FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0058

FullSizeRender



 昨日に続いて「Life Extra」のレビューです。バックナンバーのレビューは「こちら」で。

 さて、予告通りに、「私が見た羽生結弦」(30~31頁)から、キャンデロロとミーシャのコメントをご紹介します。

 (1)キャンデロロ

  「・・・4回転ルッツで怪我をして、僕は彼がオリンピックに参加できるのかどうか、とても心配だった。ブライアン・オーサーと少しだけ話す機会があったんだけど、ジャンプについては4~5週間前から始めたらしいね。ユヅルの復帰で一番印象的だったのは、そのパワーについて。精神的にも身体的にも以前より強くなっている。これは人生のいいストーリーになると思うよ。そして僕は彼が成し遂げたことをとても誇りに思います

  「・・・僕もオリンピックで2回メダルを取ったけれど(リレハンメル銅・長野銅)、今それをやろうとしたら大変だよ。スケートのレベルはとんでもなく高いし、4年間それを維持することは本当に大変。ましてやオリンピックの1位の座を守るなんて特にね。・・・だってオリンピックには魔物がいるから。プルシェンコだってトリノで勝って、次のバンクーバーだって勝てると思っていたんだよ。だから、ユヅルがやったことは本当に素晴らしいことだし、日本にとってもすごく良かったよね。この先、五輪で2回メダルを取る選手が出てくるかどうかわからない。だから、今回ユヅルの勝利に僕は感謝しなければいけないし、以前僕は彼のことを半分神だって言ったけど、今はもう偉大な神になったよね。完全体だよ。それに僕は感謝しているんだ。これで日本のスケート界は今までよりさらに大きくなっていくだろうってね。彼にはブラボーと言いたいよ

 →→「日本のスケオタ」だけでこの話題を語るとき、かならずネット上のアンチの意見に触れてしまうわけですが、このキャンデロロの見方こそが、常識的な感覚ですよね。

 単に、現代のフィギュアスケートにおいて、五輪連覇が技術的に困難というだけでなく、怪我を克服してのこの偉業が、羽生君の今後の人生においても意義深いということにも触れていて、嬉しいです。

 (2)ミーシャ

  「ユヅとエフゲニア(・メドベージェワ)と僕は3人でいい友達なんです。2人はとてもきつい時間を過ごしてきた。僕も同じような時期を過ごしたことがあるから、友達として何かサポートしたかったんだ。彼らはメダルがかかっているから、僕よりもっと大変なシチュエーションにいるしね」

  「僕は年上で経験もある兄として、いろんな知識や事例を伝えました。時には5~6ページにもなるメールを送ったよ(笑)。そして彼らは困難を乗り越えて、アスリートとしてだけでなく、人としても強くなって戻ってきたと感じています。今回、僕はユヅの表情や会話から、彼がものすごく成長したと感じたんだ。より穏やかでコントロールされていて、成熟していた

  「ショートの後、“The Prince Become A King”ってツイートしたけど、実はそういう意味なんだ。僕らはそれぞれ離れた場所にいるし、時間がないからそんなにたくさん話せないけど、お互いにサポートし合っているんです」

 →→「Continues with ~Wings~」には、ぜひミーシャを呼んでほしい!と思っているのは、私だけではないでしょう。昨シーズンのオフ、振付師として日本であんなに長期滞在していたのだから、来れないわけがないし、日本好きなはずだしね(笑)。

 さて、雑誌とは別に、1日遅れましたが、無良君の引退の件に触れないわけにはいきません。

 ネットでこのニュースを検索してみると、配信元によって会見内容から紹介している部分が異なりますが、ゆづファン的には、平昌五輪に帯同してくれていたことは感謝という言葉以外にありません。

 無良君本人は、昨年末の全日本の演技に納得していたと語っていましたね。私も現地で、特に最終日のフリーには感激しました。刑事君との差もけっこう際どかった印象です。

 無良崇人というスケーターを語るうえで、やはり外せない名演といえば、14年のスケカナのフリーじゃないでしょうか。



 このパフォーマンスを今季見せてくれていたら・・・というのは、叶わぬ夢ですが、五輪シーズンにピークを持ってくることの難しさを痛感します。でも、この素晴らしい「オペラ座の怪人」の輝きが色褪せることはありません。

 ゆづとの関係でいうと、震災で練習場所に困っていた時、無良君のアドバイスとサポートによって「4回転の調子が落ちなかった」とゆづが語っていたエピソードですよね。これを思い返しても、指導者としての資質十分だと思います。

 会見の中でも育成について「貢献したい」と語っています。プロスケーターとして、そしてコーチとして、第二の人生でも必ず活躍できるはずだと、私は確信しています。

 無良君の未来は明るいよ!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ