2016-07-05-17-00-00

2016-07-05-17-03-52

2016-07-05-17-38-48

2016-07-05-17-39-26

2016-07-05-17-39-44

2016-07-05-17-40-36

2016-07-05-17-40-10

2016-07-05-17-41-42

2016-07-05-17-41-12

2016-07-05-17-42-05

2016-07-05-17-42-21

2016-07-05-17-42-54

2016-07-05-17-43-42

2016-07-05-17-45-15

2016-07-05-17-55-03

2016-07-05-17-46-39

2016-07-05-17-46-46

2016-07-05-17-47-42

2016-07-05-17-47-58

2016-07-05-20-07-11

2016-07-05-20-07-43



 2011年11月25日発行(11月12日発売)。今さら説明の必要のない、フィギュアスケート専門誌の老舗。本号が第50号で、創刊号は1999年秋、ミシェル・クワンが表紙を飾っていました。

 羽生君情報の前に、まずは表紙のこの方ですよ。以前レビューしましたが、Number PLUSの「灼熱の銀盤」(2013年11月発売)で、マツコ・デラックス、伊藤みどり、樋口豊の3名による「マニアック鼎談」なる企画がありました。その中で、マツコさんはこう言ってたんですね。

  「顔だけで言えば以前の(エリザベータ・)トゥクタミシェワが好きだったんだけど、今は凄いことになっちゃっているわね」

  「キャシー中島さんみたいになっちゃってるじゃない!驚いたわよ。どんなクールビューティーになるのかと思ってたのに」

 おいアンタ、自分のことを棚に上げてそりゃ言い過ぎだろ!いまだって美人さんじゃないか!と思ってたんですが、後日購入した本誌を見て、ちょっとだけ、ぐぬぬ・・・という感じです。でも、いまのリーザも私は大好きですよ。



 さて、羽生君です。震災から8カ月。練習場所を確保するのも大変だった羽生君は、まさに男子マラソンの川内優輝選手が「レースを練習替わりにして」大会に出まくっていたように、アイスショーに多数出演することでコンディショニングを行っていたことは、皆さんもご存じかと思われます。

 この号での羽生君は、ジャパンオープンへの「サプライズ・ゲスト」にはじまり、「カーニバル・オン・アイス」、「フレンズ・オン・アイス」、「ファンタジー・オン・アイス」と出演しており、その様子がリポートされています。

 画像で貼ったジョニー・ウィアーについては、第49号の「ジョニー・ゆづ対談」(2011年7月FaOI福岡)を以前の記事で紹介しました



 こちらは9月の新潟のFaOIでの単独インタビューです。ここでも、彼は羽生君を高く評価しています。

  「ユヅルに感心するのは、彼はまだ若く自分のスタイルを模索している最中だけど、その滑り、パワー、エモーション、すべてが純粋なところです。彼のように自由な子がいることは本当にすばらしいと思う

  「(将来若いスケーターたちにプログラムを振付てみたいかと訊かれて)もちろん!ユヅルとやってみたいな

 ゆづが「自由な子」って?と思われる方もいるでしょうが、この前の部分も素晴らしい内容なので、引用してみます。

  「ぼくのキャリアはまるでジェットコースターのように浮き沈みが激しかった。ぼくに投げかけられる批判的な言葉が心配だった人も多かったと思います。でも、ぼくはまったく気にしていない。だから、エディット・ピアフ(※プログラム)でもそうした声をそのまま流したんです。むしろそうした言葉がぼくを強くしてくれる。「お前には無理だ」「お前はもうおしまいだ」と言われたって、「いいや、ぼくには未来がある」「ぼくは最高だ」「みんなぼくのことを決して忘れない」ということをいつも示してきた。そうした批判すらもすべて自分のものにしてきたんだ」

  「(「ウィアーさんは本当に強い人なんですね」と訊かれて)それこそぼくが若いスケーターたちに見せたいものなんです。ぼくはオリンピック・チャンピオンでも世界チャンピオンでもない。それでも人々はぼくのことを決して忘れないでしょう。それはぼくが強い人間だからであり、強い個性を持っているからです。「こうしなければいけない」という力に何から何まで従う必要はないんですよ。いい演技ができれば、気にする必要なんてない。音楽や衣装の選択やら政治的な馬鹿げたことでたくさんのプレッシャーがあると思うけれど、ぼくは若いスケーターに自由であってほしい。自分がそのことを示せていたらと願っています」

 私の読む限りでは、ジョニーのいう「自由な子」とは、周りの雑音に惑わされることなく、自分の個性を信じて純粋に演技に没頭できる若者、という意味に受け取りました。そして、羽生君もそんなスケーターであると。

 またジョニー?と若干飽きがきてる方もおられるかもしれませんが、現代の日本人に対する金言でもあると思います。みんな自己評価が低すぎるだろ!他人に振り回されず自分のやりたいようにやれ!と。少なくとも私は、彼のインタビューにはいつも励まされますね。彼の自伝も揃えてみようかと考えちゃうほど。

 最後に、クリケットクラブについて。羽生君が移籍する前、野口美惠さんがクリケットに取材に行かれていて、ブライアンとデイヴィッドのインタビューも収録されています。現地リポートの中で、やはりこの二点が目を引きます。

 ・氷の質は、日本では類を見ないほどなめらかでよく滑る。蹴らないでも進むため悪い癖がつかず、正確なエッジワークを身につけるのに最適な質を、毎日保っている。

 ・日本の場合は、1人のコーチが技術指導から精神ケア、試合戦略まですべての面倒をみて、他のコーチとは交流しないのが原則。カナダでは複数のコーチに習う選手もいるが、全コーチ(21名)と全選手が交流するスタイルは、オーサーオリジナルの手法だ。

 実を言うと、ハビもクリケットに参加したのはこの2011年の夏だったわけで、翌年のワールド後、羽生君がクリケットに加入するというのは、この時に取材している人もされている人も、みんな想像すらしていなかったことが、この記事から伝わってきます。
 
 二人のインタビューからは、ソチの「ソ」の字も出てこないので、運命的な出会いというのは突如、劇的に訪れるものなのかなと感じますね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ