2016-09-01-18-07-07

2016-09-01-18-07-15

2016-09-01-18-07-50

2016-09-01-18-08-10

2016-09-01-18-08-19

2016-09-01-18-08-40

2016-09-01-18-08-57

2016-09-01-18-09-08

2016-09-01-18-09-25

2016-09-01-18-09-34

2016-09-01-18-09-45

2016-09-01-18-09-56

2016-09-01-18-10-09

2016-09-01-18-10-21

2016-09-01-18-10-32

2016-09-01-18-10-41

2016-09-01-18-10-49

2016-09-01-18-10-59

2016-09-01-18-11-06

2016-09-01-18-11-15

2016-09-01-18-11-22

2016-09-01-18-12-35



 2015年10月29日発売。Sportivaは、元々Numberと比較されるようなスポーツ総合誌ということもあり、それがフィギュアスケート特集号を組もうものなら、能登直さんの美しい写真をたくさん収め、しっかりしたスポーツライターを起用して読み応えのある分析記事やインタビューを掲載する、いつも真っ当な内容に仕上げてきてくれる印象です。

 そしてもう一つの特徴は、たとえ表紙に羽生君がドーン!という感じでも、中身は他の男子選手のみならず、本号は女子選手にもかなりの誌面を割いていて、日本フィギュアスケートの男女の中心選手の現状を手っ取り早くチェックできます。おそらく、今年も10月下旬頃にまた刊行されるんじゃないでしょうか。

 羽生君に関しては、インタビューが2本収録されています。昨日取り上げた「ファン通信(3)」でも特集されていたオータムクラシックの演技に関するもの、そして前年度14-15シーズンを振り返る内容と、分けて掲載されています。実はこの2本のインタビュー、興味深い裏話的なものはなかったので、別の人の証言を取り上げます。

 一つは、現ロサンゼルス・ドジャース(当時広島東洋カープ)の前田健太投手の羽生君に対するコメントです。

  「『憧れのプロ野球選手』ということで、羽生選手が僕の名前を言ってくれたことは、メディアを通じて知りました。・・・もし羽生選手に会えたら、どうやってトリプルアクセルを跳んでいるのか聞いてみたい(笑)。どんな体の使い方をしたらあんなに跳べるのか。そのほかにも、競技に対する考え方やトレーニング方法についても知りたいです。筋骨隆々よりも、自分と似た細身の選手に目がいってしまいます。特に羽生選手のように、涼しい顔をしてすごい技をする選手に興味があります。

  「どんな競技でも体を効果的に使うことに変わりはないのですが、感覚はそれぞれ違います。野球に関しては、今までやってきたスタイルやこだわりがあるので、野球選手から話を聞くことはほとんどありませんが、ほかの競技の人の話はなぜか聞き入れられるんですよね。全部が全部、野球につながるとは思っていませんが、ヒントになることがあり、勉強になるんです。」

 自分もあくまで個人の趣味のレベルですけど、TOEICの「勉強法」の類の本はまず買わないし、ブログもほとんど見ません。やるべきことは分かっていて、あとはモチベーションをいかに持続させるか、マンネリをいかに脱するか、トレーニングの質と量のバランスとか、こういうものは、羽生君はもちろんですけど、トップアスリートやコーチ、あるいは将棋のプロ棋士の考え方を参考にしている部分もあります。

 結果を出している「同業者」のマニュアルを自分がコピーするとして、かりにそれで思うような結果が出ない場合、必然的に自分自身を責めてしまいます。あの人はできてるんだから、できない自分が悪いんだと。私はそれが嫌なので、自分がうまくやれていた方法や考え方を大切にしつつ、あとはいろんなアイデアを融合させる方が、少しでも長く続けられるのかなという気がしています。

 もう一つは、女帝だの何だのと色々と言われている、チーム羽生の総監督を務める、城田憲子さんのコメント。

  「羽生は、ほんとうにストイックな選手です。いつだってスケートのことを考えていて、何というか、遊ばない。練習を終えると、大学の勉強を熱心にしていますし、近頃の子にしてはかなりまじめなほうだと思います。だけど、あの人は見た目とは違いますよ。ああ見えて、ものすごく気が強いんです。どんな場面でも挫けないし、誰にも負けたくないと考えている。

  「この競技は自己主張の強い子のほうが成功します。むしろ、そうでないと闘えません。勝負にならない。羽生はソチでも、『僕が勝つ』という気持ちで臨んでいました。それは、彼の強みと言えるでしょう。これまで大勢の選手に携わってきましたが、羽生ほど強気の選手はいませんでした。ときどき、その自信はどこから来るのか聞いてみたくなるくらいです。」

 24時間テレビでの「くまモン」との絡みとか、ガーナのイベントで女の子たちから「ゆづるくん」と呼ばれて照れている様子とか、あれを見ていて改めて思ったのは、羽生君はフィギュアスケート以外の場所だと、「俺が!俺が!」って所が全くないんですよね。普通のスポーツ選手や芸能人なら、テレビの前だし、何かウケることを言ってみようとか、かっこいい所を見せたいとか、そういう欲が出てくるはず。

 しかし、彼の場合、エネルギーと闘志と情熱を注ぎ込む場所をフィギュアスケートに一点集中していて、その他の場面では、誰かと張り合ったり争う必要もないんだと、割り切っているフシがある。しかも「割り切っている」ということをいちいち説明もしない。この若さにして「わきまえる心」というものが備わっているのは恐ろしい。

 そういえば、wikipediaを見てみたら、城田さんって、シンクロの井村コーチより4歳上なんですね。その世代の人が、「ストイック」「近頃の子にしてはかなりまじめ」と評するんですから、鬼の井村先生と羽生君が対談したらどんな感じになるのか・・・。でも、

 「オリンピックの金メダル2個といわず、3個、4個、あんたならできる!絶対取らんとあかんで!」

 とか、一方的にハッパをかけられて、羽生君が苦笑・・・というような光景が思い浮かびますが。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ