d32550158141662b6e91d7b81e64917f-600x344

 引き続き、刑事君&龍樹君のアジアンオープンの振り返りです。今日はフリーを。

 リザルト関係は「こちら」で。



keijifs

 刑事君のフリーは、昨年に続いての「フェリーニメドレー」です。そういえば、94年生まれの同期組は、後述する龍樹君、そして羽生君も、このオリンピックシーズンは慣れ親しんだフリープログラムで戦うことになりましたね。こちらのフリーの映像は、SPと比べて映像はかなり良いのに、音が割れている点はやや残念です。

 冒頭の4Sでパンク。続く4Tは認定されたものの、ステップアウト&お手つき。で、後半入っての4Tも同じような感じでステップアウトになっていて、REPがついています。おそらく前半か後半のどちらかの4Tで、コンビネーションジャンプを予定しているはずですが、4T自体は回れているので、シーズン初戦としてはまずまずじゃないでしょうか。

 後半はすごく良かった印象です。トリプル各種は問題なくビシバシ入っていたし、何より、動きが大きくて、これが「滑り慣れている」ということなのでしょう。SPのゲイリームーアと比べて、フリー後半でスタミナがキツいはずなのに、はっきりと動きがダイナミックです。これは、クワドを降りられると、高得点が期待できると思います。



ryujufs

 さて、龍樹君の「キダム」です。冒頭の4Tの転倒は仕方ないとして、後半の3Aの転倒は意外でした。SPそしてこのフリー前半の3Aと、安定した着氷が続いていたので、もったいないですねぇ。

 刑事君とかなりPCSの差がついているのは、どこに原因があるんでしょうか?まさかトライしたクワドの本数は関係ないよなぁ・・・と。

 たしかに、刑事君と比べると、全体的に動きのスケールが小さく映るのかな・・・という気がしないでもないです。ただ、私自身は、着実に堅実にキレイな姿勢でエレメンツを決めていく、龍樹君の所作は好きなので、ちょっとこれは低すぎない?と。おそらく、スケーティングやつなぎ等で、専門的見地から「まだまだ」という部分があったのかもしれません。

 しかし、初戦ですよ。おそらく現役の日本男子スケーターからすると、羽生君というのは、メッシやボルトのようなあまりに遠い存在。そんな羽生君と同世代の二人が、しっかり踏ん張って世界と戦う姿を見せることで、後輩たちも勇気づけられるはずです。

 いやぁ、頑張ってほしいです。期待しています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ