chroe1

 今日はオータムの女子フリーを。リザルト関係は「こちら」で。画像は微笑みの天使、クロエ姉さんのTwitterから。



maifs1

maifs2

 上は今回のオータムで、下はヘルシンキでのシンデレラです。後述するカナダ選手の件はともかくとして、三原さんのスコアについて、今回のオータムは、SP・フリーともに妥当かなと思っています。

 まず、今季のフリーでは3Fを後半に配して、得点増を狙っています。これにエラーがついたわけですが、後半の3Fをエラー無しで降りた場合、基礎点は5.83、これに(ヘルシンキフリーと同じ加点で)1.00つくと考えると、このフリップのエラーで「3.6」点損をしたことになります。

 最後の3Sのパンクについては、ヘルシンキでもここで3Sを跳んで加点1.20もらえているので、そのままのスコアを想定すると、「4.61」点損しています。「〇」で囲んだリカバリーの部分は、ヘルシンキと比べても明らかなように、スコア的にはほとんど変わりません。

 合計すると、技術点で8.21点損をしたことになります。ただ、PCSはヘルシンキと比べると「1.55」点高くもらえています。ここはシニア2年目となり、実績を積んだことが結実していますね。

 このオータムのSPでも3Fのエラーがあり、私は、4CCのSPと比べて「3.84の減点」と計算していますが、今回の合計199.02点に、3.6+4.61+3.84=12.05点を単純に足すと、合計211.07点になります。樋口新葉ちゃんがロン杯で「217.63」でしたが、やはりこの二人は、現時点でも210点台の力を持つ、日本女子の2トップと言っていいですね(もちろん、宮原さんが今季復帰して故障前の演技ができると、ここに並びます)。

 ちなみに、220点台を超えるスコアの持ち主はこれまで3人しかいません。メドベージェワ、キム・ヨナ、ソトニコワです。220点台を安定して出せるようになると、オリンピックのメダルが見えてきますね。

 舞依ちゃんの「ガブリエルのオーボエ」については、曲調が平坦で、すべてのジャンプを終えたステップの所でようやく盛り上がるという、サマーカップの評判通り、イマイチ、ガツンと来ない感じはします。

 ただ、名プログラムの条件は曲だけでは決まりません。ノーミスして、ビッグゲームでメダルを獲れるようなスコアを出したとき、それが名プログラムと評価されるのです。そしてみんなに愛されるようになるのです。

 例えば、新葉ちゃんの新プロは、SP・フリーとも「ハマりプロ!」と絶賛されています。私も特に彼女の「スカイフォール」は毎日動画を見るほど惚れ込んでいますが、やはり結果を残さないと、よほどのスケオタを除いて、すぐに忘れられてしまいます。

 舞依ちゃんの今季のプロは、SPの「リベルタンゴ」が玄人好みである反面、人によっては、好き嫌いがあるかもしれません。だからこそ、癒し系のフリーでは、特に演技の精度にこだわってもらいたい。その点は、彼女なら心配無用であると信じています。



osmondfs

 いま私が見た時点でも、この動画の「高評価:55」「低評価:120」という数字や英語のコメントなどによって、このジャッジに対して、日本人以外でもけっこう怒っている人がいるようです。

 前半の3Lzでは着氷でグダったにも関わらず、GOEは「0.00」にとどまっています。途中、もの凄い勢いで腹から転んだ所も減点1点のみ。あとは最後の1Aへの抜けですね。



osmondWC

 銀メダルを獲得したヘルシンキでのフリーも見てみました。この時は、2A+3Tの2ndジャンプの着氷が危なかったことと、3Loの抜けの2ミスで、「142.15」のスコアが出ています。

 今回のオータムは、3Lzの着氷の乱れ、2Aの抜けとジャンプ自体は2ミスなんですが、さらに、みぞおちを強打した減点1があるのに、今回の方が合計「142.34」と、なんでワールドよりもたけーんだよ!と、不思議な現象が起こっています。まぁ、ワールドの3Loの抜けは4点以上損することになるので、1コケの分を足しても、同じぐらいになると言えなくもないですが。

 しかし、ここまで酷似してくると、ジャッジの皆さん、ヘルシンキのフリーのプロトコルを横に置きながら鉛筆舐め舐めしてたんじゃね?てか、ワールドの銀を獲った彼女の演技に対する、冒涜になりませんか?と、チクチク言いたくなります。

 ほかにも、なんであんなにこんがりと日焼けしてるんだよ!と、ツッコミ所もありますが、まぁ、いいでしょう・・・。いずれにしても、おなじ「ブラックスワン」でも、ザギちゃんのSPと比べたら、雲泥の差です。



rinfs

 気を取り直して、新田谷凜ちゃん。テレ朝チャンネルのダイジェストで荒川さんも言ってましたが、よく立て直して、頑張りました。ミスを、冒頭の3Sの転倒、最後のコンボの3TのURのみに留めました。

 SP後のインタビューはかわいそうで見てられなかったですが、翌日にコーチとショッピングをして、うまく気持ちを切り替えられたそうです。これからブロック大会だと思いますが、しっかり頑張って、全日本で成長した姿を見せてもらいたいと思います。

 明日はネペラ杯での男子94年組を中心に見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ