mai1

 いよいよオータムクラシック開幕です。今日は女子SPを。リザルト関係は「こちら」。ライストは「こちら」で。「フィギュアスケート速報」さんの特設ページは「こちら」。



maiacsp

mai4ccsp

 上が今回のACのSP。下は、ノーミスの国際大会ということで、四大陸のSPを並べてみました。

 今回、PCSの評価が上がっていることがはっきり分かります(※ヘルシンキワールドは「29.71」、4月の国別は「32.88」)。ステップは4CCでもレベル3だったんですが、今回の方が加点はもらえています。

 3Fのエラーによって、約4点の減点。つまり、ノーミスであれば、70点の演技ということですから、スタートとしては上々ではないでしょうか。

 1位のケイトリンの「75.21」は、まぁ、カナダとして、「ウチの選手はメドベに負けてないぞ!」とアピールをする意味合いもあるでしょう。

 SPに関していえば、今回のオータムは、地元有力選手のage採点はあったとしても、ライバル選手のsage採点は行われてはおらず、少なくとも、舞依ちゃんのスコアについては妥当な結果ではないかなと、私は見ています。

 まぁ、かりにフリーでケイトリンが崩れて、舞依ちゃんがノーミスだった場合、「帳尻合わせ」はあるかもしれません。順位やスコアよりも、舞依ちゃん自身がとにかく納得いく演技ができることを期待しています。

 ところで、舞依ちゃんの「リベルタンゴ」に対して、ネット上では賛否両論あるようです。ただ、私自身はDOIの放送で見た時から、これぐらい攻めた選曲&振付の方が、むしろインパクトはあると感じていました。

 今のところ、新葉ちゃんの「スカイフォール」と、この舞依ちゃんの「リベルタンゴ」が、今季の私のお気に入りのプログラムです。



rinsp

 新田谷さんは46.83の9位スタート。トリプル2本でミスが出ましたが、2Aからはしっかり立て直して、がんばって滑り切りました!

 後半のステップとスピンはとても良かったです。フリーの方が滑り慣れているプロなので、必ず順位を上げてくれると思います。



rikasp

 ネペラ杯の理華ちゃんも。昨季から持ち越しの「カルミナ・ブラーナ」。前半の3F+3Tの基礎点(ノーミスの場合)は9.6点なので、約3点の減点ですね。彼女の持ち味である、長い手足を使った、大きな演技が印象的です。コンディションも良さそうです。

 そう考えると、現時点において、舞依ちゃんと理華ちゃんは、ともにSPでは、70点前後の力があると見てもよいかもしれません。

 GPシリーズが始まって、しっかりノーミスの演技を積み重ねていく中で、このスコアが徐々に上がっていくことが大切になっていきますね。

 選手たちは本当に大変です。私も気を引き締めて応援したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ