On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

カテゴリ:TOEIC > LRテスト

2017-09-10-11-57-11

2017-09-10-11-57-05

2017-09-10-11-54-20

2017-09-10-11-54-15

 試験会場は、前回に続いて、首都大学東京の南大沢キャンパス。実は、金曜の夜に38度近くまで熱が上がって、土曜日は朝一で内科へ。試験前日は一日中寝込んでいました。

 試験当日、気温は30度超えの暑さでしたが、この会場の冷房のキツさには何度も痛い目を見ているので、長袖で出陣し、さらにもう一枚上着を持参しました。試験終了時刻は15:02。

 <パート1>(易)→簡単でした。おじさん&おばさんがスマホを仲良くのぞきこむ写真もありましたが、全く一切のまぎれもなく、6問完璧に正解していると思います。

 <パート2>(普通)→「痰からみ系ボイス」のイギリス人のおばちゃんの登場にヒヤっとしましたが、Q31以外はそんなに長い質問文もなく、意表を突くトリッキーなものも、序盤にあった「IF」から始まる問題ぐらいでしょうか。取りこぼしはあると思いますが、まずまずの出来です。

 <パート3><パート4>(普通)→特に先読みが遅れることもなく、淡々とこなせた印象です。問題の難易度よりも、危惧していた風邪の影響で体調が悪くなることもなく、むしろいつもより調子がいいぐらいでした。熱を出して、大量に汗をかいて、寝まくった方がエネルギーも充填されてるんじゃないの?と、不思議なぐらい気持ちよく問題が解けました。とはいえ、正答率自体は謎ですけども。

 <パート5><パート6>(普通)→パート5はいつもよりも若干手こずったかなと思います。したがって、パート6に入ってギアを一段階上げたんですが、Q143~146の「コンクリートを固める際の注意点」的な問題にはちょっと困りました。家電製品の「取扱い説明書」が出題されることはあるんですけど、このテーマはちょっと見たことがないです。これはもう、実際に汗をかいて肉体労働をしなさい!という神のお告げかもしれません。

 <パート7>(普通)→多少時間に追われながら、なんとか塗り絵無しでQ200まで解き切ることはできました。ここ最近、リーディングは時間を余らせることができていたので、今回は多少焦りながらの解答だっただけに、正答率も自信が無いですね。ボロボロということは無いにしろ、前回よりはリーディングのスコアは落ちているはずです。

 体調悪くて、準備が足りなかった割に、まずまず戦えたと思っています。そういえば、ここ最近の風邪は、咳が長引く症状の患者さんが増えているようです。ニコ生の将棋中継を見ていても、咳をしている棋士の先生もいたので、皆さんもお気をつけください。

 次回は10月22日。まずは体調管理。そして、リスニングパートの対策に注力したいと思います。

 Jun

2017-08-19-17-57-06

2017-08-19-17-57-27

2017-08-19-17-57-32

201708201821303e3

 今回はフォーム1でした。リスニングセクションの正解数換算は、

  1+1+3+8+2=15, 15-2=13(正解数87問)

 とある情報によると、リスニングは、正解数95問で495点(満点)とのことで、今回のフォームは難しかったのでしょう。

 しかし、それにしても「項目4」の8問誤答というのはひどすぎます。ここはパート3とパート4に該当しますが、1ユニットまるまる落としている所もありそうです。

 ただ、受験直後の感想でも触れましたが、パート3については、「これ、どうやって解くの?」という新種の問題が登場していたので、次回は、これにパニックにならずにどう処理するかが課題です。

 とはいえ、この種の問題が何ユニット出るか読めないので、特別な対策ができないのがツライ所。とりあえず、960を出した頃に取り組んでいた同じトレーニングを7月下旬頃からやっています。

 リーディングは相変わらず新しいことは何もしていない割に、スコアは出ているので、リーディングセクション自体が簡単になっているんだと思います。私の場合、いかにパート7に時間を残せるかが、Rで高得点を出せるかどうかのカギを握っていますね。

 この試験は、リスニング中に体調が悪くなって、作業量を大幅に減らして45分耐えきるモードにしながらも、予想以上にスコアは出ていた方かなと思います。

 次回試験の9月10日までもう少しありますが、マイペースで頑張ります。

 Jun

2017-07-26-17-39-18

2017-07-26-17-39-33

2017-07-26-17-39-40

2017072707161497b

 ようやく900点台まで戻すことができました。超絶爆死した2つ前の855点から、1つ前の895点、そして今回とキレイに40点ずつ増えた理由は、私にはさっぱり分かりませんけども。

 今回はフォーム2。リスニングの誤答数は、2+2+1+4+5=14, 14-5=「9」となりました。

 このアビメは、テストを受けた時の印象の通りで、リスニングではやはり、パート3・4で失点が多いようです。とはいえ、この両パートに関しては、この第221回、そして先日受験した第222回でもはっきり難易度が上がっているので、この程度の誤答数でラッキーだったかな・・・とも思っています。

 リーディングの勉強は好きではないので、ほとんど何もやっていないのですが、時間配分さえミスしなければ、リスニングのスコアに比べると乱高下していないですね。

 語彙・文法でミスが少ないのは、はっきり言って、パート5・6の問題レベルが、それこそパート1並みに低めに設定されているからだと思います。

 もうETSは、パート1・5・6に関連した能力を受験生に求めていないのではないかと。事実上の「ボーナス問題化」していて、「他のパートの勉強をしてくださいね!」というメッセージが試験問題に込められているようにさえ感じます。

 売れるからか、作るのがラクだからかは謎ですが、単語集とか穴埋め系の問題集とか、相変わらず色々と出ていますね。でも、もう新たに買う必要もないでしょう。パート5・6は合わせて15分程度で通過しさえすれば、タスク終了です。

 自分自身に目を向けると、やはりベストスコアを出した今年3月頃にどういう準備をしていたか、当時取り組んでいたものに改めて立ち返ってみたいと思います。

 余裕があれば、パート3・4の新作問題も解いてみたいですが、いま書店に並んでいるものが、昨日指摘したような点を盛り込んでいるかどうか不明です。

 「純粋なリスニング力」が試される問題にどう対応すべきか。これが目下の課題ですね。

 Jun

2017-07-23-11-43-36

2017-07-23-11-43-39

2017-07-23-11-43-44

2017-07-23-11-43-47

 ちょっと日にちが経ちましたが、いちおう受験しております。久々の首都大学東京の南大沢キャンパス。一年前の7月もここだったんですが、あの時は、殺人的な冷房の効き具合に震えながらテストを受けました。今回は雨天にも関わらずやっぱり冷えていて、試験開始前から長袖を来て、試験終了まで着っぱなしでしたね。試験終了時刻は15:02でした。

 <パート1>(易)→ 簡単でした。若干危ないのは、男性がホームセンターで買い物をしている写真ですが、たぶん大丈夫でしょう。

 <パート2>(普通)→ お腹が張ってきて、嫌な予感がしながら解いていました。このような体調面での不安を感じた場合、すべてを完璧に聞き取ろうとすると、実際にそれができないギャップに焦り、どんどん精神的に追い詰められていきがちです。急遽、作業量を減らして対応しました。それを言い訳にしたくないですが、出来はあまりよくないと思います。難易度的にはここ最近のテストでは標準レベルかもしれません。

 <パート3>(やや難)→直前の準備として、新形式の公式問題集3冊の全問を解き直してきました。それを踏まえて考えると、今回のテストに限っては、最も歯が立たなかったのはパート3だったかなと思っています。

 例えば、設問→選択肢と先読みをして音声を待っているとします。従来の問題では、1ユニットの3問の並びが「man→woman→man」だとすると、まず男性が話しはじめ、女性が応答し、男性が返答する、というのが一般的でした。

 ところが、今回私の記憶では、上記の例で言うと、少なくとも3ユニットぐらいは、いつまで経っても男性の話が始まらず、ひたすら女性がしゃべっていて、終盤にチョロっと男性が返答するというパターンがありました。これはもう、解答に困ってしまって、つぎのユニットの先読みになかなか踏み切れず、ペースが乱れるという状況に陥りました。

 公式問題集はもちろん、いま書店に並んでいる市販の問題集でもこの種の問題に対応しているのだろうか?と疑問です。今後、このタイプが増えてくると、かなり大変かもしれません。

 <パート4>(普通)→パート3に比べるとマシでしたが、確信を持って3問すべて解答できたユニットがどれだけあったかな?と不安は残ります。それでも粘り強く、ひとつひとつ拾わなきゃいけません。パート3も含めて、9月の試験まで、この両パートは個人的に最重点ポイントですね。

 <パート5><パート6>(易)→リスニングが2分長かったので、13:47開始だったんですが、周囲の受験生の腕時計の「ピピッ!」という音と同時に終わったので、14:00には解き終えていました。予定より3分早く通過できました。この両パートの最近の難易度は、パート1に次ぐ簡単さになっていると思います。

 <パート7>(易)→最終的に7~8分余りました。過去受験してきたTOEICの中でも一二を争うほど、余裕をもって解答でき、しっかり見直しもできました。これで、リーディングセクションの正答率が低かったらなんだ?って話ですが、いいんです・・・。問題用紙も解答ももらえない試験では、自分が何を間違えたのか確かめようがありません。「最後までやり遂げた!」という体験こそが大事で、その経験があってこそ、難問にぶつかっても制限時間内に解き切るための「粘り」がきくと思っています。

 リスニングセクションにやや不安を抱えるようになったので、そろそろ新しい問題集を購入してみるかもしれません。9月の試験も頑張ります。

 Jun

2017-06-25-11-49-30

2017-06-25-15-07-15

 今回の会場は、NTT中央研修センターで、ちょうど一年前もこの試験会場で受けさせられました。一応、所在地は「東京都調布市」なんですが、バスを使わないとたどり着けない、陸の孤島というか僻地にあります。

 実を言うと、受験票には「成城学園前(小田急線)と仙川(京王線)からバスが出ている」と記載されていて、京王線使いの私は、昨年は仙川から行こうとすると、バス亭は見つからないわ、下車したバス亭から会場まで遠いわで、大変な思いをしました。

 今回、事前に現地付近のバスルートを調べてみると、なんと、京王線の仙川駅のお隣りの「つつじヶ丘」から「NTT中央研修センター」の前に停まるバスがあることが分かりました。

  「受験票の交通案内を作成した奴、バカじゃねえの?」

 どうして、つつじが丘からバスが出ていることを明記しないのか、京王線に恨みでもあるのか?と、ふざけんなこのやろーという感じでしたね。

 去年は猛暑に近い天気で、帰り道は汗まみれになりながら安藤忠雄ロードを歩いたりしましたが、今年は天気も悪かったので、行きも帰りもバスで速やかに移動しました。

 リスニングは46分。終了時刻は15:01でした。以下、テストの感想です。

 パート1(普通)→写真に人が登場しない、「モノが主語になるような」問題が数問ありました。いつもほどの確信はなく、1~2問不安ですが、そういうこともたまにあるので、あまり気にしていません。

 パート2(普通)→質問文は比較的オーソドックスながら、応答文の選択肢で迷わせるタイプの問題がけっこうありました。WhenやWhereで始まる問いかけなので、時間ないし場所を含む選択肢を「決め打ち」して待っていると、時間も場所も答えにないような応答文ばかりで、どれ選べばいいの?と焦ることになるわけです。

 例えば、「今日、何時にコンサート行くの?」に対して、「ちょっと体調悪くてさ」みたいな応答が正解になるパターンです。質問文だけでなくすべての応答文も聴き取れなきゃいけないので、従来よりも気が抜けませんね。

 パート3・パート4(やや難)→今回のテストで最も自信が無いのがこの両パートです。確信を持って3問答えきれたユニットがいったい、何問あったか・・・。爆死している可能性もあるし、運良く拾えているかもしれないし、まったくの未知数です。まぁ、過ぎてしまったことを悔いてもしょうがないですが、次回のためにしっかり準備したいと思います。

 パート5・パート6(普通)→パート6を通過した時間が、予定より1分程度遅れましたが、難易度的には最近とあまり変わっていない印象です。おそらく難問もあったんでしょうが、難問ほどさっさと諦めてテキトーに解答することにしているので、よく分かりません。

 パート7(普通)→いつものことなんですが、解いても解いても長文が待ち受けていて、え?まだQ160台?・・・というような感じで、ここは精神力の勝負ですね。

 そんな中、ふと試験中に頭に浮かんだ映像があります。将棋の藤井聡太四段と阪口悟五段との対局の最終盤、藤井四段が致命的ともいえる自身のミスに気づき、おそらく悔しさから、右の太ももを「バシン!」と凄い音を立てて引っぱたいた様子です。

 もはや100年に一人というレベルの天才棋士ですが、中学生でもあんな感じで気合いを入れて対局に臨んでいるのに、いい歳したおっさんがこの程度のことで頑張れなくてどうする!という感じで、歯を食いしばって私もパート7は踏ん張りました。きっと、苦痛で顔を歪めながら問題と対峙していたと思いますが、こういう時はマスクをしているといくぶん気がラクになります。

 SPの終了予定時刻が予定より2~3分遅れましたが、MP(WP/TP)は比較的解きやすい題材の長文だったので、1分前に全問解答終了。

 ここ最近、スコアは不安定の極みで、今回もパート3・4はまったく自信がありませんが、パート7で塗り絵をせずに全問解き切ることは継続できています。この部分に限っては、自分自身の成長かなと思っています。

 こんな所でも藤井君効果を実感した公開テストでした。次回も頑張ります。

 Jun

このページのトップヘ