2017-09-09-13-37-12

 本企画のバックナンバーは「こちら」。

 『蒼い炎II』とともに、この「SEIMEI振り返り企画」で役に立っているのが、「Ice Jewels」です。

 ブライアンの本や『蒼い炎II』を再読するのはなかなか大変ですが、もしオータムが始まる前にお時間があるようでしたら、ジュエルズの羽生君巻頭インタ(特に、Vol.01Vol.02Vol.03)を読んでおくと、15-16シーズン当時のバラ1およびSEIMEIに対する、羽生君の見解をすばやくチェックできるので、オススメです。

 世界選手権後におこなわれた、「Ice Jewels Vol.03」の羽生君のインタビューの後半「怒涛のシーズンを終えて」(24頁)の中で、「『SEIMEI』から学んだもの」というテーマでやり取りがされているので、ご紹介しましょう。

 ―― 今季、「SEIMEI」を演じてきて何を学びましたか?

  「表現ということに対して、今までは独学で追求してきました。たとえば、『ホワイトレジェンド』や、『オペラ座の怪人』をやるにあたって、所作や姿勢、手の使い方など、いろいろ参考にして学んできました」

  「『SEIMEI』では今まで以上に表現の深さ、表現というものの考え方を野村萬斎さんはじめ、話をさせていただいた方々のおかげで学びました。何かを見るときも、この人は何を表現したいのか、こういう世界ではどういう表現があるのかなど、すごく考えて演技を作りあげてきました」

  「『SEIMEI』は記録を作れたプログラムでもあり、いろいろな経験をさせていただいたプログラムであるとともに、表現というものに関して深く考えるきっかけを与えてくれたプログラムになりました

  「『バラード第一番』も初めていただいた時はプログラムとしてどう解釈していいのかわからず、作曲の背景、ショパンという方のいろいろな思い、曲に付随する物語もたくさんあって試行錯誤しました。しかし、まずは最初にこのプログラムの旋律で踊ろう、旋律の上にのって滑っていこうと思い、次に、自分からその音が出ているようにしようと考えてきました」

  「今回『SEIMEI』を与えていただいて、『バラード第一番』ではどういうものを表現すべきか、自分がどういうものを出せばいいのかと考えながら、最終的にここまで滑ることができました。だからどんなプログラムをいただき、どんなプログラムをやりたいと思っても、羽生結弦らしい、羽生結弦が表現した物語だったり、世界観だったり、(萬斎さんに感化されていますが)学んだ一つひとつの型を大切にできたらと思います」

  「『SEIMEI』からはたくさんのものを与えていただき、皆さんに記憶していただいた。そして歴史として記録できたプログラムでもあったけれども、それ以上に自分が進化するきっかけになったプログラムだと思います

 →→『蒼い炎II』では、レクイエムとの関係についてかなり踏み込んで語られていて、まぁ、「ジュエルズ」の方が先に出ていることもあり、こちらはまだ考えがまとまり切れていない印象です。

 ただ、「バラ1」の1シーズン目と2シーズン目を比較するにあたり、私自身、エレメンツばかり見ていて、表現の部分はほとんど注目していませんでした。羽生君本人が「SEIMEI以降でのバラ1の表現面の変化」に言及しているのは興味深いですね。

 今季のバラ1は、FaOIに限っても、幕張→神戸→新潟へと着実に進化していました。トロントに戻った後、再び、両プログラムを滑りこんでいく中で、SEIMEIの「表現面の進化」がどうなるのかも楽しみですね。

2017-09-09-13-37-44

 そして、昨日の記事をフォローする内容として、このジュエルズ3号には、レクイエムの作曲者・松尾泰伸さんのインタ(66頁)も収録されていたんですね・・・。私自身は、これ読んでないかもなあ・・・という感じでした。

  「(松尾さんは、2015年のFaOIに招待され、羽生選手と)一緒に写真を撮ることになったので話しかけたんですよ、『金沢での初演の後、疲れませんでしたか?』と」

  「すると、羽生選手から『そうなんです。もう自分を見失うっていうか、持っていかれそうになったんです』という返事があり、私は、『多分そうだったんじゃないかと思っていました』と答えました」

  「私も初演の時、もう弾いていられないくらいのダメージを受け、中間の一番激しい部分を弾いたときには想いが強すぎて中に入り込みすぎ、体に異常を来してしまったので、そのことをちょっと聞いてみたかったんです

  「あまり詳しくないので偉そうなことは言えないのですが、羽生選手の『天と地のレクイエム』を見せてもらったときに、これまでのものとはちょっと違うという感じをすごく受けたんです

  「というのも、数々のエンターテインメントのショーが続いた最後に羽生選手の演技を観て、観客の方々の中にはどう反応したらいいのかとまどわれた方がたくさんいらっしゃったと思うんです。それまでの2時間半の流れとは何かが違うぞ、と。多分、その中で涙される方もいらっしゃっただろうし、ぼうぜんとされた方もいらっしゃったと思う」

  「バレエなどの表現寄りの部分がグッと持ち上がり、羽生選手がそれを極めていくことで周りの人たちもそれにどんどん引き込まれていくのをすごく感じました。これまで築かれてきた、何十年も続いたジャンルを変えるっていうのはすごいエネルギーがいると思うんですよ。大きな力が必要になる。しかし、羽生選手の場合、多分選ばれた、それができるような人じゃないかと思うんです。それを一番大きく感じました

 →→「レクイエム」は、関西にも東北にも住んでいるわけではない私にとっても、やっぱり平常心では観られないプログラムという印象です。そして、また別の意味で、ボストンワールドのSEIMEIも「内心あまり観られない」演技ではありました。今季SEIMEIを再登板することにならなければ、つぎ観るのはいつになっていただろう?というほどです。

 ただ、羽生君自身が語るように、SEIMEIによって「表現に対する意識が変わったこと」と、それにより、レクイエムもバラ1も変わったこと、こういう話を聞くと、ファンとしては全てを見届け、共有しなきゃなと思うに至りました。

 ・・・・・・しかし、なんだかんだで、もう2週間を切りましたよ。新しい衣装も完成していることでしょう。プログラムも全体が出来上がっていることでしょう。

 シーズンがはじまったらはじまったで、余計な雑音に心惑わされることなく、目の前の演技をただ楽しむ!というマインドで、バラ1とSEIMEIを待ちたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ