IMG_0748

IMG_0749



 2018年6月13日発売。税込み価格「1,080円」。全83頁。応援ブックのバックナンバーは「こちら」。

 この雑誌の新刊が出ると、いつもこの話から始めますが、4年前のソチ五輪直前に創刊。創刊号でゆづをフィーチャーした誌面構成を組んで、当時マニアの間ではその先見性を驚かれました。その後「写真重視系(ゆづ重視系)雑誌」としてトップを走ったものの、「フィギュアスケートファン通信」の登場に始まり、その他にも優秀な雑誌が次々と出版されて、しだいに影が薄くなっていきました。

 ところが、「通信」が休刊状態になった影響もあるのか、この「応援ブック」がまた息を吹き返してきた感があります。

 この雑誌の最大の弱点は「画質がやや粗い」点で、そこは確かに、CWWの愛蔵版ブックやキスクラには及びませんが、今回はスケ連に忖度せずに、ゆづ尽くしという感じで、全盛期の「通信」のような物量作戦で攻めた誌面になっています。五輪二連覇にして国民栄誉賞受賞のレジェンドを特集しまくってどこが悪い?と、正答な理由があることも、この潔いボリュームの後押しをしているのでしょう。以下、内容をざっと確認していきます。

 表1と表4は画像の通り。表2はFaOIのオープニング&フィナーレゆづ。表3は春の園遊会で羽生善治竜王とのツーショット。奥付はスケ連表彰式です。写真はすべて「フォート・キシモト」とクレジットされています。ポスターは無し。

 (1)FaOI 2018(4~17頁)

 今年のFaOIを取り上げた雑誌としては、キスクラに続いて2番目になります。たしかに画質はやや粗いですが、この計14ページには集合写真的なショットはゼロで、すべてゆづです。しかも、キスクラでは足りなかったフィナーレの写真もけっこう入っているので、あの衣装が好きな方は要チェックです。

 (2)仙台パレード(18~27頁)

 パレードカーのゆづをアップで撮ったショットや、記者会見のショットなど、他誌でも見かけたような写真がある中で、2ページぶちぬきで、沿道の群衆の中(沿道のファン目線)からパレードカーを撮影したショット(20~21頁)が珍しい。私も当日あの現場にいましたから、このカメラマンも炎天下の中、群衆でもみくちゃにされながらこの写真を撮ったのかなと、臨場感に満ちた一枚です。現地に行かれた方は、あの日の興奮と感動が蘇ること間違いなしです。

 (3)CiONTU 2018(28~54頁)

 計27ページの大ボリュームです。ツィゴイネだけで、いきなり10ページの13ショット。黒パリが4ページ、黒Tが4ページ、白Tが3ページ、フィナーレが6ページ。

 トークショーの写真がけっこう細かい部分まで写っていて、羽生君はアシックスのシューズだけどジョニーはナイキとか、質問に来た男の子はニューバランスとか、通訳の新村さんのネイルは凄いな・・・とか、色々と面白かったです。

 (4)ミラノワールド(55~62頁)

 宇野選手、刑事君、友野君、表彰式で、各2ページという構成です。

 (5)平昌五輪<ゆづ>(63~81頁)

 表彰式1ページ、バラ1(白ジャージ含む)6ページ、SEIMEIが4ページ、メダルセレモニーが2ページ、スワン4ページ、EXフィナーレ4ページです。

 最後の一枚、「ザギ虎」ちゃんとの2ショットが超目立っていますが、我々の間では暗黙の常識である「左手の配慮」が輝いていますね。

 以上、全83頁のうち、他の選手は、世界選手権のたったの8ページだけです。キスクラも70ページ近くが羽生君の記事に割かれていましたが、あの雑誌はインタビューやテキストも豊富だったので、純粋に写真の量で言うと、本誌に軍配が上がります。

 しかも価格は、本誌が「1,080円」で、キスクラは「1,728円」ですから、雑誌購入をセーブされている方にとっても、お財布に優しい価格設定ですね。

 明日発売のクワドラプルでは、ゆづ成分は間違いなく薄いはずなんで、新刊発売の予定が比較的少ないことを考えると、この2冊は書店でチェックしてみても良いと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ