kazuki

 男女フリーも生放送で見て、結果も知っていますが、まぁ、ゆっくりいきましょう。今日は、男子SPの感想を。リザルト関係は「こちら」で。



 まずは、SPでトップバッターだった佐藤君。ロンバルディア杯でもジャンプは跳べていて、「そりゃNHK杯にアサインされるわけだ!」と思っていました。

 今回はロン杯よりもカラダがキレていて、3Aも4Sもきっちり降りて、いいパフォーマンスでした。この記事のアップは、フリーも終わって最終順位が出た後になりますが、SPの自信をぜひ全日本につなげてほしいと思います。



 つぎに友野君。西日本選手権ですでに衣装は変更になっていたようですね。佐藤君と同様に、4Sと3Aをきっちり着氷。しかも、ジャンプ以外がおろそかになるわけでもなく、パフォーマンス全体に余裕が感じられます。USクラシックよりも良くなっています。

 友野君もフリーの方が強力なプログラムだと思っていましたが、フリーについては後日の記事で。今回のNHK杯を機に、全日本でさらに飛躍してもらいたいです。



 キレキレだったヴォロノフさん。「助走が長い」と言われてはいますが、30歳にして、ここまでド迫力の4Tと3Aを跳べるジャンパーは、ヴォロノフと織田信成君だけですね。3Aのあまりの高さに、テレビで見ていて、ヘンな声が出ちゃいました(汗)。

 おなじ30歳でも、女子のコストナーの方が評価ははるかに高いという面はあります。おそらく、ベテランになってくると全盛期の力を発揮しにくくなる中で、「何を捨てて、何を残すか」という所が、競技へのモチベーションを維持する上で大事になってくると想像します。

 コストナーとヴォロノフとでは、きっとその部分での考え方が違っていて、ヴォロさんはジャンプが好きで、そのための練習も大好き。だから、これだけのジャンプを披露できるのだと思います。

 私は、コストナーが、構成の難易度を多少落として、その替わりにGOEとPCSでガッポリとスコアを稼ぐのを、ベテランのあるべき姿だと思っていました。

 でも、ヴォロさんの「ジャンプに特化する」という考えも、これはこれでベテランのあるべき姿なのだなと、職人芸的なものを見ましたね。



 ちなみに、このSPではピアソラの「アディオス・ノニーノ」を使用していましたが(後半部分の編曲は違います)、この曲は、私の大好きなコストルナヤのSP曲でもあります。私ももはや毎日聴くのが日課と化しているので、あのフレーズが流れて、ちょっとドキっとしました(笑)。

 そういえば、ビチェンコさんの「ハバナギラ」も、JGPファイナルに来るサモドゥロワが使っていて、あの無限ループのフレーズは強烈でした。なんだか、ブラックスワンもそうですが、今季は曲かぶりがけっこう多いですね。



 キスクラでのゆづへのメッセージがスポーツ紙や一般紙でも取り上げられていましたが、せっかくの機会なので、ジェイソンの演技の凄さもぜひ知ってもらいたいです。

 身体の柔軟性は有名で、バレエジャンプが180度以上開脚している部分とか、まずそこは驚異的です。しかも、氷の上でスケート靴を履いているとは到底思えない、舞台の上で素足でダンスを踊っているんじゃないか?というような、ちょっと常識では考えられない動きをしていると改めて感じます。

 柔軟性をさらに印象づける武器が、腕の長さと手の大きさなのかなと思います。フライングキャメルスピンの際に、左手一本で他の選手とは比べるまでもなく楽々と支えて、ポジションも最初からビシっと維持。そのまま足換えシットスピンが続きますが、スピンのポジションとスピードが安定していると、演技がダレず、ビシっと引き締まります。比べるのは酷ですが、佐藤君や友野君とはっきり差があるのは、スピンなのかなという印象です。

 スケーティングのスピードも冒頭からガンガン出ていて、しかも軌道も複雑。よく、「スケーティングといえばPさん」と言われてますが、ジェイソンも凄いですね。

 この人が、クワドをビシバシ跳んでいたら、無敵の強さになるんじゃないの?という気がしますが、そこはなかなか上手くいかないものですね。でも、着氷からスケーティングへの移行はスムーズで美しいです。いわゆる「アーティスティック部門」の種目が新設されたら、彼が一番強いことは間違いないでしょう。

 明日は女子のフリーをレビューします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ