IMG_0549

IMG_0550

IMG_0551



 2018年5月10日発売。税込み価格「1,944円」。バックナンバーのレビューは「こちら」。

 今日は羽生君の記事を見ていきます。表紙の裏(表2)と目次ページの見開きで、パレードカーと群衆を建物の上から捉えたショット。裏表紙の裏(表3)と奥付も見開きで、CWWのトーク(羽生君と新村通訳)の様子をスタンド席から捉えつつ、フレームの中には羽生君を大映しにした大型スクリーンも入ったアングルです。ポスター等は無し。

 (1)羽生結弦選手「2連覇おめでとう」仙台パレード

 全部で8ページ。パレードカーを下から見上げるように捉えたショットに、例の気になる女性がガッツリ写っています。(たぶん)「PRESS」と書かれた腕章をつけていますね。

 写真の内訳としては、パレードカーの上のショットが6枚、出発式のショットが7枚、記者会見が1枚です。Sportivaと比べてどうかと言われると、Sportivaは撮影者の能登さんが車に同乗しているので、至近距離から見上げるような写真が多めですよね。あれとはまったく別物なんですが、自分も現地で「撮影」に苦労した一人なので、さすがプロの仕事だなぁ・・・と、いい写真ばかりです。

 (2)平昌オリンピックPlayback

 全4ページ。バラ1が2枚、SEIMEIが4枚(スホラン抱きショット含む)、メダルセレモニーが1枚。す、すくない・・・。

 (3)凱旋公演「Continues ~with Wings~」

 全14ページ。ここがメインです。テキストは基本的に初日公演に関するもので、ショーのレポート、ゲストスケーター紹介(羽生君による紹介VTRを文字起こししたもの)、ジョニーとのトーク、佐野さんのテクニック講座、子どもからの質問タイム、平昌五輪演技解説(バラ1)、Twitterからの質問コーナー、羽生君による挨拶(メドレー紹介含む)、そして、公演後の記者会見も収録。

 けっこうギッチリ詰め込んでいますが、テレ朝チャンネル2による初日公演の映像をしっかり保管済で、何度も見返しているようなゆづファンからすると、すべて既知の情報なので、ちょっと有り難みがないかな・・・と。例えば、マガジンの「完全収録」の価値が高いのは、試合のプレカンや囲み取材に我々が立ち入ることができないため、未知の情報に溢れているからです。

 もちろん、今回のショーに関して、現地観戦・ライブビューイング・テレ朝チャンネル、いずれの手段を通じてもアクセスしていない方には便利でしょうが、決してゆづ度の高くないこの雑誌をわざわざ買うようなコアなゆづファン目線でいうと、既知の情報のトレースではなく、それにプラスアルファしたものが欲しいのです。

 というわけで、CWWの初日公演の映像を所持している人が、本号のゆづ関連記事を評価するなら、とっても微妙な内容です。ただ、目次画像の通り、山本草太君とミヤケンさんの対談や、中野園子コーチのインタ、そして昨日記事にした新葉ちゃんのインタもかなり長いので、明日以降、きっちりご紹介する予定です。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ