miuryu

 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 YouTubeに動画が上がらないのでリンクは貼れませんが、男子・ペアともにBS1の映像ですべて見たので、軽くコメントします。

 (1)回転不足への大甘判定

 オリンピックなので、BS1もフジも「実況・中村アナ、解説・本田さん」という同じ映像で、フジは多少カウンターが細かい仕様になっていました。

 今回注目すべきは、本田さんが「回転不足を取られるかもしれない」と指摘していた部分は、スコアを見るとURを取られていなかった点です。

 具体的に本田さんが指摘していたのは、ジュンファン君のコンボのセカンドと、ネイサンの3Aでしたが、ともにURは無し。

 私の目視だと、これに、宇野選手の4Fとコンボのセカンドも危ないかなと思っていたんですが、こちらも「お咎め」なし。転倒した選手は山ほどいましたけど、URはハンヤンの3Aのみです。ただ、この大甘傾向が団体フリーや個人戦でも続くかどうかは不明です。

 (2)キレキレのビチェンコさん

 男子では文句なしで一番のパフォーマンスでした。冒頭の3Aからして、むちゃくちゃ余裕あるし、4Tはジャンプの幅もそうだけど、回転も速くて、昨年のN杯のヴォロノフさんよりもジャンプ自体の質は良かったかもしれません。ビチェンコさんも同じN杯に出ていたわけですが、コンディションは上げてきているのだと思います。

 コンビネーションが「3-3」なので、スコアこそ88点台ですが、いいもの見たなぁ・・・と爽快感のある演技でした。録画がまだHDDに残っていたら、ぜひ改めて見てほしいです。

 (3)針のむしろのコリヤダ君

 演技でミスが出たのはしょうがないんですが、ロシアの応援席を皆さんご覧になったでしょうか?ヒゲに白いものが混じったブクブクの中高年のおじさんばかりが座っていて、たぶんロシアスケ連の幹部連中なのでしょう。女子ってまだ新潟なんだっけ?と疑問に思いつつ、今回は特殊な形態での参加だから、何か理由があるのかもしれません。

 ペアでは、タラソワ・モロゾフ組が会心の演技で1位でしたが、タラモロの演技が始まる前、コリヤダ君は端っこの席に座っていて、カメラに抜かれたら、軽く手を振る程度。タラモロのスコアが出る時も、「自分はひどかったし・・・」的に喜び方も控えめ。

 これが例えば、アメリカのジェイソンあたりだと、どんなにその前に自分がひどい演技をしたとしても、チームメイトを応援するとなったら大はしゃぎのはず。コリヤダ君は、日本人的なメンタルに近いものを持っているの?と、親近感が沸きました。

 (4)「みうりゅう」だけじゃなく、ペアはハイレベルな内容。

 海羽ちゃん&龍一君は、自己ベストを更新する素晴らしい演技でした。順位こそ8位と、前回の「なるりゅう」と同じですが、十分に役割を果たしてくれたと思います。

 競技としてのペアは、最終グループがハイレベルで、時間があればぜひ見てほしいです。国別で神演技を見せてくれた、ジェイムズ&シプレはミスがありましたが、その後の3組が本当に素晴らしい。しかも、3組のプログラムやキャラクターがまったく違うので、見ていてあっという間でした。

 ペアに対する私の印象って、リフトやスロージャンプのような大技で日本は世界のトップとはっきり差があって、「屈強の男子選手がいないから日本は不利」というものでした。ただ、今日しっかり見てみると、ラストの3組は、スケーティングも伸びるし、スピードも速い。そもそもスケートの技術が男女ともに卓越しているので、「欧米の男子選手を帰化させれば・・・」という単純な話ではないような気がします。

 さて、宇野選手のスコアが「盛りすぎ」と、アボットやリプちゃんのツイもあって、けっこう話題になっていますね。

 個人的に、今季の「宇野比」でいえば、内容的には悪くなかったので、得点自体にはあまり驚かなかったです。ただ、GOEに注目してみてください。「成功」と言われている、彼の4T+3T(1.86)、そして3A(2.29)は、ゆづやハビと比べたら低い数値になっています。

 つまり、個人戦で、PCSではっきり彼を上回るゆづやハビがノーミスすれば、間違いなく勝てるということです。「ミスしたら負ける」という、分かりやすい構図になるんじゃないでしょうか。

 まぁ、私自身は、個人戦が始まるまでは五輪自体を楽しむつもりでいます。モヤモヤ感の残っている方は、ビチェンコさんの演技と、ペアを見ると気分転換になっていいんじゃないかなと思います。

 1日空くので、明日は雑誌のレビューを挟む予定です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ