mirai

 全米選手権の3日目。女子フリーです。

 まず、総合順位は、1位・テネル、2位・長洲さん、3位・カレンという結果になりました。五輪代表の発表は現地6日(日本時間7日)で、本大会とグランプリシリーズなどの成績を加味して決められるとのこと。

 4位のアシュリーもGPで良かったわけではないし、やはり今大会の3位までがそのまま五輪代表になるんじゃないでしょうか。



 2位に入った、長洲さんから。冒頭の3Aは、これは足らないでしょ?と思いつつも、認定されてのGOEマイナスという判定。この大会はそういう方針なのでしょう。彼女に限らず、全体的に回転不足の取り方は甘めです。

 NHK杯がそうでしたが、彼女の場合、3A以外のジャンプでミスを連発してしまう点が課題。ただ、このフリーでは、後半のルッツのUR一本に留めました。演技直後から涙が止まらない彼女でしたが、コンディションをもう一段階上げて、オリンピックで頑張ってもらいたいです。



 3位のカレンは、フリーのスコア自体は4位。プロトコルを見ると、エッジエラー1つ、回転不足3つ、ダウングレード1つと、苦しい演技でした。

 解説の鈴木明子さんが「ジャンプは幅があって大きい」と言っているのは、その通りなんですけど、その後のコントロールが効いていません。特にコンビネーションジャンプだと、1本目はドン!と跳ぶんですが、2本目では回転の勢いが無くなり、そのまま詰まって落ちる。調子の悪い時の樋口さんのような感じです。

 魅力溢れる選手なので、個人的には応援しているんですが、ジャンプの問題を解決して、演技が安定してこないと、トップレベルの大会で台乗りするには厳しい感じはします。



 優勝はテネルさん。2Aで回転不足がありましたが、ノーミスだったら220点超えということですか。別に彼女に恨みがあるわけじゃないですが、この子の何がいいのかな?と思って放送を見ていても、「ジャンプのミスが少ない」という部分以外、私にはちょっと思い当たりません。

 長身で細身の体型なのに、上半身の動きが、ブツ切りな感じに見えるのはなぜだろうかと。単純に身体に柔軟性が無いというだけでなく、スケーティングスピードの遅さにもあるような気がします。例えば、これがカレンだと、ジャンプはボロボロだけど、もっとスケートが「走っている」感じがあります。ただ、あくまでもこれは私の印象、好き嫌いのレベルですので、悪しからず。

 ところで、本人もTwitterでつぶやいていたそうですが、グレイシーがやる気になっているという話ですね。いま抱えている問題をクリアすれば、彼女ならすぐに国内で一番になれるのでは?と思います。年齢的にも、北京も十分頑張れるはずで、ぜひまたチャレンジしてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ