samo

 さて、1日遅れで、JGPクロアチア大会の女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まずは、松岡あかりさん。SPではジャンプで痛いミスが出て11位スタートだったんですが、フリーで挽回し、7位まで順位を上げました。13歳でジュニア初年度。よく頑張ったと思います。



 世界中の誰もが「優勝間違いなし」と予想していたであろう、ロシアのタラカノワ。しかし、まさか・・・という感じで、フリーは崩れに崩れました。フリーのスコアだけで言うと6位で、なんとか3位で踏みとどまりました。

 彼女は「荒々しさ」「ワイルドさ」が特徴だと思っていましたが、ミスが出るとそれもまた目立ってしまうのがツライ所です。今回は3位ですが、初戦は優勝しているので、おそらくファイナルには残ってくると思います。



 見ているだけの人間は、「あのタラカノワが崩れて、せっかく優勝できるチャンスだったのに!」なんて、好きなことを言えるんですが、そんな狙ったようにノーミス演技なんて、なかなかできるものじゃありませんよね。

 でも、山下さんの実力からすると、「後半の3Lzだけでも、なんとかならなかったのかな・・・」と、ここは残念でした。

 山下さんは2戦終えて、「3位と2位」です。ファイナル進出は、ちょっと厳しいかもしれません。



 優勝したのは、ロシアのサモドゥロワでした。ミーシンのお弟子さんで、15歳のジュニア2シーズン目。

 曲が流れた瞬間、「おや!」と皆さん思われるでしょうが、三原舞依ちゃんが今季SPに使用している「リベルタンゴ」です。

 舞依ちゃんの「リベルタンゴ」は、彼女の殻を破るような野心的な試みで、私は大好きなプログラムです。

 ただ、このサモちゃんの「リベルタンゴ」もなかなか強烈な仕上がりです。

  これが15歳の演技かよっ!

 フィギュアスケートの解説者は、よく「色気」という言葉に逃げがちですが、これこそ色気ってもんじゃない?という、悔しいけれど、日本人の女の子にはなかなか出せないような雰囲気です。

 このサモちゃんが、どうやら第7戦イタリア大会に出てくるんじゃないかという話で、その試合は、日本からは紀平さんと荒木さんが出場予定。

 ネット上の最も悲観的な見立てだと、名古屋のファイナル進出6人のうち、ロシアが5人、あとの一枠をウンスと梨花ちゃんと菜那ちゃんで争う、みたいな話になっています。

 ちなみに、梨花ちゃんと菜那ちゃん二人ともファイナルに残るには、イタリア大会を1・2フィニッシュするのは当然として、サモが4位以下。さらに、今週行われる第6戦ポーランド大会で、ロシアのパネンコワが優勝しつつ、ウンスが4位以下・・・というような、「まずありえない条件」をクリアしないといけません。とにかく、なんとか一人は残ってほしいですね。

 今週は土曜日のジャパンオープン(10/7)が目玉ではありますが、前述のJGPポーランド大会(10/5~8)、さらにフィンランディア杯(10/6~8)もあり、なかなかハードです(笑)。

 明日からしばらく雑誌のレビューに取り掛かりたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ