IMG_0295

 Continuesの感想の第二弾です。全公演が終了したので、内容について触れていきたいと思います。今日は、金曜日に現地で見た各スケーターの演技について。明日は、このショーの意義について、いろんな角度から見ていく予定です。金曜日の現地観戦の様子については、ツイの方もどうぞ。

 (1)オープニング

 もちろん、黒パリ姿の羽生君の登場に感激したんですが、この時点ではほぼステージの上で、ゲストスケーターと振りを合わせるのみでしたから、「右足の怪我は相当に長引いているんだろうなぁ・・・」と、内心では不安の感情も沸いてきました。でも、このゲストメンバーは、皆がレジェンドであり、同時に羽生君のマブダチでもあるので、その彼らが集っている現実にただただ感動しました。

 (2)ジョニー

 トップバッターは彼。彼を見ていると、本当にハッピーになります。羽生君とのトークでは、羽生君が「技術と芸術」というテーマに絡めて、「プログラムにジャンプを入れる意味をどう考えていますか?」という主旨の質問を投げていました。ジョニーの返答が直接的な内容じゃなかったので、私の後方の席から「答えてないじゃん」と文句が聞こえてきました。

 私は、ジョニーの言わんとしているのは、「プロスケーターであっても、難しいことにチャレンジしつづけて、常に向上心を持つことが大事。だからジャンプを跳べるようにしている」、そんな内容だったかなと。

 そして、ジョニーの後にジェフやシェイも登場しましたが、独特な世界観を持つこの3人のスケーターをまとめて見て感じたのは、「ジョニーはその世界観を自分自身で表現したい人」なんだなと。

 ジェフやシェイは、プログラムに世界観を注ぎ込んで、スケーターを輝かせられる人。ジョニーは自分でやってしまう人。どっちが「良い悪い」と言ってるのではなく、3人のスケートを見て、それは実に自然で正しい選択だなぁ・・・と思いました。

 (3)無良君

 さすがに、ついこの間まで現役バリバリだったこともあり、私は3Aよりも、スケーティングスピードの違いにビックリしました。ゲストの中では、プルさんといい勝負か、あるいはプルさんよりもスピードは出ていたかもしれません。

 金曜日の「実演コーナー」は、イーグルサンドの3Aでした。羽生君の演技を見ていると気づきにくいですが、あのイーグルからの入りというのは、ほとんどスピードの無い状態で3Aに跳びにいくので、3Aの名手の無良君でさえも、なんとか着氷という感じでした。ホント、あれでも満点の加点が3.00なんて、GOEの付け方おかしいでしょ!と文句の一つも言いたくなりますよ。

 (4)佐野先生

 羽生君を別にすると、この日、もっとも歓声(というか悲鳴)が上がったのが稔先生でした。あの衣装は、フィギュアスケートというよりはマジシャンというかお笑い芸人というか、失礼ながら、マギー審司(マギー司郎)とか綾小路きみまろの顔が浮かんでしまいました(笑)。とにかく、怪我しないか心配でしたね。

 「実演コーナー」での喋りはさすがの滑らかさで、スポーツニュースやワイドショーの生放送に慣れているテレビの人は違いますね。

 (5)川口・スミルノフ組

 FaOIでも、なかなか世界トップレベルのペアを呼ぶことはできていませんが、このレベルになると技の引き出しが全然違いますね。今回のゲストスケーターの中で、技術面で感銘を受けたのは、ダントツでこの二人でした。

 2本目のプログラムは、いま何かと話題のダンシング・ヒーローでしたが、これは、フィギュアスケートを普段見ないような層にも、ぜひ見て欲しい。そう考えると、日本でペアやアイスダンスの知名度を上げるには、EXやショーでもいいので、往年のJポップのようなものを使って、「知ってもらう」という努力も必要なのかなという気がします。

 (6)ジェフ

 金曜日のトークコーナーは彼もだったんですが、いろんな所で紹介されている、「自分より上手いスケーターに振付したのは、ユヅが初めて」という発言は興味深かったですね。

 このショーで滑った2本のプログラムのうち、1本目のポップな方は、「この曲って、床の上でダンスでリズムを合わせるのも大変じゃない?」という、相当な難曲に感じました。Let's Go Crazyは、あの曲のスピード感が「フィギュアスケートのプログラムとして常識を超えている!」と思いましたが、羽生君の次なる挑戦は「リズム」にあるんじゃないかと、勝手に予想。

 振付師は違いますが、リズムが難しいといえば、ネイサンの「ネメシス」でしたけど、結局ジャンプ用のBGMになってしまったので、羽生君には「複雑なリズム」に真っ向から取り組んでもらいたいですね。ジェフならそういうプログラムを作ってくれそうな気がします。

 (7)シェイ

 今回、会場がもっとも盛り上がったプログラムの一つ。稔先生に対する歓声とは違って、この面白い選曲とコスチューム、ラッパ隊の登場と、わずか数分だったのに、とことん楽しませてくれる内容でした。

 ジェフの方が振付師としてのキャリアは長いので、さすがに手がけている本数が増えてくると、プログラムの当たり外れもけっこうあるかなという印象。一方、シェイに関して、私は外れプロというのが、ちょっと思い浮かばないんですよね。特に17-18シーズンに関して言えば、ネメシス、スカイフォール、SEIMEI、本郷理華ちゃんの「フリーダ」もよかった。

 羽生君もコメントしていましたが、シェイの作るプログラムには「ストーリーが見えてくる」というのは、本当にその通り。そして、編曲がまた上手いんですよね。SEIMEIは羽生君が手がけましたが、新葉ちゃんのスカイフォールの編曲は見事でした。

 やっぱり来季も、ジェフとシェイのいない「羽生結弦のプログラム」は考えられないですね。二人のスケートを見てしみじみ感じました。

 (8)プルさん

 もう、いちいち注釈をつける必要のない、まさに皇帝ですよね。無良君に迫るスピード感と、そして彼のトレードマークともいえる、小刻みなステップ。私は、4年前のTOIでかなり近い席から彼の演技を見たんですけど、体つきや所作による効果もあるんでしょうが、とにかくパワフルで、他のスケーターと迫力が全然違うんです。

 今回も、羽生君がプルさんから多大な影響を受けたことは紹介されていましたが、私は、TOIでプルさんとジョニーを見た際に、プルさんの発するエネルギーが凄まじくて、むしろジョニーの方が羽生君に近いよなぁ・・・という感想を持ったぐらいでした。

 おそらく、羽生君がプルさんから継承したものは、演技で目に見える部分だけでなく、彼の生き様というかスピリットというか、そういうもの全て含めてなのかなという気がします。

 (9)羽生結弦

 金曜日、ツィゴイネの衣装にシューズを履いて氷上に現れた彼を見た時、一瞬、目の前で起こっていることについて、なんと表現していいかわからなかったですね。

 前述のように、黒パリでのオープニングの様子を見て、会場の誰もが「これは相当に状態は悪い」と思っていたはずです。土曜・日曜の公演とは違って、もちろん「事前情報」は一切なし。正直、今回ばかりは、氷の上で立っているだけでいいので、滑らないでほしい・・・とさえ思いました。

 まぁ、ジャンプこそ無かったので、そこはホッとしています。そして、スケートの一歩一歩の伸びの何と凄いこと!例えて言うなら、陸上のボルトの100Mの後半の伸びというか、周りの選手の時間が止まっているように見えるあの伸びがかぶります。

 羽生君のスケートの細かい内容については、CS放送分をまたしっかり見つつ、別の機会に語りたいと思います。そうそう、息を切らせながら、マイクをいちいち取りに行ってプログラムを自分で紹介して、またマイクを置きに行って、という所が、手作り感のあるショーだなぁと。

 さて、これ以上書くと長くなりすぎて収集がつかなくなるので、一度ここで締めておきます。ただ、一つだけ。日曜日の最後の挨拶でゴシップ記事について触れた件。これは、我々ファンの盾になってくれただけでなく、あらゆる心無い中傷記事・報道に対する彼流の反撃でもあると思っています。

 だから、フィギュアスケートや羽生君に関するものに限らず、日々発信される情報との付き合い方、そしてブロガーの端くれとして、私も気をつけなきゃいけないなと改めて思いました。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ