2017-11-14-10-37-33

2017-11-14-10-38-20

2017-11-14-10-38-07



 2017年11月9日発売。バックナンバーのレビューは「こちら」。

 今回ロシア開催大会の特集号ということで、スペイン在住のカメラマン、ムツカワモリ氏がすべての掲載写真を撮影。昨年のマルセイユのファイナル号も彼でした。

 この雑誌は、そんなに頻繁に出版されるものではなく、マニアックなこともあり、本号に対して「某所からの圧力」は無かったようですね。

  冒頭の1頁から121頁まで、ノンストップでひたすらゆづ尽くしです。

 その後に、ネイサン2ページ、コリヤダ2ページ、試合結果と今季の大会日程表で2ページと続いて、もう奥付です。ポスターこそありませんが、表紙・裏表紙の裏の各々2ページもすべてゆづです。

 個々の写真について語りすぎると購入意欲が減退すると思いますので、誌面の様子を軽めにメモしておきます。

 ・ テキストは最小限です。上のゆづの120ページのうち、テキストがあるのは10ページ前後で、あとは写真のみです。そのテキストも、大会の主旨、大会結果、SP、フリー、エキシビの簡単なレポ、記者会見での発言に留めてあり、萌え系な「見出し」や「発言集」も皆無です。

 ・B5サイズなので、通信やジュエルズのようなA4サイズよりは小さい版型です。フィギュアスケートの雑誌でこのサイズは無く、分かりやすい例で言うと、サンデー毎日とか週刊文春のような週刊誌と同じ大きさです。もちろん、カバーや中身の紙質はフィギュアスケート雑誌のスタンダードな「ツルツルしたタイプ」です。サイズについてのみ、ご注意ください。

 ・ゆづ写真の配分は、SEIMEI>バラ1>代表ジャージ・URウェア>スワンという感じです。フリーは演技している時間が長いので、SEIMEIが多くなったのかなという気がします。エキシビでの記念撮影、表彰式、プレカンもしっかりフォローしてあります。

 写真のセレクションについて付け加えておくと、キスクラや移動中などは少なめで、基本的に演技中の写真重視という編集方針を指摘できると思います。

 演技中のゆづをとにかくたくさん見たい。衣装のディテールを確認したい。こういう方には自信を持って推奨できます。逆に、リンク外のリラックスした表情も求める向きには、ちょっと変化に乏しく単調な誌面に感じるかもしれません

 サイズの件もありますし、できれば書店で実際に手にとってみることをオススメします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ