2016-10-16-16-49-29

2016-10-16-16-49-39



 2016年10月7日発売。二日前にレビューした『フィギュアの時間です』の続編をさっそくご紹介します。

 全て読み終えてから、冒頭と、そして、最後の「あとがき」をもう一度見てみると、この内容になるのも仕方ないのかなと思いました。

 すなわち、作者さんが「原稿を描くのに忙しくて現在進行形で情報を追えていなかったこと」と、編集のKさんにかなり「多いです、削ってください」とカットされたことで、結果的に前作と比べて「薄い」印象です。

 前作は、まぁ、昔話が大半で、しかし「歯切れのよいぶっちゃけ」と「勉強になるなぁ」という、二つの意味でおいしい内容でした。

 続編の本作は、「14-15」と「15-16」の2つのシーズンという短いタイムスパンなので、男女シングルの現役選手に対する「分厚く濃い描写とぶっちゃけ」があるのかと思いきや、はっきり言って質・量ともに物足りません。

 例えば、この作者は(と編集者も?)、日本の女子シングル選手に関しては、宮原さんよりも本郷さんが好きなんだろうな・・・というのは、最終第8章を読んでいてすぐに分かりました。もちろん、本郷さんの長所を実に上手く捉えていて、それは別にいいのです。

 しかし、もうそこで、残り10頁ほどなので、じゃ、他の選手についてはどう見てるの?という期待感を奪うかのように、あとは、パタパタっとやっつけ気味に終わってしまいます。巻末の年表を見ていて、あれ?新葉ちゃんは出てきてた?とか、友野君や刑事君を紹介するのもいいけど、草太君はでてきてないよな?とか、やはりこの辺りのホープは最低限押さえておいてほしいよなぁ・・・と、けっこう不満があります。

 他方で、アイスダンスやペアに関する描写はさすがの一言で、今季はまじめに見てみようかな!と、背中を押してくれます。でも、私は、「ブログでレビューする」という目的があったから、集中して頭から一気読みしたから良いとして、これ、一般的なファンからすると、最後の最後の章でやっと「15-16シーズンの日本のシングル選手」の話が出てくるまで、けっこうキツイんじゃない?と思いました。つまり、章の並びが悪い、ということです。

 やっぱり、私たちが容易にイメージできる、最新の現役選手に対して作者はどう見ているか?というものを、最初にある程度提示してもらわないと、海外のしかも引退したアイスダンスやペアの選手の何がどう凄いかとか、「スケオタの日常」や「重箱のスミをつつく話」をされても、ピンとこないんですよね。内容はいいんです。順番がもう少しどうにかならなかったのかなと。

 ということは、まだ読んでいらっしゃらない方は、まず第8章から読んでいただいて、そこからお好みで興味のある章をつまんでいく方が良いのかもしれません。

 文句ばかり書きまくりましたが、個人的にニヤリとさせられた部分を。

 ・ プルシェンコの嫁さんについて。私が見たTogether on Iceでは、本書で描かれているようなあんな薄着だったかどうかは記憶にないですけど、ロングサイド中央・中段のVIP席で、明らかに一般人じゃない風格を漂わせていました。写真は熱心に撮っていましたね。

 ・ リーザについて。本書では「小っちゃいマッチ棒みたい」と描写されています。私も国別対抗と新横浜DOIで目撃しましたが、ホント小さいんですよね。テレビで試合の中継があると、実況スレでは、やれ銀座のチーママだとか、岩下志麻みたいだとか、色々言われてますが、小柄でかわいらしい体型です。

 最後に羽生君に関しては、まぁこんなもんかなぁ・・・と。しっかり描いてくれているし、これ以上「推す」とバランスを欠いてしまうので、十分ですね。そういえば、ハビって出てきてたっけ?と調べ直してみたら、なんと、

  「スペインのハビエル・フェルナンデス君、ハビ、ハビって呼ばれてるけど、同じスペインの同じ年のハビエル・ラジャ君もやっぱり『ハビ』なの?一緒にいる時はどう呼び分けられてるの?」

 という形で、前作で2コマだけ登場していて、本書では一切出てきません。羽生君の最大のライバルなのになぜだろう・・・。そういえば、コーチの話題は扱われていても、ブライアンはコラム扱いだし、振付師の所でジェフは紹介されていても、シェイリーンはまったくないし・・・。

 こういうことを言い始めたらキリが無いのは分かっています。だからこそ、こりゃもう、すぐに第三弾を出さなきゃ、賞味期限切れになってしまいますよ!と、次回作を待ちたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ