FullSizeRender

IMG_0058

FullSizeRender



 しつこく引っ張りましたが、これが最後の「Life Extra」です。平昌五輪期間中の他のスケーターからの「ゆづ関連発言」のまとめ記事。今日はパトリックとミーシャです。バックナンバーは「こちら」で。

IMG_0131

 (1)パトリック・チャン(108~110頁)

 ―― バンクーバー、ソチ、平昌の3つの五輪はそれぞれ、どんな大会でしたか?

  「期待度という点ではバンクーバーとソチは似ていたと思う。自分に大きな期待やプレッシャーをかけてしまっていたんです。バンクーバーは夢の舞台だった。カナダ開催だったから、カナダ人として母国でメダルを取りたいと願ったから。そのために自分に不要なプレッシャーをかけてしまいましたね」

  「ソチも似ていたけど、違うタイプのプレッシャーでした。僕は当時の世界チャンピオンだったし、バンクーバーからソチまでの間、いい成績を収め続けていたから。だから、勝たなくちゃならない、チャンピオンにならなきゃならないと、バンクーバーの時と違うプレッシャーがあったんです。・・・でも、ソチはいい教訓になったし、ソチのおかげで成長できてもっと大人になれた。・・・結果だけが常に大事なわけじゃないってことが理解できたんです」

  「もちろん選手によってそれぞれだし、僕にとっての金メダルは、たとえばユヅにとっての金メダルとは違うもの。もちろん彼は今、世界のベストスケーターです。ただ僕は、世界のベストでなくなったことから学ぶことの方が多かったと感じているんです。常に世界のトップでなくてもいいんだってこととか」

  「だからこそ、この平昌での経験は過去2回とは大きく違っていて、今回が最高ですね。僕はトップ選手ではなく、前に進み続けている今の男子シングルではチャンピオンになれないという事実を受け入れざるを得なかった。でもその中で、最善を尽くしたいと思っていたんです。結果のことは考えなくていい、自分が目指したいことに向かってエンジョイすればいいんだと理解させてくれた五輪でした。一番勉強になったと思います」

 →→平昌五輪団体戦のあなたのフリーは素晴らしかったですよ。平昌五輪の演技はYouTubeに上がっていないので探すのに手間取りましたが、上のリンクをぜひ見てください。先月生放送を見ていた時も感激しましたが、やっぱり彼はスケーティングだけの選手じゃない。この冒頭の2本のクワドの柔らかい着氷。特に2本目の単発の4Tの後、間髪入れずにステップに移行するシームレスな動き。やはりトータルの能力に優れた今季の男子ベスト3は、羽生君、ハビ、パトリックの3人だったなと思いました。先日のミラノのワールドでは、このクオリティのクワドを降りた選手は誰一人としていなかったですね。

 ただ、クワドに限らず、3Aでも抜けや回転不足が目立つようになり、スコアで離されてしまう試合も多く、きっと本人も、周囲からの期待とのギャップに苦しんで、辛かったでしょうね。

 昨年秋の段階で、彼がラドフォードとともに指導するというリンクの建設も進んでいて(「WFS extra Dec.2017」)、ここで彼がポジティブに振り返っている様々な経験を、ぜひ今後は育成の場で伝えていって欲しいと思います。

IMG_0132

 (2)ミーシャ・ジー(111~113頁)

 ―― 今回、自分以外の演技は見ましたか?

  「もちろん。今回見た中では、3つの演技に感動して立ち上がりました。サフチェンコたちのフリーと、ユヅルのフリー、それから今日のフランス組(パパシゼ)のフリーダンス。それ以外でも今日の演技には芸術的な演技が多くて、とても心打たれました」

  「・・・ユヅに関しては、僕のいい友達が、すごくつらい時期を過ごして戻ってきて、金メダルを取って本当に嬉しかった。でも、彼のここでの演技だけに感激したんじゃないんです。彼の考え方やメンタルの様子などがこれまで見た中で一番良かったと思ったからです。彼のオンアイスとオフアイスの練習を見た後にメールのやり取りもしたんだけど、彼の頭の中はすごくいい状態だったと思います

 ―― 去年の世界選手権は、これで引退かもしれないという気持ちを半分くらい持ちながら臨んで、そこで素晴らしい演技をした。そうした思いを持った試合であれほどの演技をした後、モチベーションはどうキープしてきたのでしょうか。

  「あれがもし最後だったら、素晴らしいエンディングになるような演技でしたよね(笑)。でもまだもっといい演技ができるかもしれないし。どう答えたらいいかな、僕はいつも現実的に考えているんです。ファンタジーではなくて、できるかもしれないしできないかもしれないって」

  「だからとにかく準備しないと。準備がうまくいっていい演技になれば、すごく嬉しい。でも準備をしなかったら、いい演技はできない。だから準備する。いつも、もっともっとと自分の背中を押しています。僕のゴールはここ数年じゃないから、もっと先まで見ているんです。でも僕は(歩みが遅めの)カメだから、とにかく正しい方向にゆっくりでも進んでいかないとならないんです」

 ―― そうやって向かっていった先には何が待っていますか?

  「未来のプロフェッショナルな仕事ですね。振付師とか合宿をやること、スポーツマネジメント、ショーとか、そういうものです」

 ―― すでにそういう計画があるのですか?

  「はい、世界選手権が終わったら、すぐいろいろ動き始めます。世界中のいろいろなところでね」



 →→ミーシャのゆづへのコメントについては「こちら」もご参照ください。

 「素晴らしいエンディングだったのに」という、ヘルシンキワールドのミーシャの演技なんですが、1年前の試合なのに未だにフジテレビのブロックがかかっていて、SPの「愛の夢」は「デイリー」の動画でお許しください。

 で、どう素晴らしかったっけ?と思って、両プロを見返してみると、インタでのやり取りではフリーの「くるみ割りの人形」のことを明らかに指していますね。

 この演技では、特にジャンプを全て跳び終えてから、ミーシャ本人が感極まって、しかし明らかにスピードを増したコレオシークエンスが圧巻です。プロトコルを見たら、GOE+2.10の満点がついています。羽生君のホプレガでも+1.40なんだけどなぁ・・・と思うんですが、まぁ、メダル争いをしている選手は各国ジャッジが「潰しあい」をしてるんで、いずれにしても、どちらも素晴らしいことには違いないです。

 しかし、私の好みで言えば、明らかに16-17シーズンよりも、今季のプログラムの方がSP・フリーともに面白い。SPの「アヴェ・マリア」は衣装からしてミーシャワールドの怪しさ満点ですし、もちろんフリーの「タイスの瞑想曲」も良かった。そして、彼のbioでも一目で分かりますが、今季、SP・フリー・総合すべてのPBを更新しています。

 上で彼が語っているように、「つねに準備している」ということを結果でも示したシーズンでした。正式に引退表明したのかどうか、私はまだ確認していないのですが、この人については、それがあまりしんみり来ないというか、そういうものを超越した領域で活動している稀有な存在だと思っています。まぁ、FaOIも来るし、振付師としてもまた日本に「長期滞在」してくれそうですし、このオフシーズンも注目ですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ