王線のホームからは離れてしまいます。

 また注意点として、「京王新線」の「新宿駅」というのも、京王線新宿駅とは別の場所(地下深く)にあるんですが、こちらを目指してはいけません。いちおう、飛田給方面まで行けなくはないですが、特急・準特急は無いので、乗ってから「この電車、遅いぞ!」と焦ることになります。

 また、新宿駅(→時刻表)から特急・準特急に乗る場合、「京王八王子行き」あるいは「高尾山口行き」に乗ってください。この他に「橋本行き」の特急・準特急もあるんですが、それだと、調布から多摩・神奈川方面に行ってしまいます。戻ってくるのはけっこう大変です。新宿から橋本行きに乗ったとしても、高等テクニック(?)として、調布で降りて、京王八王子・高尾山口方面に乗り換えれば済む話ではあるんですが、新しくなった調布駅はホームが2層構造になっていて、乗り換えで若干分かりにくさがあります。

 ちなみに、Continues開催期間は、「京王八王子・高尾山口」行きの特急・準特急が飛田給に臨時停車する旨が発表されていますが、終日臨時停車するわけではありません。例えば、グッズを買うために早く現地入りするとして、その時間帯は飛田給に止まらない可能性があります。その際は、調布で降りて、各駅停車に乗り換える必要があります。調布から飛田給までは2駅です。

 (2)現地会場へのアクセス

 どれぐらい混んでいるかにもよりますが、どんなにノロノロと歩いても、飛田給駅から会場の武蔵野の森総合スポーツプラザまで30分かかることは無いと思います。スタスタと歩ければ10分前後で到着できます。

 全日本を観戦した際に困ったのが、フード関係なんですよね。代々木で国別をやる時のような出店は無く、おそらく今回も会場内のカフェの一部商品を、テイクアウトで購入することになると思います。私は、全日本の2日目からは飛田給駅の北口を出てすぐの「セブンイレブン」でお茶や食事を買っていました。今回もここで調達する予定です。

 こんな所ですね。グッズの通販実施がアナウンスされたことで、転売屋が離脱してくれれば嬉しいですが、どうなることか・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0269

IMG_0270

FullSizeRender

 まず、この日は、並び始めからグッズの精算終了まで、現地からツイートしていましたので、こちらもご参照ください。

 おそらく、2日目以降、現地での案内等は改善されていると思いますが、初日の流れをざっとまとめておきます。

 (1)現地到着~8F展示エリア入場

 現地到着は9:00頃。すでにお店の外に列が出来ていたので最後尾につきます。展示の告知チラシが配られていたのですが、私の前で無くなっていました(※こちらのチラシは、8Fの展示エリア入場の際にもらえます)。9時の段階で300人の列という情報でした。

 ここで、列を管理しているスタッフの話とその後判明した情報をまとめると(※2日目以降は変更の可能性があります)、

 (A)開店前のこの列は、8F展示エリア入場客用の列で、1Fの物販狙いの客は10:30のオープンで入店するように。(B)1Fと8Fの物販エリアはグッズの品揃えが違う。(C)8Fの物販エリアは、展示を全て見た後に、一度出てから物販用の列の最後尾に並ぶ必要がある。

IMG_0253

 こちらの商品一覧の掲示は、8Fの物販エリアのものです。「ブックマーカーセット」は1Fにもあったかどうか自信が無いんですが、「コスチュームキューピー」と「キャンバスアート」は8Fのみでした。

 9:10頃には店内に入れてもらい、ロープで区切られたエリアに並ばされます。ここに並んでいる客が少しずつ8Fにエスカレーターと階段で移動。この移動中に1Fの物販エリアの様子も見ることができました。1F物販の様子はツイの方をどうぞ。

 (2)展示鑑賞と8F物販の列へ

 9:45頃に8Fに到着。予定よりやや早めの、10:15に展示エリアがオープン。展示の内容についてはネタバレになるので割愛します。ただ一点のみ。四連覇を成し遂げたGPFの金メダルが、福岡(2013)、バルセロナ(2014・2015)、マルセイユ(2016)と並んでいるんですが、福岡以降、メダルのクオリティがどんどん落ちてきて、マルセイユの評判最悪のゴーフレットメダルに苦笑。ここは笑う所ですね。

 さて、このメダルエリアと、篠山紀信さんの写真の辺りから、客の人だかりがカオス状態に。物販エリア用の列が展示エリア内にそのまま伸びていて、伊藤聡美さんの衣装のデッサン~ゴールまでの写真を、ほとんどまともに見られませんでした。すし詰め状態というか芋洗い状態というか、そこでずっと立ちっぱなし。通勤列車のように冷房が入っているわけでもないので、皆さん、チラシで仰ぎながら我慢して立っていました。

 これが駅の遅延だったら、中高年のおじさんたちが駅員に食ってかかって罵声と怒声が飛び交っている所ですが、ここに集ったゆづファンの皆さんはマナーと節度のある方々ばかりで、素晴らしかったです。

 展示エリアを出られたのは、11:50頃でした。展示自体は20分も見たかなぁ・・・という感じだったので、1時間以上、展示エリア内で立ち往生したことになります。しかし、そこから第二の地獄が待っていました。

 (3)8F物販のための並び~物販エリアへ

 8F物販でグッズを買いたい客のうち、展示エリア内で一緒にすし詰め状態だった人たちはそのほんの一部で、すでに「別の列」ができあがっていました。

 物販エリアからずーーーーーーーーっと階段まで列があり、さらに8Fの階段沿いにずーーーーーっと下の階にその列が伸びている、という状況。私がその列の最後尾についたのは6Fの階段だったと思います。ここから物販エリアに入るのに、あと何時間待たされるのか?と、絶望的な気持ちになりました。ただ、列の後ろの客に声かけ等をして、トイレや飲み物購入等のために離れても良いという感じでした。

 で、私の同行者に、トイレのついでに1Fの物販エリアを偵察に行かせます。すると、8Fの物販エリアとは少しシステムが違うようでした(※2日目以降、変更の可能性があるかも)。

 1Fの物販エリアでは、透明の袋を渡されて、グッズを見たり、欲しいものを袋に入れて確保することは比較的容易。しかし、この12時過ぎの時点で、レジで精算するための列が1Fから階段沿いにB1まで伸びているとのこと。係員によれば精算まで1時間以上はお待ちいただくという話でした。「今日は1Fで写真集だけ買うか」という考えが脆くも崩れ去り、上で頑張りましょうということに。

 ただ、階段での並び自体は、風通しも良く、身体を伸ばしたりしゃがんだり、そしてトイレのために離れることも可能なので、展示エリアでのすし詰めと比べたら、はるかに快適。そして、列の進行も早く、結果的に1時間程度で8Fの物販エリアに辿りつくことができました。

 (4)8Fでのグッズ購入

 13時頃に8F物販エリアに入れたと思います。おそらく20~30人ずつエリアに案内されていたのですが、この時点でグッズコーナーに「欠品」がいくつかありました。具体的にはキューピーとキーホルダー(黒パリ・ホプレガ)が見当たりませんでした。ただ在庫切れというわけではなく、スタッフがダンボールに入った在庫を補充しに来ていました。

 そのコーナーにお目当ての品が無いからといって、物販エリアを出てしまってはいけません。必ずスタッフに確認して、補充をお願いしましょう。一度物販エリアに入れば、「早く出てください」と急かされることもなく、粘ろうと思えばいつまででも粘れます。

 (5)精算~帰路へ

 透明の袋にグッズを入れて、物販エリアを出ると、精算用の列に並ばされるんですが、階段の列に比べれば、かわいいものです。レジが10箇所以上はあったので、流れはスムーズ。

 階段のあの列を見たお客さんは、「うそでしょ?」「どこまであるの?」と絶望の悲鳴を上げていたものですが、私も含めて精算用の列を見た方々は、皆さん、「ふーん?」と涼しい顔で列の最後尾についていました。

 ちなみに、精算時に、例の読売新聞の折り込み広告もいただきました。これは1Fでももらえるのでしょうか?それとも、展示を見た8Fの客のみでしょうか?嬉しい心遣いでした。

 精算を終えたのが13:30頃。そのまま階段を降りていくと、4Fまで列が出来ていました。やはり入場が遅いと、物販エリアに入るまでの時間もより長くなるのかもしれません。

 (6)まとめ

 初日とはいえ平日でコレです。グッズは1Fで買うとか、8Fでは展示だけを見るとか、ある程度の妥協案を選択をしたとしても、相当な時間、並ぶことを覚悟された方がいいかもしれません。少なくとも、Continuesのついでというのは、今日の感じではまず不可能といっていいでしょう。

 いちおうこの初日の私は、9時並びの13時半解放なので、拘束時間は4時間半でした。私はスニーカーだったんですけど、それでも足の裏が痛くて、背中と腰も張ってキツかったです。

 並ぶ前には、荷物はどこかに預けるなどして、最小限で。最難関は展示エリア内での立ち往生なので、あの状況が明日以降も改善されないなら、むしろ展示に入る前(というか、お店の外に並ぶ前)にトイレ等を済ませておく方がいいかもしれません。

 以上、こんな所です。スタッフの皆さんはよく頑張ってくださっています。そして、お客さんも、皆さん粘り強く我慢されていました。しっかり対策して、並ばれることをオススメします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ