On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

yuzu

 先日、織田君の本をレビューした際に、バンクーバーでの真央ちゃんとヨナの闘いを振り返る意味で、自分の記事を読み直していました。

 すると、やっぱり、五輪本番でのブライアンの「振る舞い」や「かける言葉」が素晴らしいなと改めて感じました。

 平昌五輪が開幕すると、これからテレビで、いろんな専門家・識者が、「五輪は特別!」とまくしたてることでしょう。でも、誰よりも信用できて、誰よりも頼りになるのは、ブライアンにほかならないと思います。

  「私(ブライアン)とデイヴィッド(・ウィルソン)は、不安や緊張をヨナに見せないように気をつけていました。コーチとしては、自信にあふれ、いつも通りである必要があります。おかしなもので、コーチのほうこそオリンピックというストレスが高い状況に置かれて、突然、普通でなくなるケースがあるのです。いつもと違うふるまいをしたり、アドバイスしすぎたり、妙にそわそわしたりするコーチもいます」

  「しかし私は、いつも通りにふるまいました。必要以上に落ち着くのではなく、いつも通りに落ち着くようにするのです。いつもと同じような立ち話をして、笑ったりしました。そのために、私は自分のボディランゲージに気を配っていました。ちょっとした隙に見せる手や表情の動きこそ、いつも通りであるべきです。そうすればヨナも、すべていつも通りだと感じます」

  「・・・選手廊下で一緒に出番を待っていると、彼女は突然立ち上がってカーテンをくぐり抜け、会場へと出ていくのです。私が『時間だ行こう』などと言うのではありません。ヨナは自分で責任を持って、出発するのです。私は彼女の目をじっと見ているだけでよかったのです。ですから、普段、競技前に私がかける言葉も、それほど多くありませんでした。オリンピックでも同じです。私は『何をなすべきかわかっているね』と言い、ヨナは『準備はできてるわ』と答えました。ハイタッチしたり、『GO! GO!』などと叫んで励ましたりはしません」



  「ヨナにとっては、そういった派手なことは少ないほうがいいのです。ただ落ち着いていればいいとわかっていたので、オリンピックだからといって特別なことを口にすることはありませんでした。もちろん、私たちはこれが世界最大のイベントであるとわかっていました。だからといって、選手には非常事態だと思ってほしくないのです。『日常』か『非日常』かでいえば、『日常』です。そのために私たちは毎日トレーニングをしてきたのであって、その準備を3年半もかけて整えているので、予想外のことが起きる隙もないです」(『チーム・ブライアン』125~128頁)

 ブライアンとの対談でも、羽生君は、ソチ五輪での演技直前の様子を語っていました。

  「試合までの日々で一番印象に残っているのは、ブライアンがリラックスしていたことです。本当はオリンピックになると絶対に僕も緊張するだろうし、ブライアンも緊張するのだろうと思っていたんです。でもブライアンは変わらなかった。だからこそ、ブライアンを信用しきって演技に出ていくことができたと思います。ブライアンが緊張したり、気合がいつもと違っていたりしたら、それは僕に伝わってしまいますから、会場で感じたのは『ああ、いつも通りだな』っていうこと。ブライアンには、すでに自分の生徒に金メダルを一度取らせているという安定感もあったし、とにかく心強かったです。自分の名前をコールされたら、いつも通りに握手して、しゃがんで手をダンダンってやって、出ていくだけ(笑)」(『チーム・ブライアン』28~29頁)



 羽生君がこうやって五輪に向き合うのだから、我々もそれに倣って、「いつもの試合と同じだ」と思って、いつもと同じように応援をした方が、「良い念」を送れるかもしれませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9842

IMG_9844

IMG_9845



 2018年2月1日発売。いったい、どこの金持ちセレブの奥様方が買っているのか?という、ハイセンスな雑誌です。

 巻頭はパリ特集。後ろの方になると、日本国内の美食レストラン・ホテルも登場します。かつて私は、名古屋にも住んでいたので、伊勢志摩のホテルの記事を見ていると、「朝食3600円~、ディナー1万8500円~」に、ズコッっという感じ。

 他にも、銀座の寿司屋の「糖質制限ランチコース、1万6000円」とか、糖質制限するなら寿司は最悪でしょ!と、こんなメニューが商売として成り立っていることが不思議でしょうがないですね。

IMG_9851

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_9854

IMG_9850

IMG_9849

FullSizeRender

FullSizeRender

 近所の書店で予約購入したので、色々とお土産もいただきました。今回、「特装限定版」「通常サイズ版」「プレミアムライト版」と3種類出ていて、アマゾンの在庫を見ると、「特装版」のみ入手が難しい状態のようです。雑誌の中身は3種類とも同じです。

 ただ、CDなんてあっても無くてもいいし、写真のレア度ということだと「眼鏡男子」だと思うので、特装版が無理そうなら、通常版よりはプレミアム版かな?という気がします。

 さて、インタの方を。昨年の夏、都内でご両親も同席しての取材だったようです。どれぐらいの内容をここに書くべきか悩ましいですが、私の独断で、2つのQ&Aをピックアップしてみました。

  ―― ソチ五輪に続き平昌五輪での二連覇を目的にされていますが、成し遂げたとして、それを越えるモチベーションは見つかりそうですか?

  「4A(4回転アクセル)です!というか、スケートが好きなんです、僕。奥深くて。例えば、プルシェンコ。彼はソチ五輪の団体戦に出て金メダルを取ったので、実質31歳くらいまで現役でしたけど、2002年に20歳で出場したソルトレイクシティ五輪での演技を見て、僕はよりスケートが好きになり、自分も五輪に出たい!と思うようになりました」

  「そのときと、金メダルに輝いたトリノ五輪(2006年)での圧倒的な強さ、そして20代後半で迎えたバンクーバー五輪(2010年)での演技はどれも違う印象で、それぞれの魅力がある。それって、フィギュアスケート独特だなと思うんです。結果を出すことだけがすべてじゃない、それはすごく感じましたね。だから、自分自身でもフィギュアスケートへのモチベーションは常にあり続けると思います

  「あと、ジャンプに関していうと、自分の頭のなかでは技術的なものは23~24歳くらいがピークなのかと思っていたのですが、信成くん、すごいんですよ!4回転ルッツを跳び始めていて(笑)

 →→ロステレの囲み取材で「4A挑戦」の話が出てきたわけですが、時系列的には、こちらの方が先ですね。しかし、プルさんの五輪遍歴を改めて見ると、「トリノで金を獲って引退」とならなかったのは、興味深いですよね。

 年齢的・モチベーション的に「やれる!」とプルさん自身が判断したからでしょうが、羽生くんがわざわざここでプルさんの話を持ち出していることが、「4A以外にもモチベはある」と答えているも同然だと思います。

 ―― 先の話ではありますが、プロスケーター、振付師、コーチだったらどれにいちばん関心がありますか?

  「全部です!全部をうまく共存できるようにしたいです。僕にしかできない、そこへ向かう道が絶対あるはずだと思うので、フィギュアスケートにおける僕の使命をしっかり見出したいと思います」

 ちなみに、このインタとは別に、「使命」についてこう語っています。

  「五輪を二連覇するという目的があるからこそ、今の日常がある。五輪での金メダルなど、日本男子シングル界では僕が初めて経験したことがいくつもあります。怪我や震災などの出来事を伝える役割も含めて、“羽生結弦”だからこそできる新しい仕事をフィギュアスケートでゆくゆくは考えていきたいと思っています

 →→「プロスケーター、振付師、コーチ」という3つの選択肢が、比較的マジメなものだったので、「全部」と答えてくれたような気もします。かりに、解説者やリポーター(つまり芸能人)というものまで含まれていたら、ここまで歯切れよく即答したかは微妙かなと。

 「新しい仕事」というのは、都築先生にチラっと話していた内容でしょうね。

 ここからは私の想像ですが、例えば、東北にリンクを作って、スケートクラブを作る、みたいな、競技者を支援するための仕事か。あるいは、羽生君プロデュースのアイスショーを創設して、単に全国を回るだけでなく、ネットで生中継をするとか、ファン層を拡大させる一手を打つとか・・・。

 私は、将棋の中継も、ニコ生・Abemaのどちらもプレミアム会員になってガッツリ見ているんですけど、これまで将棋なんて中高年のおじいちゃんしかファンがいなかったのが、ネット環境の充実とスーパースターの登場で「息を吹き返した」分野です。

 フィギュアスケートも、某事務所のゴリ押しによる「作られたスター」ではなく、有望な選手を気軽に知ってもらえるような、ファン層の拡大につながる「何か」を、羽生君が考えてくれていたらいいなと、そんな想像が膨らみました。

 さて、平昌五輪は個人戦に絞って、今月中旬に現地入りという話が出てきました。この3ヵ月間のすべてを、SP・フリーの2本にぶつけてくれると思います。期待しましょう。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9840

IMG_9841



 2018年2月1日発売。Numberのバックナンバーのレビューは「こちら」で。

 まず、本号のテーマの「最強のふたり」の巻頭を飾る羽生君と宇野選手の記事ですが、残念ながら特筆事項はゼロでした。

 同様に、本田さん、佳菜ちゃん、ミッツさんの座談会も、特にハッとさせられる発言もなく、やや期待外れです。ところが、一点だけ興味深い指摘がありました。

  本田「ただ、(宇野選手は)両足で滑っている時間が長いのが少し気になります。激しく踊っているからあまり目立たないのですが、見慣れてくると逆にそこが目立ってしまう」

  村上「それは昌磨の癖ですね。疲れてくると両足になってしまうんだと思います」

 先日のフジの四大陸の解説で、大きく株を下げた武史さんですが、やっぱりテレビ向けに話す内容を取捨選択している部分もありそうです。ただ、佳菜ちゃんもよくこの指摘に同調したなと、ちょっと驚きました。

 一方、ロシア女子の特集記事は素晴らしいです。私の知らなかった情報も随所にありました。さすがにゆづファンの皆さんに「このためだけでも買いなさい!」とは言えませんが、コンビニや書店で見かけたら、ぜひこの部分は立ち読みしていただきたいです。

 ざっくり言うと、エテリコーチが率いる「サンボ70 フルスタリヌィ」というチームの成り立ち、トレーニングの概要、エテリの指導方針に加えて、選手について言えば、リプちゃん、メドちゃん、ザギちゃん、それぞれ興味深いエピソードも明かされています。WFSにもまったく負けていない、クオリティの高い仕上がりです。

 でも、せっかく取材によって得られた「素材」が素晴らしいのに、「チームは工場。生徒は原料。選手は製品。エテリが品質管理。ドゥダコフが技術開発。グレイヘンガウスがデザイン」という「まとめ」には、不快感を感じます。彼女たちの今季の演技を見たら、みんな個性豊かであることはすぐ分かるわけで、このライターはまともに試合見てるの?と。

 こういう「思い付きのたとえ話」って、だいたい不発に終わることが多いんですよね。なにより、私自身がブログで何度もそういう過ちを犯しているので(汗)。

 もう一つ、舞依ちゃん&花織ちゃんのインタも素晴らしい。全日本後、おそらく年明けに行われたものです。全日本最終日の夜10時、女子の上位6人が会場の一室に集められて・・・。「恒例行事」なんで知ってはいたことですが、つい先日のこの一件を、花織ちゃんが自分の言葉で語ると、やっぱり生々しいです。

 もちろん、もっとほのぼのとした話もあり、二人の出会いから、どのように励ましあって頑張ってきたかも語られています。これぞ、誰もが聞いてほっとする「アスリートの友情話」ですよ。

 他の競技の記事は読んでいません。今回取り上げられている選手がメダルを獲ったら、私も読むかもしれない・・・。そういう意味では、便利な一冊かもしれませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ