On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

jason

alena

 やろうやろうと思っていて、できなかった企画をここで!

 羽生君のプログラムは別格すぎるので選考の対象外として、今季のマイ・フェイバリットを男子で一本、女子で一本選ぶとするなら、男子はジェイソンのSP、女子はコストルナヤのSPということになります。



 NHK杯の映像です。冒頭の3Aは、結局シーズン通して決まらなかったのですが、特にスピンで顕著ですが、身体の柔軟性を活かした彼にしかできないプログラム。

 ジャンプ自体は不安定。でも、降りた後の流れが、いわゆる「シームレス」な美しさ。スケーティング一つとっても、複雑でありつつも面白い軌道を描きながら、この難しいリズムを音感バッチリに踊っていく。この曲はさすがに日本男子には無理だろ・・・と言わざるをえません。



 コストルナヤの「アディオス・ノニーノ」は、スコア自体は年明けの試合の方が出ているんですが、私が初めて彼女の演技を見たのが、JGPポーランド大会だったので、やはりこの映像を。個人的に、2017年の最大の衝撃であり、「フィギュアスケートを見てきて良かったな・・・」と素直に思える、素晴らしいクオリティです。

 146cmとはとても思えない、堂々とした演技。ジャンプは2ndトウの方が高いぐらいで、そう考えると、彼女やトゥルソワを見ていると、「身長が低いとジャンプも低くなる(回転も足りなくなる)」論は正しくないというのが、よくわかりますね。

 

 

 フリーの方も、私の好みで、男女一本ずつ選んでみました。もちろん、いずれもミラノワールドの映像です。女子のフリーはやっぱり「スカイフォール」。シェイリーンのかっこよすぎる選曲と振付。それを完璧に表現した新葉ちゃん。それこそ羽生君の「SEIMEI」じゃないですが、北京のシーズンは、このプログラムの再登板があるんじゃないか?と、密かに期待しています。

 男子はかなり悩んだんですが、彼のキャラに合っているということと、今後の活躍も期待して、友野君のフリーを。スケートの楽しさをストレートに伝えることができる選手で、ハビに通じる日本のエンターテイナーと、勝手に認識しています。ということは、今後はコミカルなプログラムも、彼の持ち前の明るさで演じきってくれるような気がします。





 最後に、この二つは「次点」ではなく「番外」ということで。

 キーガンのこのフリーを見るたびに、私はオータムの公式練習を思い出します。今季のオータムといえば、羽生君の一戦目ということもあって、私は、夜中布団に入りながらスマホで公式練習をつけっぱにしていました。肝心のSEIMEIの曲かけを見たかどうか、今となってはその記憶も曖昧なんですが、しかし、その眠気で朦朧としている中、この「キーンコーンカーンコーン」で、バタッ!と目が覚めた記憶ははっきりありますね。そういう、どーでもいい理由で印象に残っています。

 もうひとつは、エテリ組の女子ジュニアの刺客、パネンコワのフリー。セリーヌ・ディオンの歌う「Ne  Me Quitte Pas」といえば、コストナーの今季SPでしたが、プログラムの「破壊力」という意味では、このフリーは凄かったです。ジャンプ全後半ってだけでなく、全てのジャンプに「手上げ」つき。この映像は、JGPポーランド大会で、実はフリーのスコアはコストルナヤを上回っていたのでした。

 来季のルール変更次第で、もうこんな構成は見られないかもしれませんが、間違いなく彼女は、世界トップのタノの名手です。彼女の場合は、2Aには片手上げ、トリプルには両手上げと全てのジャンプに隙間なくつけているので、彼女のおかげで、「片手上げ=タノ」「両手上げ=タケノコ」と、言葉も使い分けなきゃいけないはめに。

 最後口紅を手で拭う所で、たしか1点減点されたことがあったはずです。「ホラー映画」だとか何だとかひどい言われようでしたが、来季おそらく彼女はシニアに上がってくると思われます。どれだけやれるか楽しみです。

 明日は、ようやく我が家にも到着した、長久保豊カメラマンの「平昌フィギュア報道写真集」をご紹介します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0169

IMG_0170

IMG_0171



 2018年4月6日発売。税込価格「1,620円」。本誌のバックナンバーのレビューは「こちら」。

 ネット情報が出回る前に、本書を手にされた方は衝撃を受けたのではないでしょうか?全160頁の分厚さも去ることながら、その内訳と並びがまた凄い。

 1頁から147頁までノンストップのぶっ通しでゆづ写真が続きます。某所からのクレームなんて知ったこっちゃない!出したもん勝ちだ!と。羽生君の表紙で釣りながら、中身は「悪しき平等主義」から抜けられない、ヘタレ大手出版社に猛省を促すような、あまりに潔い誌面構成です。

 ただし、注意点があります。ここは正確に明記しておきます。

 本誌60~147頁は、「Memorial 平昌オリンピック特別号」の2~83頁と同じ写真がそのまま掲載されています。ページ数の内訳が6ページ合いませんが、詳細は以下の通り。

 「本誌」70頁→「特別号」表3(97頁)。「本誌」71頁→「特別号」奥付(96頁)。「本誌」104・105頁→新しい写真。「本誌」122頁→新しい写真と「特別号」目次(1頁)。「本誌」123頁→新しい写真。

FullSizeRender

 つまり、先行発売された「特別号」をすでにお持ちの方は、本誌の59頁までの内容とそれにプラス数ページに1,620円を払えるかということですね。ただ、かぶっているページについては、「特別号」の方がサイズは大判なので、「特別号」がまったく無駄になるということはありませんが・・・。

 じゃ、「特別号」をお持ちで無い方が、これから2冊揃えるべきか?と言うと、その必要はないですね。EX以前(メダルセレモニーまで)をカバーした雑誌は、すでにジュエルズのフォトブックが出てますし、本誌のみで十分です。

 注意喚起から始めましたが、本誌59頁までのEXの写真は素晴らしいです。平昌スワンの写真が目次(1頁)から23頁まで続きます。特に電光掲示の日の丸をバックにしたスワンのショットが美しいですね。24~33頁は、EX出演スケーターとの交流の様子が網羅的に収められています。他誌では、ホタレックさんに担がれるショット、ザギちゃん・テサモエとの金メダリスト勢揃い写真、ミーシャ・メドちゃんとの写真、どれか入っていても、どれかが欠けているという状態だったので、一通り揃っている本誌はとても便利ですね。

 つぎに、EX公式練習(34~49頁)は、サブリンクでショートトラックに興じる写真はもちろんですが、笑顔で転倒のショット、ホタレックさんやミーシャとの絡みも含めて、地上波のスポーツニュースで取り上げられていた光景をほぼ網羅。さらにその後のメインリンクでのEX練習の風景もしっかり入っています。

 閉会式&凱旋帰国(50~57頁)は、枚数的には多くはないですが、ツボを抑えたセレクションといえるでしょうか。だ、他の競技の選手もそばにいるので、閉会式の写真は羽生君よりもスノボの竹内智香選手の方が目立っているし、解団式のショットも葛西選手の方が大きく写っているので、過度の期待はしない方がいいかも・・・。ならば、記者クラブの写真を載せられなかったのか?という気がしないでもないですが、あの会見場にアフロやフォート・キシモトのカメラマンは入っていないのかもしれませんね。

 以上、ざっと見てみました。平昌スワン目当ての方、「特別編」をお持ちでない方には、なかなか良い本です。ただし今月は、羽生君の各種イベントグッズ入手のために、みなさま資金を集中投下されると思いますので、本誌については実物をチェックしてからでも十分かと思われます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

20180407225349da0

FullSizeRender

IMG_0164

IMG_0165

 3月のテストの成績とアビメが出ました。フォームは「3」でした。

 0+2+0+3=5, 100-5=95(L:485)

 リスニングは、パート4のラスト3~4ユニットでグダった割にそれほど失点していないようなので、かなり運が良かったと言うべきですね。

 リーディングは、パート6とパート7のSPに苦労した記憶がありますが、WP/TPが比較的ラクだったので、1月と同じ460というスコアに落ち着いたという所でしょう。

 全体として、試験直後の体感に基づく予想よりも20点近く高く出ていました。このように、たとえリスニングで「今日はダメだな・・・」と感じても、その気持ちをリーディングに引きずらないのが大事です。逆に、「今日のリスニングはバッチリ!」と思って、「この流れに乗るぞ!」と、リーディングでハイスコアを意識しすぎて解答作業をいつも以上に慎重にやりすぎると、時間配分でミスって最後「塗り絵」というパターンも、私は経験したことがあります。

 リスニングはリスニング。リーディングはリーディング。フィギュアスケートにおける、ショートプログラムとフリースケーティングのように、それぞれ平常心でマイペースで取り組むことによって、結果がついてくると思っています。

 しっかり寝て、明日の試験に備えることにします。

 受験される方、頑張りましょうね!

 Jun
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ