alexey

 すでに大会は終わっていますが、男子フリーの振り返りです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まず、SP終えた時点で、私は優勝確実だと思っていたクラスノジョンが、冒頭の4Sで転倒して、そのまま途中棄権しました。足首を骨折したという情報もありますが、やっぱり羽生君の件を思い出してしまうわけで、これは本当に心配です。

 しかし、フィギュアスケートって、選手が棄権の意思をジャッジ席に伝えに行って、曲を止めて、そこからまだモタモタ・チンタラやってるんですよね。コーチなにやってんの?はやく出してあげなよ!と思うんですが・・・。



 クラスノジョンの後に三宅君のフリーの演技を見ると、ただのガス欠じゃなくて、どこか怪我してない?と心配になる内容でした。幸い、そういう情報は入ってないので、何事も無ければよいですが。総合18位でフィニッシュ。まだ若いし、この悔しさをバネに頑張ってもらいたいです。



 演技後の須本君のコメントでは、表彰台を意識していたとのこと。冒頭の3A+2Tを成功して、いいじゃん!と思ったら、つぎの3Aでミスが出た後、そこからは「これ以上ミスをしたら表彰台が・・・」という焦りからか、冷静さを欠いた内容になってしまいました。

 ただ、演技後の本人の悔しがる様子を見て、須本君でもこんな風に感情を出すのか!と、彼の熱い魂を見ましたね。来季もジュニアでやるようなので、4T導入も視野にいれつつ、一層のレベルアップを期待しています。



 ここからは、上位3人を。フリーで見事に追い上げて銅メダルを獲得したリッツォさん。平昌五輪の団体戦でも頑張っていて、イタリアの男子シングルはこの人!という風格が出てきています。このビートルズメドレーは、選曲があまりにベタすぎて、昨季のPさんのSPみたいなマニアックな選曲の方が私好みなんですが、まぁ、それはそれということで(笑)。



 実を言うと、SPの演技は見ていなかったんですが、銀メダルに輝いたロシアのアルトゥール・ダニエリャン選手。顔を見たらまだ子どもという感じで、それもそのはず身長156cmの14歳です。

 ただ、3Aはかなり余裕があるし、細かくステップを挟みつつ、スケーティングも複雑。指先まで柔らかな上半身の動き、キビキビした美しい所作で、スピンも上手い。

 むしろ金メダルを獲ったエロホフよりも、彼の方がよっぽどエテリ組っぽいというか・・・。



 
8位だったSPの動画も貼っておきます。「ポエタ」というとランビさんとか草太君とか、印象的なプログラムが多いですが、こちらもなかなかなもんですね。

 3Aはやっぱり完全にモノにしていて、転倒とURのあったコンビネーションジャンプも、「え?3Loの後ろにトウループをつけられるの?」と、これはかなり珍しい。スピン・ステップすべてレベルを取れていて、ミスがなければSPの時点で3番以内に入っていたでしょうね。

danielian

sotskova

 右の女性のコーチ見たことあるなぁ・・・と思ったら、ソツコワの先生ですね。同じチームで練習しているのかもしれません。要注目ですね。



 金メダルはエテリ組のエロホフ。エテリのチームは女子だけじゃないぞ!と存在感を見せて、見事にタイトル獲得です。

 冒頭の4T+3Tはかなり余裕があってキレイ。4Sは惜しくもSO。3A+2Tも乱れました。後半もちょこちょことミスはありましたが、SPの貯金とクワドを降りたことで逃げ切った感じです。それにしても、エテリがいないと、男性コーチ陣の表情のにこやかなこと(笑)。

 世間的にはトゥルソワの話ばかりになっていますが、男子に関しては、銀のダニエリャン選手が気に入りました。WFSかLifeあたりでインタが掲載されれればいいなぁ・・・と思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ