junior

 日曜日の夜、BSフジで一部生放送という気合いの入り様だった、全日本ジュニア。おそらく、フジとしては、全日本の「予行演習」も兼ねていたのでしょう。その割にはカメラワークは「なにこれ?」という所もありましたが。

 女子シングルの上位3人のみレビューします。リザルト関係は「こちら」で。



 JGPで大健闘して、ブレイクした荒木さん。私が最も注目している日本女子のジュニア選手です。生放送を見ていたときは、全体的に良い演技に見えましたが、3Fにエラーと、3練コンボの最後の2LoにUR。たしかに、2Loはちょっと詰まり気味です。

 ただ、ちょっと「これは無いだろう・・・」と思ったのは、PCSの低さです。優勝した紀平さん(61.60)や、2位の山下さん(59.28)と比べて、荒木さんの演技に「52.56」というのは、そこまで差があるか?と疑問です。しかも、この52.56は、フリーの順位で言うと、3位の横井さん(54.56)、5位の川畑さん(53.04)、7位の滝野さん(53.60)より低く、13位の岩野さん(52.00)をわずかに上回る程度。まったくもって理解不能です。

 JGPベラルーシ大会で2位、最終戦のイタリア大会で4位と、ロシア勢と互角に渡り合い、惜しくもファイナル行きを逃した選手に、この仕打ちはないでしょう。プロトコルを見て、さすがに頭にきましたね。

 国内の試合で、全員日本人のジャッジで、名前が公開されるからこそ、しがらみ・師弟関係のアレコレでもあるのかと、嫌な想像をしてしまいます。

 まぁ、まずは全日本。そして、世界ジュニアも選ばれると思いますので、国際評価をしっかり固めてから、日本のアホなジャッジを見返してほしいです。これほどのビッグジャンパーはなかなか出てこないと思いますよ。



 山下さんは、SPの3Fのアテンション以外は、フリーはノーミスのパフォーマンスで、抜群の安定感でした。

 荒木さんや紀平さんと比べると、ジャンプの派手さという点ではインパクトが薄いんですが、ジャンプ、スケーティング、表現、すべてにバランスが取れていて、14歳で二人より年下の彼女がバランス型というのは興味深いです。

 おそらくもう一年、来季もジュニアで戦うことになると思いますが、ロシア勢に勝つために、どういう部分を伸ばしていくのか。彼女が3Aに挑戦しているという話は聞いていないので、ジャンプ後半型か、タノ・タケノコをつけるのか。樋口コーチがどう指導するのか、注目したいと思います。



 数日前の坂本花織ちゃんのスケアメのSPの感想で「後半固め打ちの暴力」という書き方をしましたが、まさにこのフリーの紀平さんのスコアの特徴は、「トリプルアクセルの暴力」と言うべきで、後半のループの抜け、ルッツコンボの2T跳びすぎというミスも帳消しになっていました。

 紀平さんは、いまやシニアでも比肩する選手のいない、世界一の3Aの名手であることは間違いないでしょう。そうなると、あとは、SP・フリーでノーミスの演技を揃えられるかという部分が課題になるでしょうね。

 この全日本ジュニアこそ、SPで出遅れても、フリーの3Aで逆転できましたが、名古屋のファイナルでは、トゥルソワをはじめとしたロシア勢に対し、SPで崩れたら命取りになります。いくらフリーで2本アクセルを降りても、他のエレメンツにミスが出ると、台乗りも危ないと思います。

 さて、何事もなければジュエルズの最新号を入手できるはずなので、明日は久々に雑誌のレビューができたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ