On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

カテゴリ:羽生結弦選手 > 書籍

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 第3章については昨日の記事で少し触れたので、それ以外の部分を軽くご紹介します。

 第1章「平昌五輪の代表を決める激闘のプロセス」は、一言でいうと、「うまくまとめたもんだなぁ・・・」と感心しました。

 五輪シーズンとはどういうものか。シーズン中の主要大会の仕組みを解説するとともに、スケーターがどのような狙いを持って過ごしているのかを、中野さんご自身の体験を巧みにハメこみながら説明しているので、飽きさせない内容になっています。フィギュアスケート専門のライターがこういう解説記事を書いても、実体験に基づかないので、私だったらダレてしまうでしょう。

 例えば、中野さんはプログラムの選曲を自分から提案したことはないそうで、佐藤久美子さんやマリーナ・ズエワにお任せしていたと言います。それでも、どうしても「曲に乗り切れず、演技に入り込めない」ことはあったようで、「シーズンが始まる1ヵ月前に急遽、曲を替えて、プログラムを作り直した」こともあったとか(51~52頁)。

 「急遽曲を替えた」といえば、本田真凜ちゃんですが、いままさに彼女がSPをお願いしているマリーナについて、中野さんはこう語っています。

  「私の振り付けをしてくれたズエワ先生は、柔軟な考えを持っていたので、『ジャンプを跳べないと意味がない』と、現実的に演技がどう完成していくかを重要視してくれました。ですので、ジャンプが跳びやすいように振り付けの一部を変更することも受け入れてくれました。ジャンプに入る前のステップを少し変えるだけで、ジャンプがスムーズに跳べることもあります。ズエワ先生の考えで、随分と助けられました」(60頁)

 こういう人柄ならば、真凜ちゃん陣営の急なお願いも快諾してくれそうですね。良プログラムを期待できそうです。

 他には、衣装について、ああ、やっぱりか・・・と思ったのが、このくだりです。

  「クラシックバレエにピッタリくる白の衣装は、氷のリンクが白いフィギュアスケートでは同化してしまい、存在感を際立たせることが難しいのです。・・・羽生選手も(2016/17)シーズン序盤は白を基調とした衣装で滑っていましたが、NHK杯からは薄い紫が基調となる衣装へチェンジしました。白は膨張色でもあるので、体のラインを少しでも細く見せたい女性スケーターにとっては難しい配色です。私自身、白い衣装にあこがれはあったのですが、現役時代にはほとんど着る機会がありませんでした」(64頁)

 女性スケーターで白い衣装というと、三原舞依ちゃんの「タイスの瞑想曲」がまず浮かびましたが、あれはEXですもんね。

 ちなみに、本書でも「青が演技のいい勝利カラー」という点に触れられていますが、中野さん自身のラッキーカラーは赤だったようで、赤やオレンジを多く使ったそうです。

 第2章「試合に臨むための心意気」では、大学進学とともに新横浜の佐藤信夫コーチに師事し、ここでは、佐藤先生のお人柄や指導方針についての記述が印象的です。

 ほかに、「どの滑走順がベストか?」という話題で、中野さん自身は「あくまでも私の感想」と但し書きをしたうえで、「2番がベスト」と主張していますね。

 1番滑走の場合、6分間練習自体の内容を省略しなければならず、不安を抱えたまま演技に入ることもあったようです。フリーで3番滑走だと、6連から15分は待つことになり、シューズの紐を締めっぱなしだと足が痛くなるし、でも緩めてしまって6分間練習の感触が変わったらどうしよう?、と悩ましいようです。

 4番滑走だとスニーカーに履き替えて、陸上でウォームアップ。5番だと一度休んでから、陸上のウォームアップ。最終滑走だと、6連での氷の感触のことは忘れてしまうとか。

 したがって、2番滑走だと、6連で思う存分滑れると同時に、氷の感触が残ったまま演技に入れるので、「ベストである」と。ここまで丁寧に一つひとつ理由を挙げられると、説得力があります。

 羽生君自身が「2番は苦手」と語っていたことは、SEIMEI振り返りでも触れましたが、他の滑走順についても、後半の滑走順だとライバルの状況を見て構成を替えられることもできるし、それぞれメリット・デメリットはあるようです。

 第4章「私が見たスケーターたちの素顔」では、上に貼った目次にもあるように、真央ちゃん、美姫ちゃん、大ちゃん、あっこさん、小塚君とのエピソードが語られています。

 ここでのスタンスは、「自分が直接経験したこと」をどこまでも正直に、素直に回想するという感じです。私もまったく知らなかった逸話が随所に出てきますが、特に美姫ちゃんとの交流については、二人のキャラの違いから意外な組み合わせでした。間違いなく、この章に、彼女の「色」が一番出ていますし、5人のレジェンドの中でも、特に好きなスケーターがいるならば、ここは必読です。

 最後に、本書の「おわりに」の部分で、ズシンときた記述がありました(252頁)。

  「本書の中でも紹介させていただいた同世代のスケーターは、私にとってかけがえのない大切な仲間です。だけど、彼らや彼女たちと私の違いは、私だけが五輪に出場することがかなわなかったことです

  「両親を五輪の舞台へ連れていくことが夢でもありました。悔しさから素直になれず、両親に『こんな風になるなら生まれたくなかった』と言い放ち、困らせてしまったこともありました」

 特に第3章での冷静な筆致からは想像もつかないエピソードに、よくこれを書いてくれたなぁ・・・と感激しました。

 これは私の憶測を込めて言いますが、中野さんは、フジテレビの社員とはいえフィギュアスケートの仕事をやっているわけでもなく、もちろんフィギュアスケートの解説業やライター業のようなこともしていないからこそ、「大人の事情でこうコメントせざるをえない」なんてこともなく、発言を捻じ曲げられることもありません。だから、本書はのびのびした内容に仕上がったのかなと思います。

 この本を読んだだけでも、中野さんの頭脳明晰さは即座に分かるし、すぐにでもトップクラスの解説やコメントができそうな気もする反面、そうなるときっと「嫌な圧力」がかかってくるんですよね・・・あぁ、いやだいやだ。

 いい本です。私は大好きな本ですね。これから折を見て、彼女の現役時代の演技を、YouTubeでいろいろと漁ってみようかなと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 2017年9月8日発売。正直いって、あまり期待せずに購入しましたが、良い意味で予想を裏切られる内容でした。本書の全体的な特徴を3つほど挙げてみます。

 ・最新かつ正確な情報(今年6月に発表された平昌五輪の日本代表選考基準もフォロー)に基づいて、議論が展開されている。

 ・ フィギュアスケートに限らず、著名なアスリートの本にありがちな「かつての昔話」や「自慢話」的な色は意図的に薄くされているのか、「さあ、今シーズン、フィギュアスケートをどう見る?」という部分に特化した、良質なガイドブックの役割を果たしている。

 ・ 中野さんがジャッジの資格を持っている部分も影響しているのでしょう、ここまで偏っていない、公平な視点で選手を評価するフィギュアスケート本を、私は見たことがありません。

 じゃ、羽生君の新ネタ目当てのゆづファン的には?というと、うーん・・・と、手放しでオススメできる感じではないです。

 というのも、第3章「なぜ羽生選手は世界選手権で優勝できたのか」(133~214頁)は、前半部分の171頁までは「プロトコルの読み方」が丁寧に解説されていて、その知識に基づいて、ヘルシンキワールドの男子シングルの結果を解説するスタンスになっています。

 その筆致というのが、まるでアイスジュエルズの「ルール解説」のような、良くも悪くも、淡々とした、主観を排したスタイルになっています。したがって、演技を観て、プロトコルを読んで、減点の理由等が自力で分かる方だと、「すでに知っていること」が多いんですよね。もっと分かりやすく言うと、

  なぜホプレガのPCSは抑えられているのか?

 みたいな主張は一切ありません。むしろ、羽生君に関しては、SPとフリーのPCSの差に注目していて、プロトコル上に表現されているもの以外は議論の対象にしない、と決めている感じです。そういう意味では面白みは足りないかなぁ・・・と思います。

 ただ、逆に考えると、すぐになんとかの一つ覚えのように「男の色気」という言葉に逃げる解説者や、捏造やコピペやsage記事を平気で書く記者が跋扈している状況を考えると、彼女のスタイルはあまりに潔いというか、清々しいぐらい、一本スジが通っているなぁと、感心しました。

 じゃ、ゆづに関する情報は無いかというと、

  第2章「試合に臨むための心意気」の冒頭では、中野さんが早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に在籍していた頃の生活スタイルが語られていたりして、なかなか気が抜けないんですね(笑)。もちろん、

  「羽生選手が同じように早大の通信課程で学んでいます。移動中の飛行機などでも勉強しているようなことを聞き、かつての自分を思い出して懐かしくなります」(69頁)

 と、しっかりフォローされています。
 
 後輩に対する温かい眼差しと、トップスケーターとしての彼へのリスペクトは十分に伝わりますし、偏りのない、最新のフィギュアスケートの基本書として、すぐれた一冊です。

 中野さんの「色」が出ている部分は、むしろ第3章以外の3つの章なので、明日の記事でしっかりフォローしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-08-10-16-20-22

2017-08-10-16-21-12



 2017年8月10日発売。アマゾンのレビューでは、「羽生選手の写真が少ない」とか「買う前に中身を確認すべき」とか、間の抜けたことを書いている人がいます。

 中身なんて確認できるわけがない。私が購入した近所の丸善でもそうでしたが、よほどフィギュアスケートに理解のある書店でないかぎり、どこも厳重にビニールで覆われているはずです。

 でも、ビニールに包まれていたとしても、もし書店で実物を手にした方なら、ズシリと来る重量感に驚かれたのではないかと。

 例えば、先月発売されたジュエルズの羽生君の『シーズンフォトブック 16-17』は95頁までナンバリングされていますが、本書は、159頁まで記載されています。YUZURU』よりも30ページほど多いです。そんな重いものは、ウチには、フィギュアスケートの雑誌や写真集では、他に一冊もありません。「スケート縛り」を外せば、TOEICの公式問題集ぐらいに重いです。

 そして中身ですが、本エントリーのタイトルの通り、すさまじい完成度です。羽生君の写真はもちろん、表紙のオビの偉大な先輩たちの写真に関しても、私はこんなに美しい写真を見たことがありません。比較的写真のクオリティが高いといわれている、「WFS」やその別冊の「WFS extra」や「アイスショーの世界」と比べても、文字情報が一切ない本書は、ドーン!とストレートに、美しさ・力強さ・カッコよさが、目に突き刺さる感じがします。

 羽生君に関してメモを残しておきます。単独で収録されているのは、10~23頁。それから、巻末の「Exclusive PHOTO GALLERY」(146~157頁)では、21枚の写真で羽生君が確認できます。この21枚には、後ろ姿のみや、群舞の中に「たぶんいるだろう」というのは省いています。ちなみに、どの写真をどのカメラマンが撮影したものかは、巻末に一覧が記載されています。その辺りを照合してみるのも楽しいですね。

 さて、おそらくゆづファン的に、この写真集に期待しているのは、「猫耳にゃんにゃん写真」だと思います。

  にゃんにゃん目当ての方は、安心して買ってください!

 猫耳なしのにゃんにゃんパフォーマンス連続写真が4枚(20頁)、緑の猫耳での写真が4枚(21頁)、プー耳での写真4枚(22頁)、さらに、巻末にも4枚あります。

 羽生君の他の写真については、バラ1→幕張オープニング(ゴールドのジャケット)→緑耳にゃんにゃん他→プー耳にゃんにゃん他、という流れです。

 他のスケーターについては、前述の通り、これ以上の写真はなかなか見られないんじゃないか?というレベルの違いを感じます。

 特によかったのは、帯のレジェンドたち以外で言うと、ハビのパイレーツ、ポゴちゃん全部、メドベ全部、バルデさんのバク宙、ラトデニ君全部、といった辺りですか。

 FaOI観戦組はマストアイテムのはずで、テレビ放映でゆづ以外のスケーターの演技に魅了された方も、間違いなく楽しめると思います。

 巻頭の真壁さんとランビ先生の対談は、FaOIを含めた日本のアイスショーの歴史を振り返るような、貴重な内容です。ただ、それ以外の話題でも、以下のやりとりは興味深く感じました。

 ――最近はショーでも4回転ジャンプを観ることができます。将来、アイスショーでもっともっと大技が見られるようになると思いますか?

  ステファン「そうあってほしいですね。この点について、僕はもっとISU(国際スケート連盟)がアイスショーの影響を受けるといいなと思っているんです。試合後のエキシビションを観ていると、コンセプトにもう少し工夫が欲しいと思うし、『選手をもうひと頑張りさせればいいのに』と思うことがあります。もっと選手たちがエキシビションに出ることでインスパイアされるようになったら面白いと思いますね」

 ――将来的には、アイスショーはどういう方向に進んでいますか?技術的なものが求められるようになるのでしょうか、それとも芸術面が重視されるのでしょうか?

  ステファン「その両方が求められると思います。4回転のような大技に偏ると、アイスショー本来の魅力が薄れてしまうし、芸術面ばかりを極めても緊張感に欠けてしまいます。だから、技術面、芸術面の両方を同時に押し上げていくべきです」

  真壁「4回転は、もちろん観たいですね。演技中に4回転をひとつ入れてもらえたらうれしいですよ。最近はお客様もスケートに詳しくなって、ジャンプの回転数もすぐにわかるので、2回転ジャンプだと拍手もまばらになったり、スタンディング・オベーションをしないこともあります。ですから、たとえば3分のプログラムだったらダブルアクセル1回、3回転ジャンプを2回くらいは入れてほしいと、スケーターにリクエストしています。お客様に満足していただくためには、どんなに芸術的に良い演技でもジャンプを入れてほしいと考えています」

 私自身の意見は、跳べるコンディションでないのなら無理してほしくないかなぁ・・・と思います。荒川さんが羽生君との日テレプラスでの対談で、「ショーこそ、失敗してしまうと、見る人の集中力やいろんなものを途切れさせてしまう」とおっしゃっていました。

 例えば、私が今年の幕張のFaOIで最も感動したのはポゴちゃんの「The Rose」でしたが、具体的にどのジャンプを何本跳んだかはちょっと正確には思い出せないです。おそらく真壁さんは、ここ10年ぐらいのスパンで見ての、「観客のジャンプに対する反応」を語っているのかな、という気がします。

 ちなみに、この日テレプラスの対談では、SEIMEIを選曲したときのエピソードを羽生君が語っているので、またこの機会に再読していただければと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-07-28-18-20-23

2017-07-28-18-20-48



 2017年7月29日発売。「通信」のボリュームに慣れていると、どうしてもコスパ的に物足りなく感じるのは仕方のない所。

 そこで私が推奨する、本書の楽しみ方としては、ジュエルズのバックナンバー(456)も隣に置いて、その写真とセットで見てみるといいと思います。

 なぜかというと、例えば、本誌の56頁に、ジェフとともにリンクの上で何やら打ち合わせをしているショットがあります。私はこの写真を初めて見たんですが、ジュエルズ4号を開いてみると、同じ時期に撮影されたものと分かります。

  ああ、シーズンイン前にSPを仕上げている時に撮ったものなんだなぁ・・・と。

 実際、52頁に「羽生結弦がトロントに還るわけ」と題して、ジュエルズ4号の羽生君のインタの一節も再録されていますが、それが、ジュエルズのどのバックナンバーと「照合」すべきかのヒントになっています。

 ちなみに、胸にクリケットクラブのワッペンの黒ジャージを着ているショットがありますが、これはジュエルズ(つまり田中宣明カメラマン)の独占撮影ではないかと。

 2016年9月のトロントのメディアデーでは、グレーのVネックの半袖シャツ姿やANAの白のウインドブレーカーを羽織っている様子は、他誌あるいは、HERO'Sのような地上波の番組でも伝えられていましたが、このクリケットジャージはざっと調べた所、他誌では見当たりません。

 おそらく、ジェフとの「仕上げ」は、クリケットのリンクではなく、トロント近郊のどこか別のリンクで行われて、そこに田中カメラマンのみ同行と撮影を許された、と私は推測しているのですが、いかがでしょうか。

 個々の写真を取り上げるとキリがないので、あと一点だけ。82~85頁に、今年のFaOIのショットも収録。おそらく幕張の、バラ1、そしてオープニングとフィナーレが掲載されています。

 去年のシーズンフォトブックのレビューでも同じようなことを書いていますが(もちろん半分冗談です)、

  ジュエルズと本誌、はたして、どちらが「とっておきの羽生結弦」なのか?

 その辺りをあーだこーだ想像しながら、見てみると楽しいですね。私もこれから、さらに深く読み込んでみたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-05-14-16-08-40

2017-06-11-13-55-52



 まさか、本一冊を読み直すだけで、23回も記事を書くことになるとは想像もしていませんでした。すでに本書をみなさまお読みのはずですから、ブログで記事するにしても、単なる読書感想文では意味がない・・・。

 だから、本書でブライアンが語る羽生君の演技に対する見解を、実際に試合映像を見て、プロトコルも確認した上で、検証してみようと思ったわけです。すると、単に本を読んだだけでは気づかなかった部分が随所にあり、私自身はやってみた甲斐はあったなと思っています。バックナンバーは「こちら」で。

 さて、終章「ソチオリンピック後、未来へ」からは、ソチ五輪直後のさいたまの世界選手権のエピソードと、ブライアンから羽生君へのメッセージ、この二つを取り上げてみます。

 まず、ワールドについて軽く見ておきましょう。



saitama1

saitama2

 けっこう髪が短いですね。プロトコル関係は「こちら」で。4Tで転倒し、しかも珍しく回転不足も取られました。3Aは完璧、3Lz+3Tはソチの個人戦に続いてキレイに決まっています。SPのスコアは91.24と3位発進。4Tのミスが響きましたが、スピン・ステップのすべてでレベル4を取れていて、トータルとしては質の高い演技だったんだなと改めて思いました。


 
 一方フリーでは、4Sは着氷でなんとかこらえ、4Tはバッチリ。なんと13-14シーズンのフリーで冒頭のクワド2本を成功したのは、フィンランディア杯以来ということになります。出だしは好調だったんですが、3Fにエッジエラー、後半の2本の3Aも羽生君にしては着氷で乱れ、3連ジャンプの1Loはよく認定されたな・・・という危なさ。

saitama3

saitama4

 191.35はフリーのスコアとしては1位ですけど、トータルの282.59は、2位のまっちーの282.26とは僅差ですから、この試合は負けていてもおかしくなかったですね。

saitama5

saitama6

 実は、フリーの滑走順はこの後にハビだったため、ブライアンはキスクラまで付き添うことができませんでした。ブライアンの替わりに(?)、プーに声を掛けています。フリーの滑走は、羽生君の二人前にまっちーだったんですが、逆転したことを知ると喜びを爆発させています。

 このさいたまワールドについてのブライアンの回想の中で、特に出場にあたっての意気込みや、試合後のバンケの様子について、興味深い記述がありました(240~241頁)。

  「特にユヅルは、日本開催ということで、自分が出場する責任をよくわかっていました。ユヅルは自分のこと以上に周りに気を配ります。オリンピック・チャンピオンになった自分の姿を見たいというファンのため、また来季の日本の出場枠のため、責任を感じていたのです

  「何よりも楽しみだったのは、日本のファンです。オリンピック後に日本のファンがユヅルをどんなふうに迎えるのか、彼がどれほどのスーパースターになったのか、この目で見たかったのです」

  「会場となった、さいたまスーパーアリーナの雰囲気はとても素晴らしかったですね。自分の選手時代のことを思い出しました。当時のカナダのファンも、自国選手だけでなく日本やアメリカ、ロシアの選手に声援を送っていましたが、それと同じでした。日本のファンはフィギュアスケートのことを本当によく理解し、何が難しい技なのかをわかっていて、拍手を送ってくれます。単にエンターテインメントを期待したり、ジャンプに拍手を送ったりするだけでなく、フィギュアスケートのすべてを楽しんでいました

  「世界選手権後のバンケットには、いつもは行かないのですが、今回は行きました。ユヅルとハビエルの2人がメダルを獲っていますし、ナムもとてもいい成績でしたからね。本当に盛大なパーティーで、マグロの解体ショーもありました。3人と一緒に写真を撮り、オリンピックシーズンが終わったことを実感しました」

 いまや、私のような素人ですら、やれプロトコルだ何だと言うぐらいですから、フィギュアスケートに対する理解は、14年当時とは比べ物にならないほど浸透していると思います。

 それにしてもマグロの解体ショーのことは知りませんでした。日本人の感覚だと、「きっといいマグロのはずだな、ラッキー!」となるんですが、外国の方は食べられたのでしょうか・・・。

 最後に、ブライアンが羽生君に寄せたメッセージをご紹介しましょう。驚くべきことに、いま読んでみても、まったく古さを感じさせない記述です。

  「ハビエルが手のかかる可愛い息子なら、ユヅルは若い頃の私にそっくりな双子の弟のようなものです。いつも『わかるなあ』『若いなあ』と思いながら見ています」

  「しかし、いまコーチになってみると、選手時代に気づかなかったいろいろなことがわかります。私はトップスケーターとして世界で戦っていたので、プレッシャーのコントロールや、試合の力配分をできているつもりでした。でも、少し間違っていました。若い頃の私は、練習でも何でもベストのスケートをしたいと望んでいたし、それがファンを喜ばせる王者のつとめだと思っていました。いまのユヅルとかなり似ています。ユヅルもつねに全力です。365日ずっと最高の演技をしたい。しかし、そこまで必要ではないのです」

  「ピークに居続けようとすると、結果的に練習でピークが来たり、本番で力が入りすぎたりします。むしろ試合前にミスが起きるがままにするべきタイミングもあるのです。それでこそ、試合に本当のピークが来る。もちろんそれを理解しはじめているユヅルは、その『ピーク・パフォーマンス』の波をつかもうとしていることでしょう」

  「ユヅルは周りに気を遣うので、『自分が最高の状態であることをいつも見せれば、周りの人を幸せにする』と考えています。それがユヅルの優しさではあるのですが、あと4年間注目され続けるのは、ちょっと疲れます。すべて全力ではなく、リラックスする、ミスも受け容れるという境地に至ってほしいと思います。ユヅルはもっと格好悪いところを見せても大丈夫。日本のファンは待ってくれます。苦しむ姿にも共感してくれます。それに、ユヅルがどんな状況であれ、チーム・ブライアンがいます。次のオリンピックは、自分のピークの演技をして、『やった優勝だ!』とガッツポーズをする、そんな瞬間を望んでいます。ユヅルにはそれがふさわしいのです」

 これは日本のファンに対しての戒めのように感じました。4Loがどんなに抜けようが、4Sでどんなに転倒しようが、ユヅルを受け容れてほしい、そして待っていてほしいと。

 おそらく、17-18シーズンの試合では、ノーミスできずに苦戦する試合も出てくることでしょう。でも、「ユヅルにはチーム・ブライアンがいます」と言わせるのは、ちょっと悔しいですね。

 我々ファンこそが、17-18シーズン、そして平昌五輪で何が起ころうとも、どんな状況でも盾となって羽生君を守り続けなきゃいけない。そういう存在でありたいと改めて思いました。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

このページのトップヘ