sp-jack-a-20180509-870x644

 メドちゃんの移籍報道で大騒ぎですが、The Japan Timesに、ラファのインタがアップされました。「本田真凜ちゃん移籍の裏話」的な内容も含まれていますが、メドちゃんの移籍についても語られています(※この記事のラファの発言は、メド移籍正式発表の数時間前のものです)。

 まず、真凜ちゃんの移籍に関する、ラファの発言を簡単に訳してみました。例のごとく我流です。

  「通常、私から選手にアプローチはしません。(浅田)真央も、ジェフリー(・バトル)だってそうでした。先方が私に話を持ちかけてくるのです」

  「(本田)真凜のことは以前から知っていました。彼女は賢く美しい。向上心もある。私たちはやるべきことを分かっていますよ」

  「彼女は優秀でスケーティング技術も素晴らしいし、流れもある。ジャンプもいい。ただ、新しいジャッジングシステムについて、6月の総会で何が提案されるのか、まだ分かりません。だから、最低でも2年は指導させてほしいと言いました

  「新シーズンのプログラムを準備していますよ。すでにローリー・ニコルがフリープログラムに取り掛かっていて、とても美しくて、ユニークな仕上がりです

 (1)移籍のきっかけ

  「昨年11月、大阪のNHK杯の時です。真凜の父と少し話をしました。彼が私にアプローチしてきたのです。もちろん、面識はありません」

  「『トライアウトを受けさせてほしい』ということでした。『いいですよ』と返答しました。私は、見ず知らずの選手を引き受けたくないし、スカウトするために探し回ったりもしません。教え子たちの指導で手一杯なのです」

 (2)今季の目標

  「目標はシンプルです。グランプリファイナルに進出すること。まずは、それがゴールであるべきです。そして、世界選手権代表に選ばれること。これもシンプルですが、現時点では、最も高い目標といえるでしょう。彼女に全日本優勝を目指せとは言いません。ファイナル進出が叶えばいいですね」

 (3)トレーニングの重点項目

  「(彼女のジャンプの高さは)優先事項ではありません。高さを出すために、ジュニアの選手でウェートトレーニングをする場合もあります。私のチームでもしばしば取り組ませますが、シーズンのいつ、どれぐらいの期間行うかによります」

  「私は、技術とフィジカルを重要視しています。この両者が一体となったとき、メンタルの強さが生まれるのです。全てのスケーターに言えることですが、良いトレーニングをして、フィジカルが強化されれば、遅かれ早かれ、メンタルも強くなるでしょう

 →→ここでいったん切ります。城田さんの本で、特に荒川さんや武史さんに関して、コーチ変更の「壮絶な舞台裏」が明らかにされていますが、父親がコーチ(しかも外国人)に「直談判」というケースって無かったような気がします。

 ここからは私の想像と憶測です。11月のNHK杯といえば、宮原知子ちゃんの復帰戦でしたから、そりゃ濱田コーチは「さとこ!さとこ!」って感じでしたよね。

 一方、10月のスケカナの囲み取材での「濱田コーチと真凜ちゃんの意見の違い」が表面化した時、世間では「真凜はわがまま言わないで、コーチの言う通りやれよ!」って論調でしたけど、親からしたら「ウチのかわいい娘をここには預けられない!」って我慢の限界に達していたのかもしれません。

 ところで、いま変なことが頭に浮かんだんですが、N杯といえば、ブライアンは手術直後で日本に来られず、クリケットからはブリアンしか来ていなかったですよね。もし、羽生君が故障することなく、ブライアンが大阪に来ていたら、本田パパはラファではなくブライアンにアプローチしていたのかも・・・・。歴史に「もし」は禁物ですが、もしかしたら、あったかもしれないですね。

  ※メドベの移籍について

  「私はロシアのメディアに、これは予想できたことだと語りました。チームに若いスケーターが入ってくれば、ベテランのスケーターはチームを離れることもある。つねに起こりうることなんです」

  「リプニツカヤと比べれば、エフゲニアはよい決断をしたと思います。ブライアンは実力のあるコーチであり、彼を支えるコーチ陣も優秀です」

  「ただ、彼女にとってはつらい決断でもあったはず。まず、文化がまるで違う。私たちがやっているような北米流の指導方針に、彼女が対応できるかどうか。ロシアと比べて、アスリート自身が、自分自身の行動に責任を持つことが求められます。簡単ではないけど、彼女ならできると思います」

  「エフゲニアがブライアンの所に行けば、それは二人にとって、困難な挑戦になるでしょう。でも、彼女は最良の選択をしたと思います」
 
 前述のように、この取材の数時間後に、メドベのクリケット移籍が正式に報じられました。もちろん、icenetworkの記事にあったような「具体的な修正点」等のことは、ラファは知らないはずです。

 赤字にしましたが、北米の指導現場では、スケーター自身の自己責任、より具体的には「自己管理能力」が問われるのかなという気がします。

 ブライアンが、エテリの所では「選手に発言権がない」ことを「暴露」していましたが、たしかに「コーチに全て決めてもらう」タイプの選手は、北米スタイルに順応するのは厳しいかもしれませんね。

 ただ、ブライアンは決して選手に丸投げするのではなくて、選手とコミュニケーションを取りつつ、選手本人の意思をしっかり確認して、チームでも共有する。これが、クリケットのスタイルと、私は理解しています。

 そして、メドちゃんは、「こういうスケートをやりたい!」という明確なビジョンと強い意思もあると思います。じゃなければ、エテリの所を出ていく以前に、現役を続ける覚悟と情熱は生まれないと思うのです。

 いろいろありますけど、それぞれの選手にとってベストの環境で、選手それぞれが思い描くベストのスケートを見せてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ