IMG_9891

 この記事は日曜の夕方4時頃から書き始めたんですが、羽生君の到着の件で、Twitterがカオス状態になっていました。というのも、空港到着の一報が朝日の後藤さんのツイで伝えられて以降、「お写真はまだか!まだか!」という感じで、1年前の四大陸の時の現地着の写真が出回ったりして、すごいことに・・・。



 そして、到着の映像も来ました。ボディガードのグラサンのおじさんたちは地元警察の方のようですが、日本の感覚で見ると、どこの特殊部隊の方々ですか?という、セキュリティの物々しさも規格外。

 スケ連だ、USMだなんだと、「ゴリ推し」にうんざりだった、この3ヵ月・・・。

  これが、本物のスーパースターですよ!

 実は、団体戦の3日目の応援に来るんじゃないか?と密かに期待していたんですが、あそこに座ったら大変なことになりますね。やはり、来ない方がいいでしょう。

 さて、今日の団体戦の感想の方を。 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 まず、知子ちゃんについて。「68.95」というスコアが出た瞬間、知子ちゃんの表情が凍り付いていましたけど、あの映像を見ていて、私は、「これはかわいそう・・・」という感情と、「でも、仕方ないか・・・」という感情が同居しました。

 今季NHK杯から復帰して、スケアメ、GPF、全日本、4CCと試合を重ねる中で、今日の「SAYURI」の出来はかなり良いと思いました。冒頭のコンボで2つURを取られてますけど、全日本だったらまず取られないはずだし、国際大会であっても、両方刺さるほど明らかに回転が足りないとも思えなかったです。おそらくあのジャンプは、普段の練習では「良い」とされているんじゃないかと。だからこそ、なおさら、ジャッジに「振り回される」彼女がかわいそうでした。

 でも、知子ちゃんには知子ちゃんの良さがあるし、個人戦、思い切って2本滑ってもらいたいと思います。

 他国の選手について言うと、スコアと順位的には、私のほぼ予想通りで、ケイトリンがノーミスだったら、2位と3位は入れ替わったかな?という気はします。しかし、あの3F+3Tをコンボとして認定しちゃマズイでしょう・・・。「普通に、3-1じゃん?」と。

 でも、カナダナショナルからケイトリンは安定感を欠いているので、個人戦はデールマンの方がいい演技をしそうです。団体のフリーはデールマンが来ると思うので、仕上がり具合に注目ですね。

 そして、アイスダンス(SD)とペアFSの方も。かなクリ、頑張りましたね。みうりゅうは、フリーはミスが出ましたが、ショートでは五輪という大舞台であれだけの演技ができたので、大きな自信になったと思います。キレキレのホタレックさんもお見事でした。

 今日SDを見ていて感じたのは、第一グループでジャッジがけっこう厳しくて、「オリンピックだからと言って、どの種目も大甘になるわけじゃないのか!」と、ビックリでした。

 しかし、解説の河合さんも「この第二グループに自分がいたら、緊張します」とおっしゃっていたように、このメンバーにかなクリが・・・と、実際、後ろの4カップルは、格が違いました。

 そういえば、マリーナとマッシモが、かなクリのスコアが出た後に、アメリカのジャージに着替えて急いでシブズの元に駆けつけていて、「うわ、大変だ・・・」と。マッシモは1日目の男子からずっと応援してくれて、有難いことです。

 あと、女子のショートの時、ブライアンがずっと韓国チームの席で応援していて、「あれぇ?暇なの?」みたいな。でも、まぁ、日本のスケ連とは仲が良いはずもないし、韓国の所にいるべきでしょう。

 明日は団体戦も大切ですが、羽生君の公式練習も楽しみですね。前述の後藤さんのツイが「どのジャンプを何本跳んだか」等々、情報は速いかもしれません。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ