kobes

 四大陸選手権の3日目。女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 SPと同様に、日本の3選手を滑走順に見ていきます。今日はフジの生放送で観戦。すーさんの実況はさすがの安定感でした。いつもはペア・アイスダンスを中心に仕事をされていますが、シングル競技も彼にやってもらいたいですよ。



 強いて挙げれば、スピンの減点2つぐらいですが、ステップはレベル4だし、ジャンプは、回転不足もエッジエラーも無しの完璧な内容。正直いって、全日本のフリーでの回転不足は、未だに不可解としか言いようがないんですが、国際大会でしっかり認められたのだから、もう誰も文句は言わないでしょう。日本女子で、いま一番強い選手ですね。

 中盤折り返しの「マイム」の部分が短縮化されたというか、「マイムへの入りと出」がスムーズになっていて、そして今日は柔らかい笑顔で演じきる余裕も見られました。矯正も取れてますますかわいくなりました。

judgessp

kaorisp

judges

kaorifs

 それにしても、SPのPCSで5項目で7点台をつけたメキシコ(今日はJ3)は、フリーでは9点台を4項目。SPで4項目で6点台をつけたカザフ(今回もJ9)は8点台4つに7点台1つと、どんだけブレブレなのかと・・・。



mai

 花織ちゃんの直後に見ると、さすが先輩、上半身の柔らかい表現は一枚上ですね。フリップのアテンションと3連ジャンプでURこそありましたが、ジャンプは高さが出ていた方だと思います。

 荒川さんも言ってましたが、ちょっと後半疲れましたかね。ステップで伸びを欠いていたように見えましたが、それでも140点台を出せるのだから、今季のフリーは本当に彼女も滑りやすいのだと思います。数シーズン後、再登板もあるんじゃないか?と、その時、成長した舞依ちゃんが、さらにブラッシュアップされたこのプロを演じるのを楽しみにしたいです。



satoko

 演技直後、鈴木さんが実況だったからか、実況席の手元に届いているであろうレビュー状況をすべて口頭で挙げていて、その通りにガッツリ刺されていました。それでいて、3Sの転倒は、はっきり軸が傾いていたので、どうしちゃったのか・・・。

 全体的に、ちょっと元気がなくて、SPと比べてスピードが明らかに足りてない印象。本当に足の甲の痛みだけなのか?と、ちょっと心配になる出来でした。

 でも、SPはキレキレでしたから、あの良いイメージで、自信をもってあと2週間、調整してもらいたいです。

 知子ちゃんのスコアが出て、自分たちの方が順位が上なのに表情を曇らせる神戸組の二人を見て、改めて、コーチの教育と指導がしっかり行き届いているのだなぁと感心しました。

 これが、日本を代表し、世界を相手に闘うアスリートのあるべき振る舞いです。こういう態度を若いスケーターたちは手本にしてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ