mirai

 日本時間の1月4日のお昼から全米選手権が始まりました。Jスポでは4日連続で生中継で、1日目は女子のSP。今日の放送だけで、3時間30分ほどのボリュームで適度に早送りしながら見ていました。

 平昌五輪でのアメリカの女子シングルの枠は3人。五輪の枠といえば、「日本の男子に3枠もいらんでしょ!女子に1つあげよう!」なんてずっと言われてきましたが、今日の放送を見ていて思ったのは、アメリカの女子は違う意味で深刻だなと。3人に、誰が選ばれたとしても、五輪ではメダルどころか最終グループにも残れない可能性が高そうです。

 もちろん、全米より全日本の方が「レベルが高い」とは言いません。ただ、ロシア選手権を見た後だと、こりゃ、あかんなぁ・・・という思いを強くしました。以下、上位3人を順番に。



tennellsp

 1位のテネルさん。スケアメで3番に入るまで、私はまったく知らなかった選手です。解説の鈴木明子さんが「70点・・・超えるでしょうか?」みたいな話をしていてスコアを待っていると、もっと良い点がガツンと出ました。

 全日本の坂本さんのSPが73.59で、TESが40.93でしたが、この構成でなんで40.88も出るの?・・・このルッツのコンビネーションにGOE+1.80だって?・・・と、まぁ、「ナショナル」というのは、自国のトップ選手の存在感を世界にアピールする意味があるとはいえ、内容とスコアがちょっと釣り合っていない。

 ステップの時も、上半身の動きが硬くてぎこちないし。スケアメも含めて、大きなミスをしないという点が、この選手の強味でしょうか。



miraisp

 実況の小林千鶴さんの情報で、長洲さんは「ワールドに2回しか出ていない(2010年・2016年)」という話がありました。4位に入ったバンクーバー五輪の直後(トリノ大会)と、ボストン大会ですが、彼女が再びアメリカ女子のトップ争いしていることは、何を意味するのか。

 それは、やっぱり、若手が育っていないのだなと。それを言ったら、北米という括りだと、カナダだってケイトリン一強状態で、デールマンも本調子ではないし、人材難が顕著ですね。

 さて、長洲さんの演技については、彼女の3Aの特徴は高さにあると思っています。高く上がって、回転が足りずにそのままズドンと落ちるのが良くないときのケース。今回もちょっと足りないんじゃない?と思ったんですが、3A自体は認定されて着氷の乱れをGOEでマイナスされました。でも、これだけガッシリした体型で、しかも24歳という年齢で3Aに挑戦していることが、素晴らしいです。



karensp

 3位がカレン・チェン。1年前の全米の順位が番組冒頭で表示されていて、214.22で彼女が優勝しました。その後、ヘルシンキでは三原舞依ちゃんを抑えて4番に入っています。いまいちテレビで見ているだけでは、その実力が分からなかったんですが、代々木での国別で彼女の演技を生で観ると、身体は小さいのに存在感をビシビシ感じました。おそらく、ジャンプ、スケーティング、振付、そして衣装と、トータルで力と華のある選手なんだと思います。

 今季は、スケカナ7位、スケアメ8位と不調です。これは私以外も感じておられる方はいると思いますが、明らかに太ももや上半身の肉付きが良くなったというか、特にジャンプをきっちり回り切って降りることに苦労しているように見えます。このSPでも、冒頭のコンビネーションのセカンドでURを取られました。

 他にも、アシュリーやマライア・ベルのような選手も出場していましたが、テネルと長洲さんは決まりかなという気がします。カレンが3番を死守できるか、アシュリーがフリーで順位を上げられるか。この順位次第では、もしかすると、3人目はけっこう揉めることになるかもしれません。

 明日は男子SPです。こりゃ、ネイサンにも相当な高得点を出しそうな予感がします・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ