FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

 「スポーツ報知」は2・3面で特集。週末の阪神・巨人戦で、巨人が3連勝したので、さすがに一面はプロ野球。ただし、この2~3面のレイアウトと、

  「この喜び 今見える風景 ずっと胸に刻んで 生きていきたい」

 この一節はグッと来ますね。さすが報知さんです。記事には、「フィギュアスケートマガジン」の座談会にも呼ばれていた、高木恵記者の名前があります。 

 4年前のパレードの様子も小さく紹介されていました。やはり密集度は圧倒的に今回だよなぁ・・・という気がします。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

 「サンケイスポーツ」は、2・3面。レイアウトのインパクトは報知ほどではないですが、情報量の細かさで言うと、報知を上回っていました。記者会見での質疑応答、ファンの声から、スタッフ・ボランティアの人数、寄付金等のデータ的なものまで、満遍なくカバーされています。

 そんな中、最後の一枚の、「過去の主なパレード」との比較。実は、4年前のパレードを私の同行者が経験しているんですが、「列のできる時間的な速さが違う」と言っていて、今回の10万8千人というのは控えめな数字かもしれません。

 まぁ、上の「主なパレード」を改めて見てみると、そもそも各パレードの車に同乗している人数が違いすぎますね。今後、個人でこの数字を超えられるのは、羽生結弦本人以外現れないかもしれません。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

812da278

FullSizeRender

 「日刊スポーツ」は1・7面。1面の記事には「高場泉穂」という名があり、「なぜ、この人がまだフィギュアスケートの取材をしているのか?」と舌打ちしつつも、内容的には特に不審な点はなし。まぁ、他の選手が絡んでくるシーズンに入ったらどうなるか分かりませんが。

 日刊の7面では、ルーマニアや中国からのファンの声を紹介。テレビでも取材されていましたね。ただ、私が「へぇ?」と思ったのは、4年前のパレードの気温で、その日は気温22度だったとか。まぁ、今回「暑くなる」というのは週間予報で言われていて、かりに雨天だったら多少人手に影響はあったでしょうが、「暑い」ぐらいなら、みんな来ますよね。

 今回、ゴミの数の少なさが話題でしたが、私は、「熱中症などの救急車出動が6件」というのは、めちゃくちゃ少ないと感じました。私の周囲でも、つねに複数のスタッフが常駐していて、暑さの中で座り込んでしまう高齢者の方がいても、周りの人たちが声をかけたりしていました。

 さて、気になるニュースを一つ。

 「中国・金博洋、羽生結弦のライバルから『弟弟子』へ、オーサー・コーチに師事か―中国メディア」(4月23日)

 4月に入った辺りから、この噂は出てきていましたが、中国発とはいえメディアで報じられたのはこれが最初じゃないでしょうか。

 「噂話」の段階では、「中国人のコーチも連れてクリケット行りを希望する」という話なら破断になるんじゃないか?と、私も思っていました。ところが、このニュースの中では、「誰がボーヤンに同行するのか」という話は明らかになっていませんね。

 ただ、このニュースが報じられたということは、同行者の件もある程度メドがついたのかな?という気もします。

 羽生君にとっては、自身とハビとの関係を思えば、大歓迎でしょうね。義理堅い彼のことですから、「ハビのように、自分もボーヤンと切磋琢磨していくのが、自分の使命」と考えていると、私は思います。

 ちなみに、気になる振付師についてですが、クリケット所属だからといって、ジェフやウィルソン、あるいはシェイリーンのプログラムじゃなきゃいけないわけではありません。クリケット所属のデールマンwikiを見ると、ずっとローリー・ニコルのプロを滑っています。ご存じのように、ここ数年のボーヤンの成長はローリーの影響が大きいので、もしこの移籍が実現するのであれば、振付師の選定が「障害にならない」という面もあるかもしれません。

 かなり私の願望で語っているので、どうなるかは分かりません。ただ、そうなると、新シーズン、というか北京五輪まで男子シングルは熱いぞ!と、期待しています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ