2017-11-21-11-10-46

2017-11-21-11-11-55

2017-11-21-11-10-57

 2017年11月18日発売。去年のextraのGPシリーズスタート号は、シェイリーンのホプレガ解説が収録されており、ゆづファン的にはマストアイテムと言ってよい素晴らしい内容でした。

 それに比べると、今回は「薄い内容」というのが第一印象です。まぁ、二つともに持ち越しプロだし仕方ない面はあるんですが。

 今日は、ゆづ関連の記事についてフォローしてみます。写真撮影は和田八束氏が担当。

 まず、表紙は上記画像の通り、ロステレでのSEIMEI。めくると、例のホプレガの絵を持参してきた男の子と羽生君とのショット、目次の右ページはSEIMEIを演じる直前の目をつむってポージングするショット。

 ロステレの特集記事(4~35頁)では、まず、SEIMEI(4~5頁)とバラ1(8頁)が1枚ずつ。そして、羽生君のプレカンの紹介記事の中で、SEIMEIが4枚、バラ1が1枚、代表ジャージ2枚、UAウェア1枚の写真を掲載。さらにオマケでUAショットが4枚です。

 ロステレのプレカンのテキストについては、みなさんはマガジンでご存知でしょうから、新しい情報はありません。写真については、赤字にした「男の子とのショット」が、男の子を真正面から捉えていて、羽生君はやや斜めからという、珍しい角度なので、気になる方はチェックしてみてもいいと思います。全体的にバラ1の写真は少なく、SEIMEIが多めですが、それでも他誌と比べると、ちょっと少ないなぁ・・・というのが正直な所です。

 前述の通り、去年はシェイリーンのインタが入っていましたが、今年は、ブライアンも、ジェフも、トレイシーも、あるいはハビのインタすらないので、ゆづ目当てでは本当に厳しい内容です。ただ、ネイサンのインタの中で、シェイリーンとのプログラム作りの話が出てくるので、そちらは明日ご紹介します。

 そうなると、私がやることと言えば、「羽生」とか「結弦」というワードを、他の記事から拾う作業になります。2つご紹介しましょう。

 ・メドベ(ロステレのEX前の共同取材

 ―― 羽生結弦選手は今朝の取材で「ドラマティックに勝利したいと思っている」と話していましたが。

  「“ドラマのある勝利”は全面的に賛成!ドラマティックな勝利なら大きな感情が湧き上がるだろうし、自分自身に克てたと感じられるはず。『やったわ!』って。私もショートプログラムのあとは、ちょっとそんな感じでした。ウォーミングアップでは、ミスもあってあまりハッピーではなかったんですが、プログラムになるとやり遂げることができ、最後は勢いに乗れた。何か難しいことや、乗り越えなければならないことがあると、勝利の価値を実感できます。多くの労力、魂を注ぎ込まないといけないわけですから、いつもとは違う感情、強い思いが、そこにはあるんだと思います。すんなりとうまくいっているときよりも、勝ちたい気持ちも強くなりますからね

 →→「ドラマティックに」なんて、ゆづがいつ言ったの?と調べてみたら、本誌には無かったんですけど、マガジン(35頁)で見かけた、海外メディアとのこのやり取りかなと思います。

 ―― あなたは、外見とは真逆の強さを内面に持っているようです。敵をやっつけるヒーローのような。

  「そうですね…。なんか、う~ん…自分の中で、特にこれになりたいというのはないけど、アニメとかは好きだし、なんか、とにかく劇的に勝ちたいという気持ちはすごくあります

 で、このやり取りは、通訳を介して行われているので、マガジンでは、羽生君の肉声そのままに「劇的に勝ちたい」と掲載されていますが、通訳者は“dramatic”と英訳したのでしょう。

 「共同取材」という所を赤字にしましたが、このメドベへの質問はWFSのライターによるものじゃなくて、海外メディアがその“dramatic”のくだりをメドベに投げてみた、ということですね。

 そうか・・・羽生君自身が「ドラマティック」と言ったわけじゃないから、羽生君の会見記事の所で、そのやり取りを入れなかったわけですね。ただ、メドベのコメント自体は彼女の勤勉さの良く出た素晴らしい内容なので、良しとしましょう。

 ・ネイサン(ロステレのフリー翌日)

  「シーズンのはじめにユヅルに勝てたのは大きな一歩です。でも同時に、まだシーズンはじめだから、彼もぼくもまだまだやらなくちゃいけないことがある。すごい僅差なので、気を散らさないでやっていかなくちゃと思います。ぼくがやっていくのは、やはり芸術面を向上させること、全部のレベルを保つこと、GOEをできるだけ上げること、安定感を保つことになると思います。スケートアメリカまでの5週間で、一度ローリーと会って、表現面を広げたい。ジャパンオープンとこの試合の疲れを取って、リフレッシュしてシーズン後半に臨みます」

 →→自分の弱点をじつによく分析できていますよね。その意味では、羽生君や、あるいは今季の新葉ちゃんに近いものがあります。

 地上波の煽りPVなどで言われる、ネイサンの「新世代のクワドジャンパー」という部分ももちろん素晴らしいですし、彼の最大の武器であることは皆が認めている所でしょう。

 でも、決してそこだけに満足していない。もちろん、口だけ「表現ガー芸術ガー」などと言ってるんじゃなくて、そもそも五輪シーズンの今季の両プログラムが、非常に野心的で実験的なものであり、そこにトライする姿勢が素晴らしい。バレエ経験者ですから、芸術とは何か?表現とは何か?というのが、分かった上で言っている。

 もちろん、平昌五輪で金メダルを争う最大のライバルですけど、この競技をより高いレベルに押し上げるには、彼やボーヤンの頑張りが絶対に必要になってくる。この一節を読むだけでも、頼もしいなぁと、嬉しくなりました。

 明日も引き続き、extraの記事を見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ