wakaba1



 金曜の夜は、スマホでライストつけっぱで布団に入ったまま意識を失い、

  「すかぃ、ふぉぉぉ~る」

 って、唐突に歌声が聞こえて「ピクッ!」と起きたんですが、すでにジャンプの要素はすべて終わっていたのでした。

 新葉ちゃんの「やりきった表情」と、217点というスコアを聞いて、「こりゃノーミスか!すごいな!さてバーを戻して見るか!」と思ったら、つぎがザギちゃんなもんだから、そのまま見続けることに。



 この「ドン・キホーテ」は昨季からの持ち越しプロではあるんですけど、後半のジャンプ固め打ちの件はともかく、技術と芸術が最高レベルで融合していることは、認めないわけにいかないですね。

 メドベがいなければ、このまますぐにオリンピックチャンピオンになってもおかしくない、「私が勝って当たり前!」という感じの、ある意味で「王者の風格」さえ漂っています。

 そのザギちゃんを、新葉ちゃんはあと一歩まで追いつめたわけで、もし今回のロンバルディア杯並みのパフォーマンスを五輪本番で披露できれば、十分にメダルも狙えると思います。

 しかし、あまりに好調すぎる不安材料として、例えて言えば、桐生君がこの間9秒98を出しましたけど、あの記録を4月に出してしまったような衝撃というか・・・。

 本来なら、もっと後にピークが来るはずなんだけど、ここを頂点に下降してしまうような不安もなきにしもあらず。

 ただ、岡島コーチも、もちろん新葉ちゃん本人も、まだまだ演技の内容に満足していないようですから、余計な心配を我々がしてはいけませんね。これからどんどん上がっていくはずだと。

 それにしても、新葉ちゃんの新SP・フリーのハマり具合が凄すぎます。なんだか今回、マッシモもシェイリーンもいつもより本気で(?)プログラムを作っていて、それに新葉ちゃんも全力で応えたというか、気合いと気合いのぶつかり合いというか、こちらに伝わってくる気迫が違う印象です。

 新プログラムを見て、私が特に新葉ちゃんの魅力と考えているのが、ステップ時の上下の動きの多彩さ、面白さ、つまり技の引き出しの多さなんですよね。

 ディスりじゃないですけど、このスカイフォールを見た後に、ネイサンのネメシスを見ると、ネイサンの振付は上半身の動きに偏っているというか、やや単調に見えるんですよね。

 もちろん、シェイリーンも、選手の特性や予定構成を踏まえて振付を作っているはずですから、単純比較はできません。

 ただ、男子のトップ選手のプログラムと見比べても、

  新葉ちゃんのプロは、ホント詰め込んでくるなぁ!

 ただただ、驚くばかり。スカイフォールは、途中の「スタスタ歩くところ」もカッコいいし、銃で「パーン!」ってところも音楽とドンピシャで合ってるし、フィギュアスケートを普段見ない人でも、「面白い!」と感じる「遊び心」も随所に見られると思っています。



 松田さんは最終滑走ながら、がんばってくれました。これまでのPBが178.98ですから、今回の195.56は、大幅な更新ということになります。

 冒頭の3連コンボも見事でしたし、怪我さえ気をつければ、200点超えも射程圏内という感じではないでしょうか。

officials

details

alinafs

wakabafs

yurafs

 やたらPCSの高いコストナーは地元だからともかく、日本とロシアのジャッジがやり合っていて、なぜか常に大甘のハンガリー。PCSは新葉ちゃんがザギちゃんを上回りましたが、イタリアのジャッジはザギちゃんを高く評価しています。

 「イタリアのジャッジ」と一枚岩的に言うつもりはないですが、この試合のジャッジに関しては、「これがヨーロッパびいきってやつですか」と、やはり注意して見なきゃいけませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ