yuzu









 NHKのYouTube垢がかなり頑張ってくれています。とりあえず、こちらをマークしておくと、いちいち動画を探す手間が省けるかもしれません。会見のテキストについては「産経」が比較的長めです。

 12日のサブリンクでは3Aとシングルジャンプ。13日のメインリンクでは、4S-3T、4T-1Lo-3S、4T-3T(タケノコ)を成功。

 映像を見た限りでは、クワドの本数自体はセーブしているようですが、「ケガ明け」とか「3ヵ月ぶり」という情報を抜きにして、単なる練習の映像として見たら、いつもの羽生君という感じはしましたね。安心しました。

 会見は、このYouTubeで全部見直してみると、TBSの石井アナの暑苦しい質問から始まり、途中で修造さんも登場、フジの内田アナも出てきて、さすがオリンピックだけあって「有名人」ばかり。

 質疑応答の中で、私が注目したのは、4Loについて質問された際の、「ループに関しては、あんまり言うことはない」という返答ですね。

 構成の予想は、バラ1の曲かけも見てからじゃないと何とも言えませんが、会見で「含み」を持たせているので、フリーの冒頭には4Loを入れてくる感じはします。かりに、フリーで4Loを1本入れるとして、昨季のように4Sを2本にするか、4Tの方を2本にするかで変わってきますし(いずれも4クワド)、もし両方2本ずつならば(5クワド)、3Aは一本に留めなきゃいけない。

 4Lo自体まったく入れない場合、4Sと4Tを2本ずつの4クワドに3Aを一本か、あるいは、4Sと4Tから3本のクワドに、3Aの2本は確保するか。これが、羽生君やブライアンの言っている「選択肢」や「作戦」で、それぞれのジャンプの確率や足の状態を含めた「調子」を見て決めるんだと思いますね。

 さて、以下は、地上波番組についてツラツラと。

 地上波の朝昼のワイドショーを片っ端から予約して、チェックしてみましたが、フジの「とくダネ!」という番組だけが異常ですね。

 とくに、小倉さんは数日前に「羽生君をメダル予想から外した」ことから、「怪我が完治していないでほしい」という願望が見え見えで、大ちゃんからネガティブなコメントを引き出そう引き出そうとして、大ちゃん困ってるじゃん!と、同情しちゃいました。

 小倉さんは、「団体戦で日本はメダルを狙える」という発言からおかしいなと思ってはいたんですが、今日もひどかったですよ。「高橋さん、氷上に乗れない時期は、上半身を強化したりするんでしょ?」と聞くと、「いいえ、余計な筋肉がついて体重が増えるといけないので。しません」とバッサリ否定されていて、自信たっぷりで間違った知識を披露するのだから、始末に負えません。

 午後のグッディで、大ちゃんは三田パンと並んで公式練習と会見についてコメントしていましたけど、とくダネの時とは別人のようにニコニコしていました。

 テレ朝の「ワイスク」は、牛窪恵さんが熱く語っていて、「ショートもフリーも、グランプリファイナルで世界記録を出した曲なんで、大丈夫です!」と、まだまだいっぱい話したくて話したくてしょうがない感じで、隣りの夜回り先生が一言もコメントをする余裕がなかったほどです。



 逆に、フィギュアスケートのことが詳しくない人たちばかりだったTBSの「ゴゴスマ」(19分辺りから)は、名古屋の番組なのに、それぞれが、「羽生結弦のスター性とは?」という感じで自由に語っていて、新鮮で面白かったですね。

FullSizeRender

 で、羽生君の空港レポートの後に、「この方も三カ月ぶりに・・・」とわざわざフリップで紹介。武田教授が「このニュースって、いるの?」とツッコミつつ、「でも、十両最下位からってのはおかしいでしょ」と、チクリと一言ありました。

 このゴゴスマは最高です。「とくダネ」を見て腹が立ってしょうがなかったんですが、このゴゴスマを2、3度見て、気が晴れました。



 えーっと、このゴゴスマの動画を探そうとYouTubeを開いたら、なぜかサンドのコントが「あなたへのおすすめ」で表示されているので、見てみたら最高でした。

 貴ノ岩の話の後にこのネタはやや気の毒ですが、面白いものは、やっぱり面白い!羽生君とともに、彼らも仙台の宝です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ