mai1

 今日から四大陸選手権の感想記事です。まずは女子SPから。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

resultssp

 フジは一日遅れという舐めた放送予定なので、今日もライストが大活躍でした。日本の3人を滑走順に見ていきましょう。



 衣装を、全日本のブルー風味のものから、前のパープル系に戻しましたね。前髪とメイクを一新してよく似合っています。

 ステップでレベル3、フリップでアテンションがつきましたが、間違いなく、今季これまでで最高のリベルタンゴだと思います。「こりゃ、70超えはもちろん、71行くか?」と思ったら、もうちょっとでしたね。

 まぁでも、リベルタンゴを滑った後に、ガッツポーズ&安堵した表情の舞依ちゃんを見れただけでも、ハッピーな気分です。



 現地入りしてから、中野先生に怒られたとか、魚の目の話とか不安なニュースが続きましたが、さすが全日本で勝負強さを発揮した花織ちゃんだけあって、ジャンプはきっちり決めてくれますね。

 動画で確認できるんですが、私もライストで見ていて、演技中のカウンター表示ではステップが「レベル2」と出ていて、「はぁぁぁ?なんで?」と意味不明だったんですけど、レベル3に修正されています。

 PCSでは舞依ちゃんをわずかに下回りながらも、やはり後半固め打ちの難構成が効いています。アメリもしっかりノーミスを揃えて、五輪に向けてイイ感じで入っていってもらいたいですね。



 ちょっとレベルが違うという演技でした。知子ちゃんのスピンのクオリティと、キビキビとした所作のキレ味はロシア勢に肉薄していると思います。べつに日本人選手だからひいき目に見ているんじゃなくて、舞依ちゃんや花織ちゃんと比べて、その2点ははっきり上だと思うので。34.40というPCSも、私は納得感があります。

 今日はジャンプは大丈夫かなと思っていたんですが、冒頭の3Lzで刺さっていました。キスクラで濱田先生も知子ちゃんも厳しい表情をしていましたが、でも、まったく落胆する必要はないかと。

 彼女の場合、回転不足だけがネックなので、しっかり気を引き締めておくという意味では、ここから修正・調整すれば大丈夫。

 知子ちゃんは今大会で優勝すると、五輪のSPは最終グループで滑れるという話なので、フリーも踏ん張ってもらいたい所。

 さて、3人のプロトコルをまとめて並べてみます。

judgessp

satokosp

kaorisp

maisp

 PCSについては、知子ちゃんに7点台をつけたメキシコ(J1)、そして、花織ちゃんに6点台をつけているカザフスタン(J9)の異様な採点がまず目につきますが、日本人3選手に対して全体的にsage傾向という感じです。

 一方、日本(J7)の採点はまあ当然として、アメリカ(J8)の高評価は、五輪代表選手を派遣していないこともあるのかもしれません。

 ただ、例えば、オーストラリア(J4)は、花織ちゃんには7点台を並べて辛いんですが、舞依ちゃんには日本(J7)よりもいい得点を出していたり、けっこう好みを出しているのかなぁと。

 言ってみれば、この3選手はそんなに大きなミスが無かったので、各ジャッジが比較的自由に採点したのかもしれません。

 さぁ、明日の男子はどういう点のつけ方がされるのか・・・。いろんな意味で楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ