2017-12-06-14-24-14

2017-12-06-14-24-48



 2017年12月6日発売。Numberのバックナンバーのレビューは「こちら」。

 なんだか、久々に買ったような気がします。「デュエル」というのは、たしかに決闘とか決戦という意味もあるんですが、最近比較的耳にするようになったのは、サッカー日本代表がハリルホジッチ監督になってからで、監督がよく口にする言葉なんですよね。

 その意味は諸説あって、「球際の強さ」とか「一対一の強さ」とか、あるいは、選手個人のレベルではなく、「チームとしてボールを取りに行く攻撃的な戦い方」とも解釈されています。

 サッカーの記事も担当する編集者が、「銀盤の〇〇」のネタに困ってデュエルを使ったのかなと、勝手に想像しています。

 さて、まず羽生君に関して言うと、本号において「新情報はゼロ」です。松原孝臣さん、野口美惠さんというお馴染みのメンツが執筆していて、記事自体もそれなりのボリュームなんですが、既知の内容ばかりです。

 特に野口さんはブライアンとコネクションがあって、多少期待してはいたんですが、ブライアンの新しいコメントらしきものも一切ありませんでした。昨年は、ゆづとブライアンがさも4Loをめぐって仲違いしているかのような記事を書いていた彼女ですが、今季は五輪も控えていますし、陣営も警戒しているのでしょうか(汗)。

 本号については、2点コメントしたいと思います。

 (1)「ネイサンはもっとPCSが出てもいい!」

 誰が言っているのか。いま、ゆづファンの中で好感度ダダ下がりの小塚君です。「採点表から読み解く男子トップ3の可能性」(44~45頁)の中で、次のようにコメントしています。

  「(ファイブコンポーネンツは)もっと点数が出ていいと思います。特に今シーズンのSPは素晴らしい。8点台中盤というのは、残念ながら、ジャッジの採点に対する慎重さでしょう。新しいジャンルを切り拓こうと感じられる意欲作に対して反応できていない反面、逸脱した点数を出すとイエローカードを出されてしまうというジャッジのルールも邪魔をしています」

 ベンジャミン・クレメンティンのあの歌は、フィギュアスケートの選曲としては確かに斬新なんだけど、個人的には、ちょっとうるさいかな・・・と感じていました。でも、彼がこれだけ評価しているというのは、サプライズでしたね。

 じゃ、もっとテレビやスポーツ新聞でも、「ネイサンのネメシスは素晴らしい」って言いなさいよ!と思うんですが、そこは天下のトヨタさんの社員なんで、いろんな大人の事情があるのでしょう。

 ただ、この間も書きましたけど、羽鳥さんのワイドショーで相撲評論に限ってはキレキレな玉ちゃんのように、いいことを言ってるときは評価してあげたいなとは思っています。

 ちなみに、この記事の中で、ゆづに対しては「体調を戻すのがいちばん大事。クワドは2種類でいい」と言ってます。はたして、五輪本番を2種類で戦えるかどうかは謎ですが、全日本では2種類のみの可能性は高いと私は見ているので、そこでどれぐらいスコアが出るかですね。

 ちなみに、ネイサンの特集記事で、本田武史さんも「(PCSが)なんで8点台なのかわからない」(43頁)とコメントしています。

 (2)ボーヤンの写真は必見!

 「中国潜入レポート 金博洋 “4回転の申し子”誕生秘話」は、わずか5ページの記事なんですが、これは貴重です。だいたい、「中国潜入レポート」なんてタイトルがつけば、ブラック極まりない劣悪な労働環境とか、超絶ホラーな食品加工現場とか、おどろおどろしいネタで決まりなんですけど、まったくそんなことはなく、興味深い内容です。

 今回の記事を執筆するにあたって、中国の関係機関との交渉の末、11月18日、ボーヤン本人への直接取材が実現したとのこと。その甲斐あって、ボーヤンの自室、8歳の頃のショット、練習風景と、私の見たことのない写真がズラリと掲載されていました。

 テキストは、幼少の頃から、フィギュアスケートとの出会い、そしてクワドの習得に至る経緯が、簡潔にまとめられています。正直、「もっと読みたい!もっと写真あるでしょ!」と思うんですが、もしかすると、今後のNumberで(PLUSやウェブ記事も含めて)、小出しにされるかもしれません。ボーヤンのファンは、Numberの情報はフォローしておいた方がいいですね。

 ゆづファン的には、「このイカした表紙で、この内容?」と、ガッカリ感はあるでしょうが、Numberのフィギュアスケート特集ということで考えれば、590円で約50ページというボリュームは、わりと頑張ってくれた方だと思います。

 さて、私自身、気持ちはファイナルの方に向かっていますので、明日からは、ファイナルの感想記事を連投する予定です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ