IMG_9806

IMG_9807

IMG_9808

IMG_9809



 ほぼ記事を書きあげた時点で、突如ブラウザが強制終了して、約3分の2のテキストが消えました・・・。こまめに保存しない私が悪いんですが、今日は別のブラウザで書いていたこともあって、リカバリーも効いておらず・・・。本書のタイトルじゃないですが、泣かせてくれるじゃないですか。

 さて、織田君の著書から、今日は、羽生君について語られている第四章を見ていきます。

 まず、この第四章は「141~174頁」と、35ページものボリュームで、城田さんの本の「ゆづ章」が、いま数えてみたら22ページだったので、はっきり多いですね。

 以下、気になった3点をピックアップしてみます。

 (1)負傷と平昌五輪での可能性

 いきなり、昨年のNHK杯での故障の話から始まります。当然、五輪に間に合うか?どれぐらい戻っているか?という話になりますが、ここでの織田君のトーンは「かなり慎重」という印象を受けました(144頁)。

  「たとえばショートで大きくミスをしてしまい、フリーでは少しのミスも許されない、そんな逆境も、試合にさえ出ていれば闘争心という炎が燃え盛っているので頑張れるものです。特に羽生選手は皆さんがご存知のように逆境に強い、逆境になればなるほど燃え上がる炎を内に持つ選手で、息ができないほどのプレッシャーにさらされても100%の力を発揮することができます」

  「しかし、氷に乗れない、戦うことができない状況というのは、その内なる炎がやはり小さなものになってしまいます。だから今回直面している逆境において、羽生選手が過去に示してきた『勝負強さ』あるいは『逆境力』を発揮されるかどうかというのは、未知数であると言わざるをえません

 何の根拠もなく、手放しで「やってくれる!」と言わない所は、織田君が指導者として責任ある立場だからだろうな、と感じました。

 もちろん、話はこれで終わりではなく、「怪我の功名」という部分も指摘しています(146頁)。

  「シニアデビュー以来、特に前回のソチオリンピック以降は、休む間もなく走り続け、近年は体のどこかに怪我を抱えることも多くなっていて、完璧な状態を保つことができませんでした

  「この望まざる休息期間に心身ともに状態を整え、勝つためにできる現実的な作業にシンプルに取り組むことによって、あるいは金メダルが近づくということもあるかもしれません。高く跳ぶために十分すぎるほどにしゃがみ込んでいるでしょうから」

 「怪我で氷上練習ができない→ジャンプが跳べない→勝てない」と考えがちですが、今季、知子ちゃん、草太君、メドちゃん、あるいはボーヤンのように、怪我からの復帰後、ジャンプ以外の面ではっきりとレベルが上がっているケースをたくさん見てきました。

 そう考えると、あの羽生君が昨年11月からの約3カ月間を、無為に過ごしてきたわけがない。
むしろ、ジャンプにあれだけ拘りを持つ彼は、ジャンプを跳べる時期はジャンプ練習に重点を置いていたであろうことを考えると、この期間はジャンプ以外の部分に徹底的にメスを入れて、磨き上げていったように想像します。そこが、織田君の言う、「勝つためにできる現実的な作業にシンプルに取り組む」ということかもしれません。

 ジャンプについて、織田君の見立ては、「今回のアクシデントを踏まえ、羽生選手は4回転ジャンプを少なくとも種類において絞ってくると思います」(145頁)というものでした。本書にも「サルコウとトウループだけでも戦える」とありますが、外すのはルッツだけなのか、ループはどうなるのか、この部分は具体的には踏み込んではいませんね。

 まぁ、それももう間もなく、現地での公式練習等で明らかになることでしょう。

 (2)ゆづの研究熱心さ

  「僕はフィギュアスケートの映像を見るのが大好きでして、ついつい『あの選手の滑りはこうだよね』という話を他の選手にしてしまいます。ほとんどの選手は、『ああ、そうだよね…』で終わってしまうのですが、羽生選手は『それ、すっごくわかります!』と食いついてくれるんです

  「羽生選手は他の選手の滑りをものすごく見ていて研究していることを知りました。僕にとっては、スケートの話題で盛り上がることができる、唯一に近い仲間だと言えます

  「シーズンオフのアイスショーであっても、羽生選手は他の選手の練習を見ています。その熱心さは、『スケートって、研究をここまでしたら、こんなにも上手くなれるんやな』と思うほどです。他の選手の演技も自分の演技も映像で振り返って研究し、いいところを自分のスケートに取り込んでいるようです

 この部分(157~158頁)を読んでいて、どっちの立場も分かるなぁ・・・と感じました。

 例えば、私はフィギュアスケートのブログ、特にゆづファンのブログはまったく見ません。それには理由があって、ウチの読者さまは「ブログランキング」から来ていただいている方が大半で、ランキング内の他のブログもフォローしている可能性が高い。すると、もし私まで、それらのブログを熱心にチェックしていると、トピックス選びから、主義主張に至るまで、影響を受けかねません。「今日これ、別のブログでも見たな・・・時間の無駄だったわ」と思わせないように、気をつけるようにしています。

 もしかすると、他のスケーターを研究していない選手からすると、「誰それのコピーとかパクリと思われたくない」から、自分のスケートを磨き上げることに集中しているのかもしれません。

 一方で、フィギュアスケート雑誌の読者、つまりスケートファンとして言えば、自分の話しかしない選手のインタって、つまらないんですよね。それでいて、いざ「どんな選手を目指してますか?」と聞かれたら、「大ちゃんみたいに」なんて回答が出てくると、ガッカリ感が・・・。まぁ、アスリートは結果を出してナンボですから、誰を目指していようがいまいが、強い選手になってほしいと思います。

 でも、それだけ羽生君が研究熱心ならば、いずれ、織田君との対談という形で「注目選手」の話もしてもらいたいです。日本的なしがらみの無い人たちですから、ロシアの女子のこととか、自由に語ってくれると思うんですけどね。

 (3)ストイックなゆづ

  「実はユヅとはプライベートで会ったことはほとんどないんです。遠征先のホテルでも1、2回ご飯を食べたことがあるかどうか…。『今度一緒に焼肉でも行こうよ』みたいな話になって、『あぁ、行きましょ、行きましょ!』ってやり取りはしても、羽生選手はカナダに住んでますから、物理的になかなか行くチャンスがりません」

  「一方で、彼はプライベートを完璧になくしているとでもいうか、遊びには行かないようにして、スケートにできるかぎり集中したいと考えているようです。僕も社交辞令で誘いますが、行かないことが彼のためになると知っています。これは、僕が現役のころから変わりません

  「ノリがいい性格のユヅですから、本当はみんなと楽しく過ごしたいし、話もしたいはずです。でも現役選手である以上は、スケートに必要のないものはすべて削ぎ落して、やるって決めたらやる。『スケートを極める』その決意がすべてに勝っているのだと思います」(以上、165~166頁)

 「行かないことが彼のためになると知っています」という部分に、織田君の誠実さが出ていますね。

 いまや、日本人のオリンピックのメダリストでも、インスタやTwitterで、「リオ組で飲みに行ってきました!」というような写真をアップすることがありますよね。競技の垣根を超えたメダリストたちが、都心の隠れ家系ダイニングバーみたいな所で、生ビール片手に乾杯ってノリの写真です。

 ただ、すでに現役を引退しているならいざ知らず、「東京五輪も目指します!」と公言している人だとしたら、なんだかなぁ・・・と感じます。

 その点、羽生君はやっぱり独特ですよね。SNSやブログをまったくやっていない、偉業を成し遂げた人って、イチローとか将棋の羽生さんとか、40代以上の人だとけっこういるんですが、20代前半というのは、ちょっと思い浮かびません。

 でも、孤高のレジェンドは、そうあってほしい。そう考えると、「情報の発信」という部分に敏感なブライアンの元にいて、本当に良かったなと改めて感じます。

 これ以外にも、まだまだ沢山の箇所で、織田君の熱い「ゆづ愛」がほとばしっています。この「第四章」目当てでも、買う価値はあると思いますよ。

 明日は他の選手に言及した部分を取り上げてみます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ