新田谷凜選手は、名古屋の邦和スポーツランドを拠点に活動するスケーターで、中京大学2年生。先月20歳になりました。今季からシニアに昇格。

 先月のサマーカップで三原舞依ちゃんに次いで2位(180.52)。3位の坂本花織ちゃんを抑えています。リザルトは「こちら」。

 プログラムは、SPは「カルメン」、フリーは昨季から持ち越しの「レジェンド・オブ・フォール」。振付はいずれも鈴木明子さん。

 サマーカップでの彼女の演技がネットに上がっていないので、SPはチェックできていないんですが、フリーの方は今年1月のユニバーシアードで2位に入った動画を貼っておきます。ちなみにその大会、優勝はラジオノワ。新田谷さんは、リーザ(4位)とレオノワ(5位)に勝っていますね。リザルトは「こちら」で。



 プロトコルを観ると、ルッツとフリップにアテンションがついていて、そこが課題なのかなという気がいますが、ジャンプもスピンも動きが滑らかでキレイです。最後のビールマンも美しい!

rin1

 このユニバーシアードでのスコアが187.18なので、今季は190点台を狙える有力選手です。

image

 そして、やはり「日本代表メモリアル2017」(112~115頁)に掲載されていた山本草太君との対談に触れないわけにはいかないですね。一部、ご紹介します。

 ―― おふたりは、邦和クラブへ移籍してきたという共通点がありますね。初めて出会ったのはいつ頃ですか?

 R「邦和に移ってきたのは私のほうが先で、その半年くらい後に草太が来ました

 S「そうだね」

 R「その前、私は神戸にいたんですけど、通年リンクがなかったので夏は大阪の臨海スポーツセンターに行ったりしていて。当時、そこで練習していた草太を見かけていたくらい。1回だけ話をしたことがあったよね?『海外の試合、どこ行くの?』って」

 S「ああ、そうそう」

 ―― お互いのスケートについてはどう思っていますか?

 R「私は、純粋に草太のスケートが好きです。もう一番、二番って言ってもいいくらい好きですね。今でも過去のプログラムの動画を観るもん」

 S「凜ちゃんは、試合でもいつも強いですけど。練習もめっちゃ真面目です。邦和で一番って言っていいくらい真面目なので、『そりゃ、良い演技ができるでしょう』という感じです」

 ―― 昨シーズン、山本選手はケガの治療に専念されていましたが、氷上練習を再開したとき、チームメイトの皆さんはどのように迎えたのですか?

 R「最近、朝練の2時間だけ来てくれるようになったんですけど、草太がいるだけでリンクの雰囲気が変わりますし、私だけでなくチーム全員が嬉しい気持ちになっていると思います。ジャンプはまだ跳んでいないんですけど、曲かけ練習はするようになって。草太が曲かけをするときは、私はちゃんと見たいので。先生の横とかでじーっと見ています」

 ―― 山本選手が休んでいる間は、どのような励ましがあったのですか?

 R「私、草太のところにちょいちょい行ってたよね」

 S「うん、来てた」

 R「お見舞いの品とかを持って病院とかに。草太が暇そうだったから(笑)」

 S「うんうん」

 R「でも、前はコーラが大好きだったのに『コーラは要らない』と言うようになって」

 S「『甘いものはやめたほうがいい』って、病院の先生にアドバイスされたので(笑)」

 R「だから『なにを持って行ったらいいんだろう』っていろいろ考えて、時間つぶしになるかなと思ってマンガを買っていきました」

 S「マンガ(笑)」

 R「あとは、草太のファンの方が送ってくださったプレゼントが、邦和にたくさん届いていたので、それを練習帰りに届けに行ったりしたよね

 ―― おふたりは、今シーズンどのように過ごしていきたいですか?

 S「先輩から(笑)」

 R「今シーズンは良いスタートが切れているので、この状態を保っていけば昨シーズンより早い準備ができると思います。今シーズンは悔しい思いをする試合がないようにしていきたいです」

 S「あ、僕の番ですか?」

 R「先に言わせておいて、考えてないの?」

 S「あははは(笑)そうですね、少しでも僕のことを応援してくださる人がいると思って、その人たちに応えられるように頑張りたいなと思います」

 →→この対談はかなりのボリュームなんですが、草太君の状態がまだあまり良くないので、新田谷さんが気を使って、自分の話を多めにしている感じがします。「姉と弟」というノリですが、病室にファンのプレゼントを彼女が運んでいたんだ・・・とそこはビックリしました。

 この雑誌には、草太君の単独インタも掲載されているんですが、そこでは、3度の手術を経て、怪我の回復が予想以上に遅れた経緯が詳しく話されていて、ちょっと読んでいてツライなぁ・・・と、ブログで取り上げることを躊躇していました。

 ただ、今回オータムに新田谷さんが出場するということで、少し触れることができてよかったです。

 こんな心優しい姉御肌(?)の新田谷さんを、ぜひ応援したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ