On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

カテゴリ:羽生結弦選手 > グッズ

IMG_0269

IMG_0270

FullSizeRender

 まず、この日は、並び始めからグッズの精算終了まで、現地からツイートしていましたので、こちらもご参照ください。

 おそらく、2日目以降、現地での案内等は改善されていると思いますが、初日の流れをざっとまとめておきます。

 (1)現地到着~8F展示エリア入場

 現地到着は9:00頃。すでにお店の外に列が出来ていたので最後尾につきます。展示の告知チラシが配られていたのですが、私の前で無くなっていました(※こちらのチラシは、8Fの展示エリア入場の際にもらえます)。9時の段階で300人の列という情報でした。

 ここで、列を管理しているスタッフの話とその後判明した情報をまとめると(※2日目以降は変更の可能性があります)、

 (A)開店前のこの列は、8F展示エリア入場客用の列で、1Fの物販狙いの客は10:30のオープンで入店するように。(B)1Fと8Fの物販エリアはグッズの品揃えが違う。(C)8Fの物販エリアは、展示を全て見た後に、一度出てから物販用の列の最後尾に並ぶ必要がある。

IMG_0253

 こちらの商品一覧の掲示は、8Fの物販エリアのものです。「ブックマーカーセット」は1Fにもあったかどうか自信が無いんですが、「コスチュームキューピー」と「キャンバスアート」は8Fのみでした。

 9:10頃には店内に入れてもらい、ロープで区切られたエリアに並ばされます。ここに並んでいる客が少しずつ8Fにエスカレーターと階段で移動。この移動中に1Fの物販エリアの様子も見ることができました。1F物販の様子はツイの方をどうぞ。

 (2)展示鑑賞と8F物販の列へ

 9:45頃に8Fに到着。予定よりやや早めの、10:15に展示エリアがオープン。展示の内容についてはネタバレになるので割愛します。ただ一点のみ。四連覇を成し遂げたGPFの金メダルが、福岡(2013)、バルセロナ(2014・2015)、マルセイユ(2016)と並んでいるんですが、福岡以降、メダルのクオリティがどんどん落ちてきて、マルセイユの評判最悪のゴーフレットメダルに苦笑。ここは笑う所ですね。

 さて、このメダルエリアと、篠山紀信さんの写真の辺りから、客の人だかりがカオス状態に。物販エリア用の列が展示エリア内にそのまま伸びていて、伊藤聡美さんの衣装のデッサン~ゴールまでの写真を、ほとんどまともに見られませんでした。すし詰め状態というか芋洗い状態というか、そこでずっと立ちっぱなし。通勤列車のように冷房が入っているわけでもないので、皆さん、チラシで仰ぎながら我慢して立っていました。

 これが駅の遅延だったら、中高年のおじさんたちが駅員に食ってかかって罵声と怒声が飛び交っている所ですが、ここに集ったゆづファンの皆さんはマナーと節度のある方々ばかりで、素晴らしかったです。

 展示エリアを出られたのは、11:50頃でした。展示自体は20分も見たかなぁ・・・という感じだったので、1時間以上、展示エリア内で立ち往生したことになります。しかし、そこから第二の地獄が待っていました。

 (3)8F物販のための並び~物販エリアへ

 8F物販でグッズを買いたい客のうち、展示エリア内で一緒にすし詰め状態だった人たちはそのほんの一部で、すでに「別の列」ができあがっていました。

 物販エリアからずーーーーーーーーっと階段まで列があり、さらに8Fの階段沿いにずーーーーーっと下の階にその列が伸びている、という状況。私がその列の最後尾についたのは6Fの階段だったと思います。ここから物販エリアに入るのに、あと何時間待たされるのか?と、絶望的な気持ちになりました。ただ、列の後ろの客に声かけ等をして、トイレや飲み物購入等のために離れても良いという感じでした。

 で、私の同行者に、トイレのついでに1Fの物販エリアを偵察に行かせます。すると、8Fの物販エリアとは少しシステムが違うようでした(※2日目以降、変更の可能性があるかも)。

 1Fの物販エリアでは、透明の袋を渡されて、グッズを見たり、欲しいものを袋に入れて確保することは比較的容易。しかし、この12時過ぎの時点で、レジで精算するための列が1Fから階段沿いにB1まで伸びているとのこと。係員によれば精算まで1時間以上はお待ちいただくという話でした。「今日は1Fで写真集だけ買うか」という考えが脆くも崩れ去り、上で頑張りましょうということに。

 ただ、階段での並び自体は、風通しも良く、身体を伸ばしたりしゃがんだり、そしてトイレのために離れることも可能なので、展示エリアでのすし詰めと比べたら、はるかに快適。そして、列の進行も早く、結果的に1時間程度で8Fの物販エリアに辿りつくことができました。

 (4)8Fでのグッズ購入

 13時頃に8F物販エリアに入れたと思います。おそらく20~30人ずつエリアに案内されていたのですが、この時点でグッズコーナーに「欠品」がいくつかありました。具体的にはキューピーとキーホルダー(黒パリ・ホプレガ)が見当たりませんでした。ただ在庫切れというわけではなく、スタッフがダンボールに入った在庫を補充しに来ていました。

 そのコーナーにお目当ての品が無いからといって、物販エリアを出てしまってはいけません。必ずスタッフに確認して、補充をお願いしましょう。一度物販エリアに入れば、「早く出てください」と急かされることもなく、粘ろうと思えばいつまででも粘れます。

 (5)精算~帰路へ

 透明の袋にグッズを入れて、物販エリアを出ると、精算用の列に並ばされるんですが、階段の列に比べれば、かわいいものです。レジが10箇所以上はあったので、流れはスムーズ。

 階段のあの列を見たお客さんは、「うそでしょ?」「どこまであるの?」と絶望の悲鳴を上げていたものですが、私も含めて精算用の列を見た方々は、皆さん、「ふーん?」と涼しい顔で列の最後尾についていました。

 ちなみに、精算時に、例の読売新聞の折り込み広告もいただきました。これは1Fでももらえるのでしょうか?それとも、展示を見た8Fの客のみでしょうか?嬉しい心遣いでした。

 精算を終えたのが13:30頃。そのまま階段を降りていくと、4Fまで列が出来ていました。やはり入場が遅いと、物販エリアに入るまでの時間もより長くなるのかもしれません。

 (6)まとめ

 初日とはいえ平日でコレです。グッズは1Fで買うとか、8Fでは展示だけを見るとか、ある程度の妥協案を選択をしたとしても、相当な時間、並ぶことを覚悟された方がいいかもしれません。少なくとも、Continuesのついでというのは、今日の感じではまず不可能といっていいでしょう。

 いちおうこの初日の私は、9時並びの13時半解放なので、拘束時間は4時間半でした。私はスニーカーだったんですけど、それでも足の裏が痛くて、背中と腰も張ってキツかったです。

 並ぶ前には、荷物はどこかに預けるなどして、最小限で。最難関は展示エリア内での立ち往生なので、あの状況が明日以降も改善されないなら、むしろ展示に入る前(というか、お店の外に並ぶ前)にトイレ等を済ませておく方がいいかもしれません。

 以上、こんな所です。スタッフの皆さんはよく頑張ってくださっています。そして、お客さんも、皆さん粘り強く我慢されていました。しっかり対策して、並ばれることをオススメします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-06-23-11-00-04

2017-06-23-11-00-14

2017-06-23-11-00-28

2017-06-23-11-00-39

 キャンペーンの概要はすでにご存じかと思われますので、注意点をまとめておきます。プレスリリースのリンクはこちらで。

nishikawa1

nishikawa2

 2か所赤枠で囲みましたが、税抜き価格2000円以上の東京西川の対象商品を買うことで、クリアファイル1枚をゲットできる、と読み取れます。

 じゃ、税抜き8000円以上のお買い物をすれば、計4種類コンプリートできるかというと、ここは注意が必要です。

 私が本日購入したのは都内の某ヨーカドーでしたが、

  「1レシート(税抜き2000円以上)でクリアファイル1枚」

 と、こう言われました。つまり、

  「たとえ8000円購入したとしても、それがレシート1枚での清算ならば、クリアファイルは1枚しかお渡しできない」

 と言うのです。

2017-06-23-10-57-54

 あくまでも、私が訪れたヨーカドーのケースですので、気になる方は、「ファイルお渡しの詳しい条件」について事前に店舗に電話で問い合わせをされることをオススメします。ネット上では、レシートの件は特に店側から申告もなく、一度に8000円の購入で4種類ゲットできたという報告もあるようです。

 私の訪れたヨーカドーの場合、税抜き1280円の枕パッド2枚を4回に分けて購入することで(その都度レジに並びなおす必要はない)、最低出費額で4枚コンプできる、ということは分かりました。

 ただ、8枚も夏用の枕カバーなんて必要ないし、他店舗を何軒も回るのも面倒なので、結局、あまり値段にこだわらず、必要なアイテムを4回に分けて、家族用に色々と買いました。

2017-06-23-10-58-29

2017-06-23-10-59-18

 もちろん、4980円の品も、3980円の品も、それぞれクリアファイルは1枚ずつでした。枕カバーは、(写真は2枚ですが)4枚を2回に分けて購入。

 「電話での問い合わせ」といえば、どの種類のクリアファイルが店頭にあるのか?という部分に集中しがちですが、上述のファイル渡しの件も確認してみてください。ちなみに、上の画像の3980円の敷パッドは夏限定アイテムではないですが、対象商品としてカウントしてもらえました。

 もしかしたら、私はレアケースかもしれませんので、お急ぎでなければ、ある程度事前に情報収集される方が賢明かもしれません。

 とりあえず、注意喚起ということで以上です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017-01-10-14-47-45

2017-01-10-14-47-55

2017-01-10-14-48-06

2017-01-10-14-48-16

 すでにネットオークションで出回っていますが、今回はさほどハードルは高くないので、比較的容易に入手できると思います。以下、これからゲットされる方のために、メモを残しておきます。

 ・ 入手条件→→ガーナミルクを含むロッテ菓子2つを購入すると、クリアファイル1枚をもらえる(※今回ファイルは3種類)。

 ※ただし、この条件はお店によって多少違うようです。私は、イオン某店にて、ガーナミルク1箱(10枚)にガーナブラック2枚の計12枚購入で、クリアファイルを3枚x2セットをもらいました。アイスを混ぜても良いという情報もありますね。

 ・入手可能店舗→→イオン(1月10日~)、ダイエー&グルメシティ(1月9日~)は、私が実際に電話で問い合わせました。他にも、ヨーカドー、アルプス、地方のスーパーチェーン等、入手経路が拡大しているようです。

 なんで12枚も買ったのかというと、対応してくださったイオンのスタッフさんがたいへん丁寧だったので、それでバラで買うのもなぁと、チョコを一箱購入し、それに2つつけてという形になりました。

 ちなみに、私の購入した店舗では、いわゆるチョコやお菓子のコーナーとは別に、ガーナチョコのための特設コーナーができていて、そこに羽生君キャンペーンの告知と、ガーナがたくさん置いてありました。これがショップによっては、例えば、レジ横等に設置されている場合もあるでしょうから、スタッフさんに教えてもらうと良いと思います。バレンタインコーナーもあったりで、やや混乱するかもしれません。

 さすがガーナ用にCMを撮っているだけあって、CMに完全タイアップの独自デザインのファイルですし、しかもなかなかかっこいい。

 西川に比べたらあらゆる面でお得感がありますので、ぜひこの機会にゲットしてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

 
フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-11-06-14-15-32

2016-11-06-14-15-44

2016-11-06-14-15-53

2016-11-06-14-16-00

2016-11-06-14-18-36

2016-11-06-14-19-11

2016-11-06-14-19-34

 近場のマツキヨでゲットしました。ただ、全国のドラッグストアのきき湯が一斉にこのポストカード封入モデルに切り替わっているとは限らないので、事前にお店に電話確認をしておいた方がいいかもしれません。

 意外と言っちゃ失礼ですが、3種類ともにかっこいい写真なので、ゆづファンの皆さんはぜひこの機会に入手しましょう。

 さて、ロステレコム・カップについて、少々コメントを。

 昌磨君、残念な結果でしたけど、やっぱりSPとFSの2本揃えないとなかなかハビに勝つのは難しいですね。

 一方ハビの逆転の原動力となったFSのプレスリーメドレーですけど、これ、ジャパンオープンの地上波放送を見ていた時は、間延びして長いなぁ・・・というのが第一印象でした。

 ところが、今回のロステレコムでの演技を見ていると、ジャンプがきっちり決まると、そこからのつなぎのステップで、観客も一緒になって盛り上がれるプログラムなんですよね。

 「一緒になって」という点がポイントで、プロの中での「緩急」が、「お客さんも参加できるような」雰囲気をうまく出しています。逆に、羽生君のFSの場合、これは「SEIMEI」にも「Hope & Legacy」にも言えると思いますが、超難度の技の数々と芸術性とが合わさったものが目の前で表現されていて、

 あまりに凄すぎて、どこか遠い異世界で行われているような・・・、

 もしかしたら、そんな印象を与えてしまうのかも、と多少危惧しています。

 私の好きなロックバンドのDream TheaterのLiveでは、メンバーの演奏が高度すぎて、一瞬たりとも見逃さないぞ!といわんばかりに、熱心なファンほどメンバーを凝視している光景が(特に日本では)よくあります。



 だから、ライトなファンだと、CDやDVDを買うけど、Liveだったらもっとノレる別のバンドの方に行くかな・・・という話を聞くこともありました。

 もちろんこれは極端な例で、羽生君の演技中だってものすごい手拍子が起こりますし、ハビもまた、羽生君と方向性は違うとはいえ、完成度の高い表現を見せてくれているのだなと、改めて思いました。

 やはり最大のライバルですね。まっ、ここで私が言うまでもなく、羽生君自身がメラメラと闘志を燃やしていることでしょう。NHK杯が楽しみですね!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-10-22-17-20-53

2016-10-22-17-20-44



 新たに2冊雑誌を購入したのですが、読む時間がありません!月曜日・・・火曜日かな・・・。その辺りからレビューをアップできると思いますので、しばしお待ちください。

 あ、ジュエルズについてだけ。もともとこの雑誌は創刊号から裏表紙の広告がANAでしたが、本号には城田憲子さん執筆の記事も掲載されていますね。これ、連載企画になりそうな予感がします。

 さて、時間がなくて困ったときは、このテーマでお許しを。私が所有している大会・アイスショーのプログラム紹介の第四弾です。これまでのプログラムについて、よろしければこちらもご覧ください(「1」「2」「3」)。

2016-10-22-17-21-28


2016-10-22-17-22-01

2016-10-22-17-22-07

2016-10-22-17-23-04

 ・ 国別対抗戦 2015 @ 代々木(2015年4月18日・土曜日)

 この大会については、「応援ブック10」のレビューで触れています。そして、もし初めてフィギュアスケートの競技会を観戦するのであれば、この大会がダントツでオススメです。

 オススメする理由は、以前書いたことの繰り返しになりますが、(1)NHK杯や全日本選手権と比べると注目度がやや低いのでチケットを取りやすい。(2)6カ国が参加する国際大会でしかも各国代表選手のみの出場なので レベルが高く進行もスムーズ。(3)かりに男子シングルの日のチケットを取れず他の日に行くことになっても、応援席のゆづ君を見れる。(4)スコアが出る競技会であり、しかしお祭り要素もあり、観る我々もユルく楽しめる

 さらに付け加えるならば、日にちによりますが、普段なかなか地上波では放送されないペアやアイスダンスも楽しめます。私は大会3日目でしたので、女子シングル(フリー)とペア(フリー)の日で、とても興味深く観戦できました。

 先日レビューした漫画、『フィギュアの時間です』と『フィギュアの季節です』では、現地観戦の心得が詳しく語られていましたが、その中にあった、「大会を観戦するならまずは国際大会がいい」というのは、本当にその通りだと思います。ある程度実力的に拮抗していますからね。でも、さらに実力が伯仲しているこの国別のことはなぜか触れられていませんでした。

 今季どうなっているのか、スケ連のHPにアクセスしてみると、「17年4月20日~23日に代々木開催」。チケットの先行受付は「10月29日(土)~」とあります。ぜひチェックしてみてください。

2016-10-22-17-24-28

2016-10-22-17-24-37

2016-10-22-17-24-48

2016-10-22-17-25-10

2016-10-22-17-26-15

2016-10-22-17-30-34

2016-10-22-17-36-44

2016-10-22-17-25-59

2016-10-22-17-26-34

2016-10-22-17-26-56

 ・ Dreams on Ice 2015 @ 新横浜(2015年6月12日・金曜日)

 このDOIは、応援ブックの「2015総集編」「It's Show Time!」の2冊のレビューの際に触れました。とくに前者の方ですでにプログラムも貼っています。2015年はSEIMEIの初お披露目であり、衣装はその後変更が加えられています。

 それにしても、プログラムの真凛ちゃんの写真がまだ子どもっぽい!おそらく、このショーより若干前の写真とはいえ、今日、目にする真凛ちゃんは垢ぬけてきたということですね。

 上述の通り、このアイスショーは、新プログラム初披露に当たる可能性があり、個人的にはオススメのショーです。新横浜から歩いて行ける距離でアクセスは良いんですが、そんなにたくさんのお客さんが入れる箱ではないので、会場内はトイレに並ぶ人で通路が歩けないような状況になります。もちろんチケットを取るハードルも高めです。

 ただ、もし羽生君も故障が無ければ、今年も出演していた可能性が高かったので、ぜひ頭に入れておいてほしいアイスショーのひとつです。

 ところで、スケアメでSP2位発進の三原舞依さんは、2014年の方のDOIに出演していました。

2016-10-22-18-51-21

2016-10-22-18-51-31

2016-10-22-18-51-58

 今季に向けての彼女のインタは「Life vol.7」がいちばん量があると思います。ぜひ書店で手に取ってみてください。



 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ