On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

2016年11月

2016-11-29-15-55-16

2016-11-29-15-55-55

2016-11-29-15-55-25



 2016年11月17日発売。この「フィギュアスケートMemorial」は特殊な雑誌なんですよね。いわゆる「写真重視」の雑誌は、「フィギュアスケートファン通信」を筆頭に、「フィギュアスケート日本男子応援ブック」、「FIGURE SKATERS」などが、私もパッと頭に浮かびます。

 このMemorialといえば、「2016年世界選手権号」をかつてレビューしたことあります。今回もこんな感じです。

 ただ、表紙写真こそアフロのものですが、裏表紙そして中身の写真はすべて、カナダ在住の内ケ崎誠之助さんというカメラマンの方が撮影したものです。一人のカメラマンの写真を一度にここまで大量に見るというのは、なかなか珍しいですよね。ネットでチラ見した情報ですが、釧路出身でアイスホッケーの写真を多く撮影されている方のようです。

 サイズがB5と小ぶりなのがもったいないんですが、その点が気にならないのであれば、「通信」と比べてもテキストはさらに少なくて、写真のみに集中できると思います。

 写真の構成をざっとご紹介しましょう。目次以降は、まずスケカナの表彰式(ホプレガの衣装)から始まり、その後で、「Let's Go Crazy」ホワイトバージョン、ホプレガ、Notte Stellataと続きます。

 SPとFSの写真は、パラパラ紙芝居じゃないですけど、めくっているとそのまま羽生君が手元で踊ってるかの錯覚に陥ります。すごい枚数です。

 じゃ、EXの写真も大量なのけ?と期待していたら、かなり少ないですね。10ページ(それでも十分ですけど)に留まっており、「おや?」という感じで少々残念。

 その後に、日本代表の黒ジャージでの公式練習と記者会見の写真。そして、なぜかまたEXの写真が2枚あって、特に114頁には、思わずニヤニヤ。

 どさくさに紛れてスワンの羽生君に抱き着こうとするメドベちゃん!

 これ、左手が羽生君の腰に回ってるのか回ってないのか的な、Amazonのレビュアー(その多くが女性のはず)がまったく指摘しておらず、おっさんゆづファンの私がめざとく気づいては、いかんのではないですか?

 あ・・・、でもこれで購買意欲が減退してしまったら、すみません。表彰式や記者会見の写真が合計するとけっこうな枚数になるので、Pちゃんのファンやケヴィンのファンには嬉しい内容かも。よく言われてることですが、

 Pちゃんよりケヴィンの方が年上!

 というのは、やはりこの写真を見ても信じられませんね(汗)。

 最後に、スケカナに出場していた無良君の写真も4ページ収録。日本代表の3番手争い、NHK杯でブレークした刑事君と全日本での激闘がいまから楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加



 ※2017年1月発売の改訂版を一周した上で、noteの記事を加筆・修正いたしました。具体的な使用法については、上記のnoteをご覧ください。

 以下は、2016年11月29日時点の記述です。

 Jun


 「『金のフレーズ』の効果的な使い方」と題したTOEIC学習法の記事が、実は、ここ最近もジワジワと読まれています。

 どうもgoogle経由の方がけっこういらっしゃるようですが、はて、羽生君の記事しか書いていないのに、なぜここに辿りつくのだろう・・・と、よく仕組みがわかっておりません。

 TOEIC対策の英単語集として最も有名なこの『金フレ』。

 「英語といえばまずは単語集から!」というのが日本人の悲しい性で、

 とにかく、めちゃくちゃ有名でして、アマゾンのレビューが231件!



 羽生君関係の本で最もレビューが多い『蒼い炎』が136件ということを考えると(しかも一冊目の方・・・)、凄いことです。

 個人的に、この単語集の威力を実感できるのは、800点ぐらいの人(公式問題集をスラスラ自学自習できる人)からじゃないかな?と思うのですが、5月に書いた記事を未だに読まれるのも申し訳ないので、ガッツリ書き改めることにしました。

 来年1月に改訂版が発売されるようです。改訂ということは、削られる情報もあるかもしれません。すると、削れられた方の情報が出題されるという意地悪があるかも・・・。旧版も持っておいた方がいいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEIC ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加





 NHK杯での移動中や、バックヤードで、(何やってるのかまったくわかってなさそうな)菊地さんやブライアンの横で、ノリノリでやってたのはこれでしたか・・・。

 公式(?)の動画も見てみましたが、当たり前なんですけど、姿勢の良さと腰のキレ、上半身(特に指先から腕)の使い方が、はっきり違いますね。

2016-11-28-16-37-31

2016-11-28-16-37-54

2016-11-28-16-38-36



 さて、NHK杯前に購入してそのままになっていた一般誌をご紹介。まずは「主婦の友デラックス 2017」(2016年11月18日発売)です。

 野口美惠さんによる特別寄稿で全部で3ページ。写真は「Hope & Legacy」の衣装で2枚、2010年(14歳の時の)世界ジュニアの表彰式の写真が1枚の計3枚です。

 新たなインタビューではなく、おそらく野口さんのこれまでの取材メモがベースになっているようです。この雑誌の企画「親世代からの贈りもの 次の世代へ渡したいもの」に沿って、羽生君の生い立ちから、トロントに渡る辺りまでを振り返る内容です。

 何歳のときどの大会でどんな成績だったかという話は、最小限の情報に留めていて、子どもの頃からスケートを続けるにあたってのご両親との関係や、震災後スケートを続ける上での考え方の「変化」にフォーカスされています。その変化とは、ニースのSP後に、

  「被災地のみんなに応援されているっていう立場を、忘れているのではない?」

 こうお母さんに言われて、「われに返った」とあります。少し補足すると、SPが終わった時点で7位。報道陣にコメントを求められると、羽生君は、「ここまで来られたこと自体が厳しい練習のおかげ。『がんばろう』というメッセージをFSの演技で送りたい」と満足した表情で語っていたようです。それに対して、「あんたそれは違うんじゃない?」という意味で、母から喝が入ったということです。



 このくだりを見て、私の記憶とちょっと違うなぁと、『蒼い炎II』(40頁)を見てみました。そこでは、以前記事にもしたことがありますが、「応援を受けて頑張ろうじゃなくて、応援をそのまま受け取ろう」とFSに向けて切り替えた、という話でした。はっきり言って、この文面だけだと私にはよく違いが分からなかったのです。


 
 野口さんの『メソッド』の99頁を開くと、「応援するんじゃない、応援されているんだ」と、今回の雑誌と同じことが書いてあります。おそらく、どちらの本に書かれていることも、母と子の間で交わされた実際の会話なんでしょうね。

 羽生君がどういう家庭環境で育ったかということが、フィギュアスケートをほとんど知らない人が読んでもすぐに分かる内容で、もっと多くの方に読んでもらいたい名文です。ちなみに、最後にこんなくだりがあります。ここは正確に引用しておきます。

  「コーチのブライアン・オーサーは、キム・ヨナ(韓国)をバンクーバー五輪の金メダリストへと育てあげた名手。そのオーサーコーチも、羽生の母親についてこう話しています。『あんなに賢い母親はなかなかいません。決して練習内容や指導方針には口を出さず、ただじっと見守っている。健康のことや食事など、自分がサポートすべきことを見きわめていて、ユヅルが自主的にスケートに打ち込めるよう、常に気を配っている人です』。」


 
 ブライアンも苦労しましたからなぁ・・・とこれ読んで思わず頭抱えちゃいました。「思わず苦笑」という方はすでに『チーム・ブライアン』をお読みの方のはず。そうでない方は、すぐに読みましょう!

2016-11-28-16-39-48

2016-11-28-16-41-42

2016-11-28-16-41-57

2016-11-28-16-42-06



 2016年11月22日発売。よくわからなくて2冊買ったんですけど、一部の写真を除いて、テキストはまったく同じです。羽生君の記事はともに8ページ。写真はすべて能登直さん。文章は宇都宮直子さん。

 文章については後回しにして、先に写真ですが、トロントの公開練習とオータムクラシックで構成。

 緑の文字の方は、「トロント→6枚」、「オータム→7枚」。赤の文字の方が、「トロント→4枚」、「オータム→8枚」です。このうち、オータムの写真は3枚がまったく同じもので重複、1枚が片方カラーで片方モノクロ、となっています。

 そんなわけで、よほどのコレクター以外、両方揃える必要は無いと思いますね。もし購入するなら、「赤」を断然オススメします。「Hope & Legacy」の衣装で笑顔でファンに応える2ページぶち抜き写真。トロントも2枚笑顔の写真アリ。10人のゆづオタに訊いたら、まず間違いなく10人全員が「赤」を選ぶんじゃないでしょうか?

 宇都宮さんの文章は、まず、個人的に「ほぅ!」と発見だったのが、このトロントのメディアデーでは、各社の個別取材を(たぶんANAの)スタッフがストップウォッチでタイムキープしていたという話です。あのマガジンですら、このストップウォッチの件は書いてなかったので、これは発見です。

 ただ、これを読んでいて、宇都宮さんって羽生君に取材できたの?という疑問が。スケ連ジャッジの吉岡という人の話が長々とあって、ジェフやブライアンのコメントも出てきて、これは・・・という感じです。


 
 実は「SPUR」という雑誌は、「Sportiva」と同じ集英社から発行されてるんですよね。そっか・・まっ、宇都宮さんには、「Sportiva」の連載の方を頑張っていただきたいと思います。

 ところで、先ほど報道ステーションの羽生君と修造さんの対談を見ました。強気でしたねぇ。本音は、五輪の枠取りがかかるワールドが最終目的のはずだけど、ファイナルを放映するテレ朝向けにそういうことを言わない所が、もうプロでしたね。

 しかし、いい気分で見ていたのに、最後ASKAのニュースを数秒入れて番組終わってましたが、あんなの入れる必要がどこにあるんですか?どうだっていいじゃない。原稿渡されたから、それをそのまま読んでるあのボンクラアナウンサー。なんですかあれ?と。なんだ、こいつの言ってたことはぜんぜん心こもってないんだな!と。あぁ、修造さんがかわいそう。

 でも、後ろのパネルは、ファイナル出場者12人みんなかっこよかったですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加


 サンデースポーツを見てから、けっこう慌てて書いています(汗)。

 録画しておいたEXや「鈴木明子の部屋」は夜9時前から「巻いて巻いて」見ました。以下、脳内に残っているものから、文字化していきます。



 ・ 「Notte Stellata」は今日も素晴らしかったです。滑らかさや優雅さもそうですが、なんというのかな、周囲に無警戒な白鳥が羽を休め、そしてまた無造作に動かすような、動物的な動きが今日は印象に残りました。背中に羽が生えているような(そういうバナーを会場の映像でも見ましたけど)、しかし、空を飛んでいるばかりではない、スワンの新たな「表情」を見た気がします。

 アンコールの「Let's Go Crazy」は贅沢でしたね。これって、これまでの5戦のGPシリーズでも各種目の優勝者のアンコールってありましたっけ?スケカナでそのような映像を見なかったのは、単にカットされていたのか、あるいはNHK杯だけの粋なはからいなのか・・・。

 EXの衣装での「Let's Go Crazy」もハマりすぎていて、ルマンドカラーに拒否反応がある人は、こっちがいい!と騒ぎそう。でも、まぁ、音楽でも食事でもそうですが、賛否両論あるものの方が、飽きにくく、長く愛されやすいと、個人的には思います。

 ・ 「鈴木明子の部屋」、おもしろかったですね!「Quadruple 2017」の龍樹君のインタでも、「進路が決まってない・・・」という話が、暗いモードに拍車をかけてたんですよね。いくら彼が最近見た映画が「何者」という就活絡みのものとはいえ、NHKのアナめぇ、おまえらは就職の苦労なんて一生わからんやろ!と私も内心毒づきつつ、龍樹君の返しが最高でしたね。

  「これ(NHK杯)も就活なんです!」

 最高です。台本などなく、素でそう言ったのだと信じたいですが、これでもう全国区ですし、地元名古屋でスポンサーもしっかりつくんじゃないかなぁ。面白いキャラだと思うんです。

 ・ 羽生君の朝までゲーム話、もっと聞きたかったなぁ・・・。昌磨と交代で24時間実況生放送とか、ドワンゴが企画したらゲームメーカーも喜んで「ウチのソフトをぜひ!」と許諾に応じると思うんだけど。まぁ、二人がいまどんなゲームをやってるのか知らないので、そういう想像ばかり膨らみますが。

 ・ 他の選手のEXだと、樋口新葉ちゃんが最高でした。このしっとりした表現を見るに、こんな雰囲気のプロを五輪シーズンに投入してもいいのでは?と思います。パワー・スピード・ジャンプという側面ばかり言われてますけど、それこそ織田ちゃんとあっこさんの例の指先の「模範演技」じゃないですが、もっと新葉ちゃんのいろんな魅力をアピールできるようなプロを来季は期待したいです。



 新葉ちゃんといえば、この話は以前も書きましたけど、私が初めてフィギュアスケートを生で見た、2014年3月30日のさいたまスーパーアリーナの世界選手権。大会最終日のEXのトップバッターが新葉ちゃんで、音楽が演技途中でバツっと消えて無音になったんですが、そのまま最後まで滑り切っていた姿が鮮烈でした。あの子が、いまや日本女子シングルのトップ争いをするまでに成長して、本当に嬉しいです。

 ・ あとは、ポゴリラヤについて。ポゴはあっこさんも衣装について指摘していましたが、私も、世界の女子シングル選手を見渡しても、

 ポゴの衣装はダントツでオシャレ!

 こう思っています。上にツイートを埋め込みましたが、バンケットのドレスも華やかでいい!ソツコワが着ているドレスをポゴが着ていたら、いかにもな感じなので、ギャップというか変化をつけるオシャレ心がまたいいじゃないですか。

 ポゴの衣装って、いわゆる「フィギュアスケートの衣装」という感じではなく、もう海外のファッションショーであの衣装で歩いてもまったく違和感のないレベルに感じます。ハリウッド女優的なビジュアルイメージとも完璧に合っている。他のロシアの子って、メドベは細くてまだ子どもって感じだし、ラジは顔は大人っぽくはなったけどやっぱり細すぎる・・・。

 昨年のNHK杯は本当にかわいそうだったけど、今年はジャンプも高いし、身体もキレてるので、実はGPF、彼女が優勝しないだろうかと密かに応援しています。明子の部屋での応答を見てると、性格はけっこうおっとり系な感じ。あのフリップに描かれた猫ちゃんとワンちゃんについても触れてあげなさいよ!と思ったり(まぁ、時間きつそうでしょうがなかったですね)。

 サンデースポーツについて。

 宮原さんのかなり唐突な、「ゆづくん、優勝おめでとう!」に、全国のゆづファンの好感度がまた上がったことでしょう。今季は明らかに回転不足の判定が厳しくなって、いまが彼女にとっての正念場だと思いますが、ぜひこの壁を乗り越えてもらいたいと思います。

 羽生君、織田ちゃんから「今後の4回転のプラン」について訊かれながらも、明言を避けていましたね。ルッツとフリップを入れるかどうかという話なんでしょうけど、まずはしっかりループをGOEを確実にもらえるレベルに高めても遅くないと思います。技よりも、怪我だけが心配です。身体は消耗品ですから、他の選手がどうというより、自分の身体第一でやっていただきたいものです。

 織田ちゃんが、「Notte Stellata」の後に、

 「生まれてきてくれてありがとう!スケートをやってくれてありがとう!」

 と絶叫してましたけど、ゆづファンもみな同じ気持ちのはず。本当に身体には気をつけていただきたいです。
 
 拍手コメントで、「WFSのextraのレビューを!」とご要望をいただきました。すみません。まだ買えてません。なんとか早く入手したいと思います!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

 ※まさにリアル・ユーリオンアイス!ランビ先生かっこよすぎ!



nhk2016fs

 よくやってくれましたね。冒頭の4Loは、昨日のSPのような軸の傾き方で、こりゃあかん・・・と思って見てたんですが、本田さんの解説によれば「空中で体勢を立て直していた」とのこと。この修正能力は凄い!4LoのGOEは1.57で、今後、軸の問題等がカバーされると、2点以上が期待できそうです。

 正直、個人的にはFSの4回転は2本決まれば十分でしょ!と思っていたぐらいなので、よくやってくれました。今大会、男女問わずコンビネーションジャンプをミスする場面をよく目撃したんですが、そこでのリカバリー能力が試されていましたね。そんな中でFSの羽生君について、織田君は、「後半の3Aに3Tをいとも簡単につけてしまうのがすごすぎる!」と絶賛していました。同意見です。あのセカンドをつけなくてもこのNHK杯は余裕で勝てたと思いますが、今後もっとスコア的に競った大一番で、こういうことは起こりうるわけで、しっかり今のうちにやれるだけのことはやっておくということでしょう。素晴らしかったです。

 スケカナの時のような最後のよろめきも今回はなかったし、スタミナ面の課題もクリアされているようですね。ファイナルが楽しみです!

 そして、94年組の仲間も頑張ってくれました。

 「(龍樹)もっとこいや!」

 高田総統ばりの羽生君のマイクパフォーマンスに、「よっしゃ!いったろやないかい!」というキャラに龍樹君が化けてくれるかどうかが、彼の今後の飛躍の鍵を握っていると思います。

 刑事君も本当に素晴らしかった。台乗りすばらしい!刑事君はとにかくSPもFSもよく身体が動いていて、いまや日本男子シングルの3番手を狙える実力があるんじゃないでしょうか。無良君もウカウカしていられないと思います。全日本選手権が楽しみになりました。バックヤードにマッシモ先生が来てましたね!実況スレでも盛り上がっていました。

 再び、龍樹君については、ぜひこれを自信にしてほしい!そして、現役生活をまだまだ続けてほしい!

 実は、雑誌のレビューの際に、あえて触れなかったんですが、「Quadruple 2017」の龍樹君のインタは、ややネガティブモードに入っていて、心配だったんですよね。でも、やればできるじゃないか!と。織田ちゃんのお株を奪うような「猫足着氷」。そして、「着氷姿勢の美しさ」(背筋と指先がピシっキマるところが、往年のサーシャ・コーエンのよう!)





 あとは、ネイサンですよね。さすがに羽生君が勝つだろう!とは思っていましたけど、FSに4回転を5本予定していたので(実際はファイナル進出を考えてか、構成落としてましたね)、ドキドキしました。たしかに、ジャンプも凄いんだけど、実はこの「ダッタン人の踊り」は冒頭の滑らかなスケーティングが気に入っています。



 いやぁ、ファイナルの6人、みんなキャラが濃くて楽しみです。けっこう順位の予想は難しいように思います。



 せっかくの機会なんで、「Cutting Edge 2012 +Plus」の三人の座談会を再掲しておきます。発売は2012年7月27日です。

2016-11-26-22-14-35

2016-11-26-22-14-56

2016-11-26-22-15-32

2016-11-26-22-15-46

2016-11-26-22-16-09

2016-11-26-22-17-55

2016-11-26-22-18-20

2016-11-26-22-19-12

 私もこれから再読します。明日は、おそらく日本の一般視聴者がそんなに知らないはずの、あの美しい「スワン」がどう評価されるのか、密かに楽しみです。

 「コレの方が衣装も内容もよくね?」というネット上の声に、ニヤニヤしちゃおうと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ