sotskova

 先週末のフィンランディア杯から、私が初見のプログラムのみピックアップします。ボーヤンとヴィンセント君のフリー、ソツコワのSP・フリーを見ていきましょう。リザルト関係は「こちら」で。



 ホルストの「惑星」というと、ジュンファン君の今季フリー(ウィルソン振付)で使用されています。宮原知子ちゃんも、昨季フリーは「惑星~スターウォーズ」で、ダイナミックな編曲が印象的で、個人的にはもっと見たかったんですよね。

 ボーヤンの今季フリーも、知子ちゃんと同様に、クレジット上は惑星とスターウォーズを繋いだプログラムなんですが、コミカルパートを加えた、斬新な作りになっています。昨季からSP・フリーともにローリーにお任せしていることもあって、「スパイダーマン」や「道」で広げた「芸風」をいかんなく発揮しています。

 編曲が唐突すぎると思われる方もいるはずで、賛否は分かれるかもしれません。ただ、様々なスタイルのプログラムで表現の幅を広げながら、「クワドジャンプだけの人」というイメージを払拭しようという、その意欲を私は応援したいですね。



 7月のスケートデトロイトでは、チャーリー振付のロミジュリが今季の新フリーということだったんですが、映画「ムーラン・ルージュ」のサントラからジェフに作り直してもらいました。

 見ていて思ったのは、同じくジェフに作ってもらったSPも、このフリーも男性ボーカル物になるのかぁ・・・と、これはこれで意外ですね。

 ボーヤンのようなビッグジャンパーではなくて、よりコンパクトに、身体のキレで回る感じがありますね。やっぱり、SPでも感じましたが、クワドよりも3Aの方が苦労しているのかなという印象です。


 
 私がここ最近集中的に見ているエテリ組のジュニア選手と比べると、ソツコワちゃんは、雰囲気全然違いますね。ISUのバイオを見たら、身長173cmとなっています。単に身長が伸びたというより、肩幅というか、上半身がガッシリした(ゴツくなった)印象です。

 そしてこのSPは全タノですよ・・・。彼女はタノをやらないところがスケオタから支持されていたと思うんですが、ロシア代表の3枠に食い込むためには、そんなことは言ってられないですよね。

 このSPは、なんというか、彼女の儚げな表情と細っこい体型から抱いていた私のイメージをぶっ壊すような、力強さに満ちています。この「ワルツ」の最後の盛り上がりは、ネイサンの「ダッタン人の踊り」のようなインパクトがあります。

 Time Violationで1点減点があって、でも、「67.69」というスコアはやや渋いような・・・。70点超えていてもおかしくない、素晴らしい内容です。



 フリーはドビュッシーの「月の光」です。どちらかというと、この曲の方が私が持っていた彼女のイメージなんです。

 ビックリしたのは、ジャンプの安定感ですね。昨季は回転不足に悩まされていた記憶がありますが、ラストの2AのみURが取られているものの、特に後半は楽々とジャンプを成功させていて、しかもタノ付きですから、オフに秘密の肉体改造でもしたの?というぐらい、別人の動きをしています。

 2本ノーミスで揃えられたら、絶好調の舞依ちゃんや新葉ちゃんでも勝てるかどうか、ちょっとこれは危ないぞ・・・というぐらい仕上がっています。間違いなく強敵です。

 ロシアの代表といえば、よほどのことが無い限り、メドベとザギちゃんは当確という気はしますが、3枠目は、現状ではソツコワちゃんが最有力じゃないかと。がぜんポゴちゃんやラジ子の仕上がりも気になります。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ