IMG_0136

IMG_0137

FullSizeRender



 2018年3月30日発売。税込価格「1512円」。

 この表紙を見ただけで、「買わねーよ!」というゆづファンも多数おられると思います。まぁ、だからこそ私の出番かなと(笑)。

 ひとまず、第6章「羽生結弦」(99~124頁)を読んでみましたが、羽生君のスケートを分析するような「羽生結弦論」ではなく、「通訳者・ジャーナリストが見た羽生結弦の素顔」という内容です。その意味では、類書は皆無です。個人的には、この章だけでも新たな発見がありました。興味のある方はぜひ書店で立ち読みしてみてください。

 まず、読み始めて面食らったのは、羽生君の話がいつまでたっても始まらず、110頁で昨年のロステレ杯の話になって、ようやく羽生君の登場となります。それまでに、コリヤダの名古屋のファイナルでの誤訳問題、昨年の4CCでの三原舞依ちゃんの取材をめぐっても誤訳があった話とか、この章の中で、羽生君の話は半分ちょいぐらいかも。私自身は興味深く読むことができましたが、もうちょっと構成が何とかならなかったかな?という気もします。

 (1)スケ連の体質

 本章の前置き部分が長い理由は、日本スケート連盟への文句で始まっているからです。「フィギュアスケート村」で生きる元選手やジャーナリストは、相撲業界並みに「身内に甘い」という印象でしたが、ここまではっきりぶちまけてくれているのは意外でした。

 その不満とは、通訳の問題です。平昌五輪のプレカンでも羽生君の通訳を田村さんがされていましたが、実は以下のような経緯があります。

  「日本スケート連盟がプロの会見通訳を手配するのは、日本で開催される大会のみである。海外の試合は橋本聖子会長が来ない限り、通訳は同行しない

  「代わりに私のような人間が、ボランティアとして駆り出されるのである。これを言うと驚く人もいるのだが、長年日本選手の会見通訳を手伝ってきたけれど、謝礼というものはいっさいいただいていない。『あ、田村さん!良かった。またよろしくお願いしまーす!』。毎回、これだけである」

  「別に謝礼目当てで通訳をしているわけではないから、腹は立たない。とは言うものの、日本スケート連盟にとって、自国のトップ選手の言葉を海外メディアに正確に伝えるということの価値がその程度のものなのかと思うと、なにか納得がいかないのである

  「・・・一般に思われているほど通訳というのは簡単ではないのである。『せめて世界選手権やGPファイナルくらい、プロの通訳さんを連れてきてください』と何度か連盟の理事に直訴したこともある。『いやあ、田村さんがいるんで安心してますよ。はっはっは』とかるくかわされてしまった。『いえ、私もあの、自分の取材がありますんで』と突っ込むと、『まあ検討してみます』と言われたきり、状況は変わっていない

  「以前は私が会見通訳したときは、連盟の配慮で日本選手の個別取材の時間を別にとってくれていた時期もあった。だが今のように日本からの記者の数が増えて選手への取材申請も増えると、『一律平等』に個別取材はいっさいお断り、とされる。なんとも納得がいかないことだらけなのである」

 「橋本聖子会長が来ない限り」のくだりで、チッ!と思わず舌打ちしてしまった、私の心境をお察しください(笑)。

 それにしても、この組織の体質が実によく分かるエピソードですね。会長の通訳なんて一番いらねーだろ!と思うのですが、これぞまさに、会長による組織の私物化ですよね。自分の得にならないことには一切カネは出さない。その理事とやらも、のらりくらりと現場の声を聞いているふりだけしつつ、でも上司の命令は絶対だから、どうせこの話は自分の所で握りつぶしていたのでしょう。

 田村さんも明らかに足元を見られてますね。「フィギュアの取材ができなくなったら困るだろ?わかるね?」と。フリーの立場の弱さにつけ込んでいます。この組織の体質であり、この国の体質という感じもします。彼女にはたいへん同情しますけど、気分の悪くなる話です。

 (2)「劇的に勝ちたい」の舞台裏

 ロステレでの取材で羽生君が「劇的に勝ちたい」と語った背景には、実は裏話がありました。この発言は、ある意味で、田村さんの「貢献」あっての話なので、ご紹介します。

  「ロシア杯の最終日、ニューヨークタイムズのジェレ・ロングマンが羽生の取材許可が出たので、通訳をしてもらえないだろうか、と声をかけてきた。ベテランスポーツコラムニストのジェレは、4年に1シーズンしか見かけないけれど、決してフィギュアスケートの素人ではない。1994年リレハンメルオリンピックでは、当時大スキャンダルとして大騒ぎになったトーニャ・ハーディングに手厳しい直撃の質問をする様子が何度もCBSで流れた。1998年長野オリンピック直前には、タラ・リピンスキーのルッツが不正エッジの、いわゆる『フルッツ』という不良品であることを、当時としてはかなり大きなスクープ記事にした」

  「取材前日、羽生に大体どんな話が聞きたいのかとジェレに訊ねると、こういう答えが返ってきた。『彼はどうして、日本でこれほど人気があるんだろう?』うーん、それは会場にたくさん来ている彼の日本のファンたちに聞いてみるのが一番いいのではないだろうか。そう提案したらさすがプロ。早速会場の外で日本のファンをつかまえて取材をしてきたのだという。・・・羽生が日本メディア向けの囲み取材を終えた後、ジェレの番がやってきた。彼と2人ほどの海外メディアの、共同囲み取材である。『あなたがなぜこんなに人気があるのか、と日本のファンに聞いてみたんです。・・・そうしたら、普通の日本人はなかなか本音を言わない。でもあなたははっきりと自分の言いたいことを主張するところが良い、と言われたんですが、ご自分ではどうなんでしょう?』」

  「普段の大会でこんなことを聞かれることはないだろう。羽生はうふふ、と笑った。私のほうを見て、『日本語でいいのかな?』と確認してからこう答えた。『特に意識してやっているわけではないんですけれど、アスリートだから、やっぱり勝ちたいという気持ちは大事にしているし、常に思ったことを言うようにしています』」

  「『アニメの主人公みたいだ、と言われていることについては?』これもまた、羽生はちょっと照れくさそうに笑ってこう口を開いた。『自分の中で、特にこれになりたいとかはないけれど、アニメは好きだし、とにかく劇的に勝ちたいという気持ちはすごくあります』英語で『劇的に / dramatic way』と訳したところジェレも他の記者も笑った

 「マガジン 17-18シーズンスタート」(35頁)にこのやり取りが収録されているので、お手元にある方はぜひ確認してみてください。あえて、マガジンで再現されていない部分を赤字にしてみました。

 (3)脱力系の質問とゆづ

 羽生君本人ではなくファンに聞くべきでは?という田村さんのアドバイスには、実は前段がありまして、羽生君に対する質問は、日本の記者に限らず、海外記者からも「なにその質問?」というレベルの低いものもあったことが、紹介されています。

 例えば、ロステレ杯のプレカンで最初に手を上げた、「見覚えのない若いロシア人の女性記者」からの質問がこちら。

  「以前に日本食はロシアの食事と全く違うと言っていましたが、モスクワに来て、ボルシチなどロシア料理を食べましたか?

 このロシア語の質問をISUライターのタチアナ・フレイドさんがまず英訳する。それを田村さんと羽生君が聞いて、羽生君が日本語で答えた際に田村さんが英訳するという流れです。この時の彼女の「心のつぶやき」がこちら。

  「うーむ、これがオリンピックシーズンのGP開幕戦で現オリンピックタイトル保持者に来た最初の質問か。記者会見は限られた時間内で、どれだけ記事に使えそうな選手の言葉を引き出せるかが勝負である。初戦から羽生結弦と、アメリカのネイサン・チェンが顔を合わせるという豪華メンバーとなったこの大会の最初の会見の質問が『ボルシチ』とは。とほほ、と言いたくなるのを抑えてそのまま日本語に訳した」

  「『えっと、試合前なので、ないです』歯切れよく、そう答えた羽生。彼だって、なんじゃこの質問は、と思っただろう。『でもあの、モスクワに練習やブラッシュアップをしに来る機会があって2週間から3週間くらいここにいたことがあるので、そういうときにはつぼ焼きとかボルシチはもちろんですが、ピロシキとか色んなロシア料理を食べさせていただきました』脱力系の質問にも、こうしてきちんとフォローしてあげるところが羽生の優しさだと思った

  「英語に訳したものの、とっさにつぼ焼きが出てこない。私自身、食べた記憶がないのでどういうものかもよくわからなかった。やむを得ないのでボルシチとピロシキだけ訳した。『ごめんなさい、つぼ焼きがわからなくて抜かしました』自分で白状しなくても、羽生は聞き取りのほうはほとんど理解できているのですでに気がついているだろう

  「『つぼ焼きって、英語でなんて言うんですかねー』私の至らない通訳も、羽生はそういってフォローしてくれる。後に調べたら、ロシア語ではガルショークと呼ばれていることを知った。レシピを見てみると、英語ではPot Pieが一番近いだろうか。通訳としての仕事の奥の深さは、底知れない。フィギュアスケート競技の会見ですら、料理の知識まで試されるのである。いえ、でも私はプロの通訳ではないんですけれど、と逃げたくなりながら、毎回自分の浅学を反省してばかりである」

 つぼ焼きと聞くと、さざえのつぼ焼きとか、貝の料理?と思ってググってみたら、全然違っていて、このパイを破って飲むスープのやつねぇ・・・と。

 しかしますます思うのが、スケ連の罪深さですよね。組織の体質の問題を前述しましたが、英語で海外に向けて発信するということの重要性をまるで分かってない、内向きな閉鎖性も現れているような気がします。

 最後に、印象的な一節をもう一つ引用します。

  「言語とは、その土地に住んでいれば自然に身につくというものではない。それでも多少英語が話せるなら、通訳ぐらい片手間仕事で楽にできることなのだろうと思っている人もまだまだ多いようだ。中には通訳をしても、礼も言わずに席を立ち去っていく選手もたまにいた」

  「そんな中で羽生結弦は、以前から通訳を担当するたびに『いつもすみません。ありがとうございます!』と丁寧に頭を下げてくれていた。でもその頭の角度が年々深くなっていくのは、彼自身カナダで暮らしてみて、会見で使える英語を習得することが、簡単ではないことを身にしみて感じているからではないかと思うのである」

 そうです。語学の習得は大変なんです。私の場合、「語学の勉強は死ぬまでエンドレス」と考えるようになってから、なぜ自分はこんなにできないのだろう?と自分を責めることをやめるようになり、そして他人の英語を批評する気持ちもなくなりました。だって、大変なんだもの(笑)。

 そのような苦労が、羽生君の会見での行動と言動にすべて表れていますよね。やっぱり若いうちにこのような経験を重ねると、自然と様々な立場の人に配慮できるようになるのでしょう。

 ところで、本田真凜ちゃんがラファのチームに移籍するというニュースが報じられました。驚いたのは、お兄さんの太一君が同行するという話です。大学生だし、遊びたくてしょうがない時期のはずだけど、妹についていって、サポートをするわけです。自分が19歳の頃なんて、酔っぱらってるかバイトしているかのどちらかでした。泣かせる話じゃないですか。来季は、真凜ちゃんも応援したいけど、太一君も応援したいなぁと思います。

 引き続き、明日も田村さんの本を見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ