boyang

 四大陸選手権の2日目。今日は男子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 23時前から書き始めたので、動画のリンクと軽いコメントのみでお許しください。

 特に印象に残った演技は、ミーシャ、ボーヤン、ジェイソン、刑事君の4人ですね。









 まず、ミーシャ。「これがフィギュアスケートにおける表現力ってもんでしょ?」と、ひとつの基準を提示してくれる、素晴らしい演技でした。

 なにが凄いって、指先まで計算し尽くされた所作に加えて、全身から発せられる「怪しい雰囲気」が、やはり唯一無二ですよ。

 ジェイソンの表現力が、スケーティング・スピンの質、身体の柔軟性、そして音感という、主としてテクニックやフィジカルに裏打ちされたものだとすると、ミーシャって、才能とセンスの塊だと思います。プログラムも自分で作っているわけですしね。会場はガラガラだけど、この二人への声援は、キャーキャー!って感じで、意外な驚きでした。

 ボーヤンは、一言でいって最高の演技でした。詳しい説明は省きますが、将棋の藤井猛九段という棋士が、「鰻屋の鰻」と「ファミレスの鰻」という表現を使って、同じ戦型だとしても、指す棋士によってクオリティと深みが全然違うって話をするんですが、

  ボーヤンの4回転は鰻屋の鰻!

 しみじみと、こう言いたくなりましたね(※日本の鰻のクオリティを落としているのは中国産だろ?というツッコミは無しで!)。本家はやはり違いますよ。

 誰の4回転がどこの鰻か?という話はあえてしませんが、今日のボーヤンのショートは、「これだよ!見たかったのは!」と、爽快感のある演技でした。昨年に比べて、「ローリーの独特なプログラムで表現を勉強中」というような「ぎこちなさ」もなくなってきて、すごくハマってきていると思います。ジャンプの調子も良さそうなので、フリーもやってくれそうな期待感があります。怪我の影響が心配されていただけに、元気な姿を見せてくれたことが、何よりも嬉しかったです。

 刑事君は、4S、3Aともに、物凄く余裕をもって着氷しているように見えました。転倒や抜けの雰囲気がまるで無いので、やはり秋以降の猛練習が効いているのだと思います。

 女子と比べると、メンツ的に揃っていて、最終Gの一つ前のグループでも、ハンヤンやナム君はまずまずの演技でした。

 そうそう、ハンヤンの演技後、フラワーガールがもたついていたのか、リンクに投げ込まれたぬいぐるみを、ナム君が拾って、これから自分の演技が始まるというのに、わざわざハンヤンに渡しに行っていました。思わずほっこりする、良いものを見られて、ハッピーでした。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ