IMG_9969

IMG_9970



 2018年3月1日発売。Numberのバックナンバーのレビューは「こちら」で。

 写真撮影者のクレジットとして、肩書に「JMPA」がついて、能登直さんや毛受亮介さん、榎本麻美さんなど6人の名前がズラっと並んでいて(15頁)、もちろん個々の写真には撮影者名がしっかり表記されていることも含めて、これは「マガジン」と同じですね。

 本号全体の企画「平昌五輪 17日間の神話」の扉写真(14~15頁)に、エキシビでホタレックさんに羽生君が担がれた様子を俯瞰するアングルのショット、そして、バラ1のフィニッシュ時のショット(16~17頁)がお出迎え。羽生君関連としては、主に3つの記事が掲載されています。

 (1)「男子フリー最終組、黄金の頂に挑んだ6人」(18~21頁)

 写真は、SEIMEI、フリー6練でのリンクイン時、ハビ・宇野選手との抱擁、表彰台に跳び乗る瞬間のショットで、いずれも小さめ。野口美惠さんのテキストは、主に男子フリー最終グループ6人の振り返りです。羽生君については、彼女がミヤネ屋に出演して話した内容も盛り込まれており、うまくまとまっていました。個人的には、6分間練習での、羽生君、ハビ、宇野選手の調整スタイルを描写した部分が興味深かったです。

 (2)「羽生結弦 7分20秒の神話」(22~27頁)

 写真はいずれもSEIMEIの衣装で、ハイドロ(22~23頁)、演技直後に足首に声をかける(25頁)、日の丸を背中に背負って笑顔に(26~27頁)、の3枚。

 テキストは松原孝臣さん。「7分20秒」とは、ショートの2分50秒とフリーの4分30秒の合計です。ショートを羽生君が滑り終えた瞬間を、こう描写しています。

  「そこはもはやリンクではなかった。白鳥が優雅に泳ぐ湖のような、樹氷に囲まれた静謐な森のような――いつしか別世界へと誘われていくようだった」

 「白鳥」という言葉が象徴するように、たしかに、特に平昌五輪でのバラ1を見た私自身の印象として、「ノッテ・ステラータ」での演技が効いているし、同時に、「Let's Go Crazy」も吸収していて、14-15、15-16の2シーズンのバラ1と比べて、よりメリハリのついた、静と動がクッキリしたなぁ、と感じました。

 この記事で使われている写真はすべてSEIMEIなんですが、テキスト自体は羽生君の現地到着以降の発言を随所に引用していて、まぁ、我々からすると知っていることばかりなんですが、テレビで演技部分だけを見たライトなファンの方々には、「平昌五輪での羽生結弦がすばやく分かる」内容になっています。

 (3)「ブライアン・オーサー 「困難を乗り越えたユヅを誇りに思う」」(28~29頁)

 写真は、羽生君・ブライアン・ジスランの3人(とハビは背中のみ)で喜ぶショット。テキストは田村明子さんで、2月19日(フリーの2日後)にブライアンが独占インタビューに応じてくれた、とあります。

 平昌五輪後に発売された様々な雑誌の中でも、これは初登場の内容なので、ぜひコンビニ等でこの部分だけでも目を通してみてください。

 私にとって「発見」だったのは、ブライアンが「オリンピック本番に間に合わないのでは・・・」と感じた瞬間があったという部分です。

  「・・・ユヅが氷の上に戻ってきたばかりで、まだ1回転ジャンプしかできなかったころです。彼の練習を見ながらトレイシーと視線を交わしあい、こんな状態で大丈夫だろうか、と言ったのです

 この発言が事実だとして、羽生君を「チームで支えた」だけでなく、ブライアンもトレイシーと不安や心配を共有しながら、この難局を乗り越えたのだなぁ・・・と感じます。

 最も印象的だったのは、ブライアンの次の発言です。

  「彼はこの先長い間、日本だけではなく世界の人々にインスピレーションを与え続けることになるでしょう。スポーツの世界だけでなく、困難な状況に直面した人たちが、それを乗り越えるのに、彼のことを思い出して力づけられることになると思う

 ブライアンが言う「困難な状況」には、怪我だけの話ではなく、震災を含めた羽生君を取り巻くこれまでの環境もすべて含まれていると思いますね。

 自分のスポーツだけやってオリンピックを連覇したというレベルではないんです。アンチはもとより、ヤフコメで「知識ゼロで語りたがるだけの」軽薄な連中は、なぜ羽生君に、国民栄誉賞授与の話が出てきたのか、まるで分っていない。

 もちろん賞を受けるか受けないかは、羽生君本人次第ですけど、私としては、ぜひ胸を張ってお受けしてほしいなと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ