satoko2


 すでに順位は確定していますが、今日は女子フリーの方を。リザルト関係は「こちら」で。



 まずは、優奈ちゃん。SPから衣装もメイクも大人っぽくなって、こちらもよく似合っていますね。SPでミスのあったルッツのコンビネーションの2ndを修正して、全体としては良かったです。

 プロトコルでは3Sが刺さっていますが、テレビで生放送を見ていた時には分からなかったです。2Aのお手付きと最後のループの抜けは残念でした。

 やはりシニア最初のGPということで、緊張感もあったのかもしれません。しっかり課題を持ち帰って、全日本でよいパフォーマンスを見せてほしいと思います。



 理華ちゃんは、特にこのフリーでは、丁寧に慎重にジャンプを跳んでいた印象です。逆に、ジャンプの入りの部分でスピードが足りなくなって、コンビネーションジャンプだけでURを2つ取られることになったのかなと。

 スケカナのプロトコルを見てみると、あのフリーよりは回転不足を減らせてはいるんですが、そのうちの3箇所は前回もURを取られているので、なかなか大変ですね。「スケカナだから」という話ではないことが分かった以上、ここは全日本までに気合いを入れて修正してもらいたいと思います。



 順位、スコアともに、以前の知子ちゃんのパフォーマンスからすると、今回のNHK杯について、きっと「物足りない」という意見はあるはずです。「ミス・パーフェクト」と言われ、「ミスしないこと」が彼女のトレードマークにさえなっていました。

 ところが、この二日間で目撃した知子ちゃんの演技には、彼女の新しい魅力が詰まっていると思いました。SP・フリーともに新プログラムで、しかも今季初の試合だというのに、一つひとつの所作が実に堂々としていて、余裕を持って表現できている印象でした。

 特にフリーの「蝶々夫人」は、上半身の動きが繊細で、リハビリ中のバレエレッスンなどが効いているのだなと思います。ジェイソンに私が感化されたわけじゃないですが、足元が微動だにしないスピンも本当に美しい。

 ジャンプについては、それはかつての知子ちゃんが出来ていたことですから、粛々と修正すればいい。むしろ、そこがクリアされれば、間違いなく以前よりも強い彼女が見られるはず。くれぐれもケガだけは気をつけて、スケアメがいまから待ち遠しいです。



 最後に、見事に台乗りを果たしたツルちゃんを。私は、ジュニア時代の、とくに強かった頃の彼女の演技をあまり知らないのですが、疲労骨折を経て、今季シニア初のGPにもかかわらず、SP・フリーともにパーフェクトでクリーンなパフォーマンスを見せてくれました。唯一ケチがつくのは、SPのステップがレベル3という部分だけです。これは驚異的と言っていいですね。

 今季のJGPで、解説のテッドさんが荒木菜那ちゃんの3LzのVTRを見ながら「ブーン!」とその高さを称えていましたが、この「ブーン」の声が出たのは、「ジュニア時代のツル以来」と、マニアの間で話題になっていました。たしかに、NHK杯でのこの高いジャンプを見ていると、なるほどなぁ・・・と納得です。

 こうなってくると、ロシア女子の3番手はツルちゃんになってもおかしくない。ポゴちゃんはまず怪我が心配ですし、ソツコワは回転不足の不安がある。ラジ子も、今季の状態は良いとはいえ、クリーンな演技を2本、コンスタントに揃えられるか?というと、怪しいです。

 ちなみに、ミスのあったコストナーが2位で、なぜノーミスのツルが3位なんだ?という議論があるようです。ただ、シニア一年目の子にそんなにPCSが出るはずがないのは分かりきっている話で、私はまったく驚かなかったです。良くも悪くも、いまのフィギュアスケートはそういうルールになっているので、ツルちゃんも、少なくとも2シーズンこの演技を続けて、ビッグタイトルの争いに絡むぐらいになってからでしょうね。

 そう考えると、来週のフランス杯は楽しみです。高いPCSが「約束」されているオズモンドに対し、最高難度のプログラムで挑む1年目のザギちゃん。ここに舞依ちゃんがどれだけ食らいついていけるか。

 明日は男子のフリー。明後日は「Memorial」のレビューをして、あと数日するとフランス杯ですから、最近ほんとうに一週間が早いです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ