On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 キスクラのレビューの続きです。バックナンバーは「こちら」で。

 (3)「羽生結弦プロデュースアイスショー」(CWW、44~53頁)

 写真の内訳は、黒パリ(1ページ)、ツィゴイネ(3ページ)、黒Tシャツ(2ページ)、白Tシャツ&フィナーレ衣装(2ページ)。主役は完全にツィゴイネですね。

 CWWの愛蔵版ブックと見比べていますが、愛蔵版の方は「羽生結弦写真集」という作りではないので、こちらはこちらで買っておいても良いと思います。もしかすると、ジュエルズのフォトブック(17-18年版)が夏頃に出れば、CWWの写真が入っているかもしれませんね。

 テキストは、ショーのレポート、質問コーナーやトークショーの抜粋、ジョニーとのトーク、そして、佐野稔先生のスペシャルインタビューが収録されています。稔先生のインタから、興味深かった発言を引っ張ってみます。

  「“羽生結弦という存在”は唯一無二だと思っています。これから先、もう出てこないと思っています。それは、伊藤みどりもそうでしたね。僕は伊藤みどりが現役だった時に、“100年に1人の選手”という表現を何度もしましたが、やはりまだ彼女の代わりは出ていないですよね。そして羽生選手も“日本で”ではなく、“世界で”100年に1人の選手なんです。それだけ彼はすごい存在なんです

 もし、羽生君が仙台にずっと留まっていたら、五輪連覇を成し遂げるほどの選手になっていたでしょうか?

 もちろん、とびきりの逸材であると同時に、世界最強のチームに、最高のタイミングで移籍できた運と縁、そして本人の決断力というのも大きいと思います。そこが、みどりさんとは違います。ジュエルズの城田さんの連載(Vol.04)をお読みの方は、「わたしは田舎者でけっこうです。名古屋を離れたくない」と、みどりさんが東京にすら行きたがらなかったエピソードをご存じかもしれません。

 でも、私は、「だから、みどりさんはダメなんだ」と言いたいのではなく、彼女の場合、それが1980年代の話で、チャンスに恵まれなかった部分はあるかもしれません。一方、羽生君の場合、城田さんはすでに荒川さんや本田さんを海外に送り込んだ実績があり、この両先輩の苦労を把握していたからこそ、羽生君をお母さんと二人で行かせて、結果的にうまくいきました。

 もうひとつは、CWWの裏話です。

  「僕が出演の打診をもらったのはかなり前ですが、正式に決まったのは平昌冬季オリンピックが終わってしばらく経ってからだと記憶しています。その時は、滑ることはできないけれど、挨拶するくらいならいいかなと思っていました。・・・しかし、打ち合わせを進めていくうちに・・・僕も『1分くらいなら滑れるかな』とだんだん気持ちが盛り上がってしまったんです(笑)。やはり羽生選手から『ちょっとでもいいから滑ってほしい』って頼まれるとね。断れないですね(笑)

 そうだよなぁ・・・平昌五輪前から準備していなければ、とてもじゃないけど間に合わないよなぁ・・・と納得しました。ただ、連覇できていなかったら、いや、そもそも五輪に間に合っていなかったら、このショーはどうなってたのか?・・・まぁ、今になってマイナスなことをあれこれ考えても生産的ではないし、これで良かったということで。

 他にも、おそらく皆さんも知らない「アッと驚く秘話」も語られていますので、ぜひ目を通されることをオススメします。
 
 (4)「プレーバック 17-18シーズン」(平昌五輪、54~81頁)

 写真の内訳は、SEIMEI(8ページ)、バラ1(2ページ)、黒の練習ウェア(5ページ)、スワン(6ページ)、EX公式練習(4ページ)、メダリスト記者会見(1ページ)、閉会式・メダルセレモニー・帰国後の催し各種(2ページ)という感じです。

 テキストは、松原孝臣さん執筆の「アクセルジャンプ」に注目したもの、スワンのレポート、メダリスト記者会見における羽生君の発言の抜粋、そして、注目は、田中宣明カメラマンのインタビューです。こちらは、平昌五輪での撮影の苦労話が中心で、撮影場所の抽選やオリンピックだからこそ注意した点など、なかなか聞けないお話が詰まっています。

 そんな中、冒頭の発言が印象的でした。

  「僕が『ゆづは金メダルを獲るかもな』と思ったのは、公式練習初日です。彼を見たのは約4カ月ぶりで、(初日は)ジャンプ練習をほとんどしていませんでした。でも、その時の表情が本当に穏やかで、落ち着いていて…。もっと焦っている感じを想像していましたが、そんなことは全くなかったですね。今まで、試合では見たことのない表情でした

 大会期間中の羽生君をテレビで見ている限り、さすがに表情だけではそんな確信は持てなかったですね。バラ1で4Sをバッチリ決めてくれるまでは、むしろ「過度な期待をしてはいけない・・・」と抑制的な気持ちであの数日を過ごしていました。

 以上、2回に分けてキスクラの羽生君関連の記事を見てきました。写真はFaOIとパレード、そしてCWWのツィゴイネが要チェックで、テキストは稔先生と田中さんのインタが注目です。グッズ購入やアイスショーで、色々とやりくりにご苦労されていると思いますが、ぜひ書店でチェックしてみてください。

 明日は残りの記事と、余裕があればCWWの愛蔵版ブックについても触れたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 2018年6月8日発売。税込み価格「1,728円」(102ページ)。バックナンバーについては「こちら」で。

 羽生君関連の記事だけでも計74ページの大ボリュームなので、今日は前半の2つの企画を見ておきます。

 表紙・裏表紙は画像の通り。表2(表紙裏)はWings of Wordsの衣装。両面ポスターは、Wings of Wordsと仙台パレードです。

 (1)「ファンタジー・オン・アイス2018 最速美麗グラビア!」(08~27頁)

 「最速」の名の通り、雑誌としては、FaOI2018の写真は初登場です。「速い」だけではなく、(細かいクレジットは無いですが)おそらく田中宣明さん撮影の写真で構成されているはずですが、素晴らしいショットばかりです。

 写真の内訳は、オープニング(10ページ)、Wings of Words(6ページ)、フィナーレ(4ページ)となっています。この内訳を見ると、フィナーレがやや足りない印象で、しかも羽生君単体の写真は2ページ(4枚)のみに留まっています。

 ただ、このフィナーレは羽生君の登場自体が一番最後ですし、すでにリンクに出演スケーターが揃っている状況なので、なかなか単体のショットを大量に撮るというのは難しいかもしれません。それでも、いい写真は入っていますね。

 松原孝臣さんのテキストも収められています。FaOIでの囲み取材での羽生君の発言を引用しつつ、18-19シーズンについて簡単に展望しています。松原さんは、新ルールにおけるGOEの拡大やジャンプに対する諸々の制限は、「羽生にとって追い風になると考えても差し支えないだろう」と分析。

 そして、「羽生のやることに変わりはないだろう。一つひとつ、丁寧に取り組みながら、より質の高さを追い求め、そしてプログラムを一つの作品としてより高いレベルで披露できるようにする。・・・ルールがどうあろうと、自身の高い理想を追い求めていく、新たなシーズンも、きっとそんな日々となるだろう」と結んでいます。まったく同感ですね。

 (2)「羽生結弦選手『2連覇おめでとう』パレード」(28~43頁)

 仙台パレードが14ページ、残りの2ページで、羽生結弦展、春の園遊会、総理大臣感謝状授与式が紹介されています。

 仙台パレードの写真もクオリティが高いです。田中カメラマンはパレードカーには同乗できなかったはずですが、至近距離のショットも多く、パレード写真では質・量ともに本書が現段階でベストかもしれません。

 テキストは、仙台パレードでの記者会見の他に、仙台の関係者からの「ありがとう」のメッセージや、羽生結弦展の関係者からのコメントも掲載されています。2つだけご紹介します。

 まずは、河北新報社の佐藤夏樹記者のメッセージから。

  「平昌冬季オリンピックで特に記憶に残っている言葉は『スケートに人生を懸け、いろいろなものを捨てた』。そこまで言わせる人生とはどんなものだったのか。考えさせられました。捨ててきたものの中で取り戻せるものがあるのなら、これから取り戻してほしい、とも思いました

 五輪直後と比べて、羽生君の発言も変わってきていますよね。リハビリも順調で、すでに新シーズンに向けて彼も燃えていますから、まだまだ「取り戻す」なんて気持ちは、どこかにしまってあるんじゃないでしょうか。

 つぎに、日本橋高島屋の宣伝部担当者のコメントを。
 
  「主催の読売新聞社と一緒に、1年以上前から準備を進めてまいりました。・・・日本橋高島屋だけでも、10万人以上のお客様に来場していただきましたが、感動のあまり涙を流しながら、感謝の言葉を口にされていたお客様の姿が目に焼き付いております

 日本橋の初日を経験している身としては、あまりの過酷さに泣きたくなりましたが(笑)、その後、展示は各地をツアーしていますけど、トラブル等を伝え聞いていないので、様々な面で改善されているのでしょう。

 日本橋では、特に後半の展示は落ち着いて見られなかったので、横浜に戻ってきた際はまたしっかり楽しめたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0692

 FaOI金沢(3日目)の感想記事の最終回です。前の記事はこちら(その1その2)。現地会場の様子については「こちら」。幕張(2日目)のテレビ放送の感想はこちら(その1その2)。幕張初日のセットリストは「こちら」で。

 (24)ハビ「ラ・マンチャの男」

 4Tをバッチリ決めてくれました。彼もジャンプの調子がどんどん上がってきています。この曲を聴いて、そしてハビの演技を見ると、平昌五輪の感動を思い出しますよね。

 それプラス、私は上から見ていて、ブライアンがリンクの脇で見ているような、そんな錯覚をしました。もちろん、4Tを決めた瞬間は、ガッツポーズでジャンプしていると。

 そうなると、今後、羽生君のバラ1かSEIMEIをショーバージョンで見る機会があれば、ブライアン&ブリアンの幻影を無意識に探してしまうかもしれません。


 (25)メドちゃん「Memory」

 BS朝日(幕張2日目)の放送ではカットされていたので、実は、密かに期待していたんですが、やはり「Experience」よりもこちらのコラボプロの方が断然よかったです。「Experience」を聴いていると、言っちゃアレですが、エテリ組の面々が透けて見えてくるわけです。

 彼女の「新たな一歩」を見るという意味では、やはりこのコラボプロは要注目です。そして、ツイでも書いたように、May J.さんの歌声にメドちゃんが身体を委ねるようなシンプルな振付で、つまり「急造プロ」なんですが、だからこそ彼女の基礎技術の高さがはっきり分かるんですよね。

 しかし、ウィルソンが彼女の振付を担当したら、どんなものが出来上がるのか、ワクワクしてきます。例えば、昨年彼が三原舞依ちゃんに「ガブリエルのオーボエ」を振り付けて、彼女の魅力を存分に引き出してくれました。いま、トロントに坂本花織ちゃんと中野コーチがいて、ウィルソンとプログラムを作っています。こちらも気になる所ですが、メドちゃんも長野のショーが終わったら、トロントでウィルソンと新プロに取り掛かるのでしょう。

 気品ただよう、ポジティブで開放感のある選曲と振付というのが、ウィルソンのプログラムの特徴だと思っています。良く言えば、伝統的で王道。悪く言えば、ちょっと古い。羽生君は、彼自身が選曲に意欲的でしたから、より先進的な感覚を持ったシェイリーンと仕事をすることになりました。メドちゃんも将来的にシェイリーンやジェフと組むことは大いにありそうですけど、まぁ、これまでが暗い曲ばっかりだったわけで、まずはウィルソンが「王道プロ」で彼女を輝かせてほしいものです。

 そうそう。このコラボプロでは衣装が変わってますよね。肌色系というかあずきバー系というか、なかなかこの色は日本人で着こなすのは難しいかもしれません。演技後に、メドちゃんは、May J.さんと宮本さんとのハグだけでなく、ピアノの武部監督やギターの福原さんにも近寄っていって、握手とおじぎを求めていました。気づかいの人ですね。


 (26)ミーシャ「You Go Your Way」

 こちらもBS朝日ではカットされたCHEMISTRYとのコラボプログラム。まず、ミーシャのファンから怒られるかもしれないけど、上から見ていて、楽曲と彼の振付のハマり方にニヤニヤしちゃっていました。

 歌詞をネットで検索するまでもなく、一度でも聴けば誰でもその意味が分かる、別れの曲ですよね。CHEMISTRYの歌声や曲調は爽やかだけど、歌詞自体は「切り替えられない男」の女々しさに満ちている。

 ミーシャは、この曲の「爽やかさ」をキレのあるジャンプとスケーティングで表現しつつ、そこに「粘着系の振付」(最大級の褒め言葉)で、前を向きたくても向けない男の心情も見せてくれる。かなりハイレベルなことをやっていて、凄すぎて笑うしかない・・・というのが、現地で見ていての正直な感想でした。

 (27)チェスナ夫妻「FANATICO」

 こちらもBS朝日ではカットされていました。お馴染みのエアリアルの夫妻ですが、会場から悲鳴が上がる瞬間というのは、もちろん命綱を装着しているんですけど、奥さんのエカテリーナが空中から落下する瞬間ですよね。

 もうひとつは、首にロープを装着して、空中で何回転もするパフォーマンス。ご主人の支えがあっての動きですけど、よくよくテレビで見てみると、奥さんの方にヤバい動きが集中していますよね。エカテリーナはけっこうガッシリしているので、じゃなければ、あのヤバい動きには耐えられないということなのでしょう。

 (28)ランビ先生「Slave To The Music」

 このプログラムについては、金沢に来る前に、すでにそのかっこよさをブログで語り尽くしてしまった感もあるんですが、現地で見てみると、また色々と発見がありました。

main_seat

 スタートの入り方とは別に、もう一つの発見は、テレビでは分かりにくいですが、中盤のスピンが、ステージ向かって左の隅っこの所で行われていたんですよね。私の位置はショートサイドの右隅なので、つまり、ちょうど対角線上の一番遠い場所なので、「なぜあんなところで?」と強く印象に残ったわけです。最後のスピンはリンク中央で存分に披露していたので、スタートの件も含めて、細部に渡って工夫しているんだなぁと。

 こういうマニアックな部分の拘りに気づくと、そりゃ、羽生君がもともとCWWのために声を掛けていたのも納得です。いやぁ、CWWでも見たかったですね。

 (29)コストナー「Back To Black」

 こちらはBS朝日未放送のプログラム。このプログラムのブルーの衣装は、太ももを大胆に見せたデザインですが、上から見ていても印象的だったんですけど、コストナーはけっこう下半身の筋肉がしっかりついているんですよね。

 身長の高さやスタイルの良さが注目されがちですが、この感じだと、しっかり食べて、フィジカル系のトレーニングも相当積んでいるように見えます。テレ朝チャンネルの放送の中で、現役続行の話が触れられていましたが、彼女のように長く競技を続ける上で、頑丈な身体作りというのは、一つの有力な答えかもしれませんね。

 曲自体は、本田真凜ちゃんがエキシビ用に演じそうなコケティッシュな雰囲気ですが、それを彼女のようなベテランが演じきってしまう所に、芸風広いなぁ・・・と感心しました。

 (30)プルさん「ニジンスキーに捧ぐ」

 ニジンスキーは、CWWの現地観戦やテレビ放送も含めると、けっこうな数を見てきていますが、シリアスな演技のプルさんと、演技後のおちゃめ&ドヤるプルさんとのギャップが楽しいですよね。

 ショートサイドのカメラ前まで来てくれての投げキッスや、両ロングサイドへの「聞こえないよ?」のしぐさなど、テレビで見直してみても、会場での興奮が蘇ります。

 世界的実績の、誰もが認めるフィギュアスケート界の「皇帝」ですけど、ファンを楽しませることをぜったいに忘れない。プロの中のプロ。羽生君はこのツアーで、プロスケーターとしてのプルさんの背中を見て、今まで以上にたくさんのものを吸収しているんだろうなと思います。

 (31)テサモエ「I Dream a Dream」

 BS朝日では未収録のコラボプロ。実を言うと、こちらはテレ朝チャンネルの放送を見て、「新たな発見」がありました。それは、テッサとスコットの表情が柔らかくて、リラックスしていることなんですよね。

 競技プロだと、この二人は、スタートポジションに着く前から、完全に「キャラクターに入り込んで」いて、凄みというか怖さというか、それでいていつもパーフェクトな演技ですから、「完璧主義者」とか「氷上の鬼」とか、どうも私の中ではそういうイメージが定着していたのです。

 以前も書きましたが、「ムーラン・ルージュ」はスポーツというより総合芸術といっていい完成度で、見ている側からすると、「どこか遠い世界の出来事」のような距離感がある。だからこそ、May J.さんと宮本さんとのコラボは、観客と近い演技だなぁと、この対照的な二つのプロを見られるのは貴重ですね。

 後半戦はコラボがどうなるのでしょうね。「ムーラン」も変えてくるのでしょうか?放送が楽しみです。

 (32)ゆづ「Wings of Words」

 出演スケーターの皆さんが、ショートサイドまでカバーしてくれるわけではないので、「でも、しょうがないか・・・」と自分自身を納得させようとしていたら、この「Wings of Words」のジャンプは二本とも目の前だったので、感激しました。

 着氷こそ乱れた3Aも、生で見ていて、私は思わず、

  「たっかぁ!」

 と、声が出ちゃいました。よく、「(羽生選手のジャンプは)高さ、幅ともにありますね」とテレビの解説者は言いますけど、私のいた2階席から見ても、他のスケーターのジャンプとは比較にならない高さなので、1階で見たらもっと迫力があると思いますね。

 テレ朝チャンネルでは「ひとりじゃないと」の所で、しっかり表情を抜いていましたね。BS朝日は真横から、他の地上波の情報番組では背中からでしたから、みなさんも大満足だったんじゃないでしょうか。

 (33)フィナーレ「Let It Go~星に願いを」

 ジャンプ合戦では、羽生君は、織田君とのside by side(SBS)で3A、それから4Tも決めて、いい感じで金沢を締めくくれて何よりでした。

 現地では分からなかったですが、テレ朝チャンネルの方を見てみると、顔が紅潮しているというか、いつも以上に疲れている感じで、「もしかして、熱でも出してた?」と心配になりました。

 ただ、インタビューではスッキリした表情でしたし、それより何より、新シーズンはバチバチにやる気になってる感じで、「五輪前よりもレベルアップしたい!」と力強く断言していました。リハビリは順調に進んでいるようです。

 以上で、金沢最終日の振り返りはおしまいです。かなりの大作になり、読者の皆さまも読むだけで疲弊されたのではないでしょうか。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 明日からは、雑誌レビューや新ルールの分析等、日常生活に戻りたいと思います。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ