2016-07-02-17-16-50

2016-07-02-17-17-03

2016-07-02-17-17-20

2016-07-02-17-17-59

2016-07-02-17-18-18

2016-07-02-17-18-30

2016-07-02-17-18-43

2016-07-02-17-18-55

2016-07-02-17-19-08

2016-07-02-17-19-19

2016-07-02-17-19-31

2016-07-02-17-19-41

2016-07-02-17-19-53

2016-07-02-17-20-00

2016-07-02-17-20-12

2016-07-02-17-20-20

2016-07-02-17-20-29

2016-07-02-17-20-40

2016-07-02-17-20-50

2016-07-02-17-21-10

2016-07-02-17-21-21

2016-07-02-17-22-00

2016-07-02-17-22-09

2016-07-02-17-23-01

2016-07-02-17-23-21

2016-07-02-17-23-28

2016-07-02-17-23-49

2016-07-02-17-23-57

2016-07-02-17-24-06



 2014年3月19日発行(2月3日発売)。全84頁。今回、表紙・裏表紙・目次も含めてですが、画像を29枚貼ってますんで、ゆづくん率の高さがお分かりかと思います。

 この内容で発売日はソチ開幕前なので、まるで羽生君が金メダルを獲得することを予言するかの大特集。おそらく本書を所有している方はかなりおられるんじゃないでしょうか。

 写真は基本的にアフロ等の報道用のものなので、「フィギュアスケートファン通信」に近い雰囲気です。ただ、「通信」は一定期間の写真をこれでもかとゴリゴリ収録しているのに対し、こちらは、ソチ直前号ということもあって、羽生君のこれまでの歩みを文章と写真で振り返りつつ、ブライアン、デイヴィッド、ジェフ、ジョニーの「チーム」まで大きく扱っていて、これを一冊読めば(「読む」というほど文章量も多くないですが)、羽生君の歴史を手軽におさらいできます。

 「羽生結弦総力特集」と銘打っておきつつも、大ちゃんやまっちー、さらに海外のライバル勢まで扱っていて、「ソチを楽しむ」という視点から見ても、抜け目がありません。

 ややもすると「通信」は写真が大量すぎて、一枚一枚を楽しむという感じで読めないんですが、こちらは絶妙のバランスだと思いますね。

 アマゾンの中古品もかなりの数が出ていて、最安価格が170円!持っていて損のない一冊です。

2016-07-01-16-53-09

2016-07-02-18-15-56

2016-07-02-18-16-04

2016-07-02-18-17-05



 金曜日に紀伊国屋(新宿本店)で買いました。前作よりも120頁ぐらい増量しています。明らかに分厚くなっているのが一目瞭然ですね!新刊本なので中身の写真は貼りませんが、後日簡単な感想を記事にするかもしれません。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ