image

 まず、須本光希君がSP3位と、よく頑張りました。後日、ジュニア男子はしっかりレビューしますので、ご了承ください。

 というわけで、今日は、ジュニアの女子のSPを。みんな素晴らしすぎて、正直すでに、もうこの大会は「お腹いっぱい」という感じもします。

 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」。



 紀平さん、頑張りました。ノーミス演技の66.82で4位発進。スピン、ステップともにすべてレベル4を取れていますし、上々です。彼女はフリーが全てですから、幸先よくスタートを切れたことが何よりの収穫です。



 つぎにタラカノワ。エテリ組の中で、不安定さが出てくるのは彼女かなと思っていたんですが、彼女もノーミスで67.90の3位。リプレーでしっかり確認できますが、フィニッシュ時のウィンクを、解説のテッドさんは見逃していなかったですね(笑)。



 パネンコワは、ジャンプ全後半&タノ・タケノコなので、速報値でタラカノワよりもTESが出ていなくてビックリしました。すると、ステップでレベル3、フリップでアテンションがついて、若干減点があったようです。65.65というスコアで5位になってしまうという、恐るべきレベルの高さ。しかし、彼女の「たけのこの里」はフリーでこそ真価を発揮するので、順位を上げてくる可能性はあると思います。



 そして、コストルナヤ。私は彼女のファンでもあるので、ドキドキしながら見ていましたが、鳥肌の立つようなパーフェクトな演技でした。71.65で2位。ビジュアルが私好みというそういう面を横に置いても、例えば、ジャンプの入りと出の複雑さ、コンビネーションジャンプでは、1stのフリップよりも2ndのタケノコトウループの方が高かったり、イナバウアーからそのまま2Aと、複雑な技術が詰め込まれています。ジュニア時代のメドベやザギトワよりも完成度は高いと思います。だからといって、シニアに上がって先輩たちより活躍できるかというと、それは分かりません。とはいえ、「いまの彼女にはこれ以上を求めない!」ってぐらい、このSPは大好きですね。



 サモドゥロワも、ジャンプはすべて決めて65.01。ルッツにアテンションがついていますが、このスコアで最下位というのが今大会の恐ろしいところ。SPはちょっと曲で損しているかな?という気もするので、フリーのリベルタンゴで巻き返してくることでしょう。



 もう、トゥルソワはラスボス感が出ていますね。彼女の見かけと曲調で「なんでこんな子どもがここにいるの?」という感じなんですが、それでもスピンとステップはすべてレベルを取れていて、後半になったらやっぱり凄いですね。2ndループをつけたフリップのコンビネーションは、いまのザギトワよりも回転速くて上手いんじゃないかと。ジュニアで13歳で、73.25という異次元のスコア。もし万が一、フリーで4Sをクリーンに降りたら、220点近く出てもおかしくないという、すごいものを目撃できるかもしれません。

 すでに、ライスト視聴組の実況スレでは、「神大会」「史上最もハイレベルなJGPF」「天下一武道会」とか、驚きと歓喜の書き込みをいくつも見かけました。同感ですね。

 「おそロシア」という言葉は、このジュニアの女子シングルにこそ最もふさわしい。その最強軍団の中で、4番につけている紀平さんを誇りに思います。でも、彼女の本当の実力はフリーでこそ発揮されるわけですから、ぜひ頑張ってもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ