C99FBE64-304A-47A0-B1CC-A3A62ED43130

30FFB22D-E20E-4CF2-A632-C2D38D6C8198

6D181E4A-E807-4F7C-8847-DA32179C6B1F

FDD08D33-D1CA-4D13-9CA9-00E61FC2718D

880F077F-BCB0-421B-85A8-4C780F72404B

074081F1-3248-498F-B149-48F717817493

 一昨日昨日に引き続いて、全日本現地観戦記の3日目です。この記事は24日のお昼から書き始めていますが、これがアップされる頃には、日本代表は決定していることでしょう。

 まぁ、女子シングルは、常識的に考えれば、知子ちゃんと花織ちゃんで決まりだと思うんですが、なにしろ、あのスケ連だからなぁ・・・と、この団体や伊東のおっさんを信用しきれない自分がいます。

 では、観戦記の方へ。女子フリーがメインのこの日を、もっとも重要視していたので、16時前に現地に到着して、全競技を見てきました。

 飛田給駅前のコンビニで買う肉まんも、3日連続はさすがに飽きるので、3日目はチーズカレーまんにしたら失敗しました。普通に肉まんでよかったわ(涙)。

1223

 この日は、Kブロックの2列目。で、これまでの記事で文句を言ってきた「隠れて見えないスクリーン」なんですが、このKブロック側から見える赤枠のスクリーンは、ちゃんと上まで見えるのです。ただ、スクリーンのサイズ自体が小さく、天井から低い位置に吊っているのかもしれません。

 実は、女子フリーの第3グループの舞依ちゃんまでは赤丸の座席で見て、最終の第4グループは、青枠辺りの立ち見エリアから観戦しました。理由は、最終滑走まで見た後、すぐに会場を出るためです。この座席表で言うと、Nブロックの右上の方に、たった一か所の出入り口があるからです。

 さて、試合の感想については、第3グループから。個人的に一押しの荒木さんは、ジャンプで2つミスがあり、スコアは伸びませんでした。上から見ていて、後続選手と比べると、スケーティングもスピンも元気がなくて、この辺りの強化が今後の課題になりそうです。

 

 実を言うと、この日、もっとも衝撃を受けたのは白岩優奈ちゃんでした。この前の滑走の横井さんの演技は、会場でもスタオベ客が続出するほど充実していましたが、優奈ちゃんのスケーティングの速さは、ギアが2段階、いや3段階は違う感じです。フェンスに突っ込んでいくんじゃないかと、心配になるほど。

 しかも、ジャンプの回転スピードも全然違う。テレビや動画で見ると、彼女のジャンプって「巧い」とは思っても「速い」とは感じなかったんですが、この日、上から見ていたら、知子ちゃんよりも回転は速いのでは?とさえ感じました。もちろん、ジャンプ自体の高さは知子ちゃんよりも出てるので、これは凄い武器ですよ。

 彼女のスケーティングは、リンク全体を使って縦横無尽に躍動していて、あえて高い位置から観戦すると魅力がよくわかるかもしれません。お金を払ってでも見る価値のあるスケートだと思います。

 つぎの滑走の舞依ちゃんも、よく頑張りました。私もスタオベで手が痛くなるぐらい拍手を送りました。ショートでのミスを「リベルタンゴ」というプログラムのせいにする人がいますが、ヘルシンキでもSPでミスがありましたし、同じチームの花織ちゃんはリショーさんのプロを2本ともほぼ完璧に滑っているわけで、舞依ちゃん自身が、ショート自体に対する苦手意識というか何らかの問題を抱えているとみるべきでしょう。

 ただ、会場での声援、人気度で言うと、舞依ちゃんは知子ちゃんといい勝負で、現地観戦するような気合いの入ったスケオタから愛されている証拠です。私も含めて、まだまだ彼女のスケートを見たいファンは大勢いますから、頑張ってほしいです。

 ここから場所を移動して、青枠の辺りに陣取りました。この時間になると、ショートサイドもロングサイドも、立ち見席は8割以上埋まっていたかもしれません。

 さて、新葉ちゃんですが、SPで2Aをミスったこともあって、最初の入りが心配だったんですが、まったく危なげなく2Aを決めて、お、いいじゃん!と思ってたんですけどね・・・。怪我の情報も入ってきましたが、やっぱりそうだったか・・・じゃあ、しょうがないね、という感じです。

 えーっと、真凛ちゃんについて少し。ジャンプのミスは、今季の彼女のパフォーマンスから考えると仕方ない部分もあるんですけど、それよりも気になったのは、上から見ていると、動きがこじんまりとしているんですよね。同門の優奈ちゃんと比べると、スケーティングのスピードは明らかに出てないし、活動エリアも狭いというか、ちょっと動いてちょっと跳んで、みたいな印象なんですよ。

 せっかく身長もあって、上半身の動きもキレイなのに、それを生かすようなパフォーマンスになっていない。選曲や振付に問題があるのか、スケーティング自体に難があるのかは分かりません。今大会に関しては、ジャンプのミスがあったから妥当なスコアなんですけど、いまいちPCSも上がってこないのは、その辺りにも原因があるような気がします。

 知子ちゃんも、プレッシャーの中、よく頑張りました。正直言うと、NHK杯は別にして、スケアメや名古屋のファイナルと比べて、この日のフリーが特別際立っていたとは思いません。PCSの74点台というのは、ファイナルのコストナーに出た点数ですから、ちょっとなぁ・・・という気はします。まぁ、日本のナショナルの優勝者には220点ぐらいは出しておいて、五輪に向けて、他国にプレッシャーをかけるという意味はあるのかも。

 ただ、リハビリ中に徹底的に磨き上げた、スピン、ステップ、所作のクオリティは、今日の他の選手を大きく引き離して、彼女が一番だと思います。

 最後に花織ちゃん。いやぁ・・・この「アメリ」が、彼女の今後の人生を左右するような、勝負のプログラムになるとは、今季初めには誰も予想していなかったんじゃないでしょうか?DOIでお披露目された時から評価は真っ二つに割れていて、ネットでは「色物扱い」すらされていました。

 私自身、彼女は、平昌五輪の代表争いは厳しいと思っていたので、北京を考えた時に、「アメリ」のような特殊なプログラムを今のうちに演じておいて、表現の幅を広げることは大切で、その意味で、このプログラムを支持していたのです。

 でも、上から見ていて、「この4分で人生変わるよ!がんばれ!」と念じるようにして見ていました。スケアメに比べると、ジャンプもスケーティングもかなり慎重に入っていた印象ですが、五輪代表のかかるこの全日本の、しかも最終滑走で、よくまとめたと思います。

 最後のスピンから拍手が鳴りやまず、現地にいた方はご存じのはずですが、選手・コーチがキスクラに座ってからも、ちんたら採点していてなかなかスコアが出ないので、観客がまるでコンサートのアンコールを要求するように、手拍子で煽っていました。それで、139点というアナウンスが流れて、会場全体から、

  ええええぇ・・・・

 こういうのって、ボクシングの中継の場合、ありえない判定結果だと、観客だけでなく、アナウンサーも解説者も「ええぇ」って正直に言うんですが、フィギュアスケートの中継もそれを見習ってほしいものです(笑)。

 表彰式は見ずにすぐに会場を出たので、帰宅はスムーズでした。後でフジの放送を見ると、橋本聖子がやらかしていましたが、もはや私の中で、この人はスポーツをやっていた人という認識はなくて、森喜朗あたりと同列に見ています。もし、森のじーさんが「さとこ」と読めなくても腹が立たないのと同じで、どーでもいいけどはやく辞めてくんねーかな!と、それだけですね。しかし、そういう人間がご立派な地位に居座れるのが、残念ながら、この日本社会の特徴なんですけどね。

 これから、男子フリーを見るために、出かける準備に取り掛かりたいと思います。羽生君からのビデオメッセージがあるかどうか・・・そこは気になります。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ