IMG_0169

IMG_0170

IMG_0171



 2018年4月6日発売。税込価格「1,620円」。本誌のバックナンバーのレビューは「こちら」。

 ネット情報が出回る前に、本書を手にされた方は衝撃を受けたのではないでしょうか?全160頁の分厚さも去ることながら、その内訳と並びがまた凄い。

 1頁から147頁までノンストップのぶっ通しでゆづ写真が続きます。某所からのクレームなんて知ったこっちゃない!出したもん勝ちだ!と。羽生君の表紙で釣りながら、中身は「悪しき平等主義」から抜けられない、ヘタレ大手出版社に猛省を促すような、あまりに潔い誌面構成です。

 ただし、注意点があります。ここは正確に明記しておきます。

 本誌60~147頁は、「Memorial 平昌オリンピック特別号」の2~83頁と同じ写真がそのまま掲載されています。ページ数の内訳が6ページ合いませんが、詳細は以下の通り。

 「本誌」70頁→「特別号」表3(97頁)。「本誌」71頁→「特別号」奥付(96頁)。「本誌」104・105頁→新しい写真。「本誌」122頁→新しい写真と「特別号」目次(1頁)。「本誌」123頁→新しい写真。

FullSizeRender

 つまり、先行発売された「特別号」をすでにお持ちの方は、本誌の59頁までの内容とそれにプラス数ページに1,620円を払えるかということですね。ただ、かぶっているページについては、「特別号」の方がサイズは大判なので、「特別号」がまったく無駄になるということはありませんが・・・。

 じゃ、「特別号」をお持ちで無い方が、これから2冊揃えるべきか?と言うと、その必要はないですね。EX以前(メダルセレモニーまで)をカバーした雑誌は、すでにジュエルズのフォトブックが出てますし、本誌のみで十分です。

 注意喚起から始めましたが、本誌59頁までのEXの写真は素晴らしいです。平昌スワンの写真が目次(1頁)から23頁まで続きます。特に電光掲示の日の丸をバックにしたスワンのショットが美しいですね。24~33頁は、EX出演スケーターとの交流の様子が網羅的に収められています。他誌では、ホタレックさんに担がれるショット、ザギちゃん・テサモエとの金メダリスト勢揃い写真、ミーシャ・メドちゃんとの写真、どれか入っていても、どれかが欠けているという状態だったので、一通り揃っている本誌はとても便利ですね。

 つぎに、EX公式練習(34~49頁)は、サブリンクでショートトラックに興じる写真はもちろんですが、笑顔で転倒のショット、ホタレックさんやミーシャとの絡みも含めて、地上波のスポーツニュースで取り上げられていた光景をほぼ網羅。さらにその後のメインリンクでのEX練習の風景もしっかり入っています。

 閉会式&凱旋帰国(50~57頁)は、枚数的には多くはないですが、ツボを抑えたセレクションといえるでしょうか。だ、他の競技の選手もそばにいるので、閉会式の写真は羽生君よりもスノボの竹内智香選手の方が目立っているし、解団式のショットも葛西選手の方が大きく写っているので、過度の期待はしない方がいいかも・・・。ならば、記者クラブの写真を載せられなかったのか?という気がしないでもないですが、あの会見場にアフロやフォート・キシモトのカメラマンは入っていないのかもしれませんね。

 以上、ざっと見てみました。平昌スワン目当ての方、「特別編」をお持ちでない方には、なかなか良い本です。ただし今月は、羽生君の各種イベントグッズ入手のために、みなさま資金を集中投下されると思いますので、本誌については実物をチェックしてからでも十分かと思われます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ