On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

カテゴリ:羽生結弦選手 > 雑誌(2015-2016シーズン)

2017-01-31-14-18-28

2017-01-31-14-19-05

2017-01-31-14-19-17



 2016年3月28日発売。中古で購入した雑誌です。新刊として出た時期は、まさにボストンのワールドの開催中で、実際、「2016年世界選手権の展望」(68~71頁)という記事も掲載されています。

 メインは、羽生君が出場したワールドを除く5試合のフォト集なんですが、その他の企画も面白いものが揃っています。

 (1)全日本・GPF・NHK杯・スケカナ・オータムのフォト集(2~67頁)→→時計の針を巻き戻すような順番で並んでいますが、「通信」のように羽生君の写真だけ掲載されているわけではありません。ただ、他の選手の写真も、

 全日本で、宇野君、無良君、刑事君、村上君に8ページ。NHK杯で、無良君に2ぺージ。

 これだけに留めています。発売から1年経っていないですが、当時はまだ宇野君推しの空気が出来上がってなくて、むしろ無良君が2番手的な扱いで興味深いですね。

 羽生君の写真ですが、バックナンバーなので、数枚だけ画像をアップしてみます。

2017-01-31-21-59-18




2017-01-31-21-59-31


2017-01-31-21-59-40

2017-01-31-21-59-56

 雑誌のサイズはA4です。写真がデカいですよ。2ページぶちぬき、まるまる1ページというのが大半で、1ページに縦2枚というのが最小サイズです。そして、この「フォト集」の部分にはテキストや創作セリフは一切ありません。

 どこか昭和的な雰囲気を思わせるような、「今風な“狙った”デザイン」とは対極で、淡々と写真が並んでいます。しかも、プログラムがプログラムなんで当然なんですが、今季のようなドヤった表情の写真もなく、緊張感漂う厳しい表情、内に秘めた闘志、演技に没頭する様子、ページをめくっていて、このような言葉が頭に浮かびました。この時期もやっぱりいいなぁ、と改めて思います。

 (2)2016年世界選手権の展望→→過ぎた試合の展望記事ですし、しかも羽生君も怪我を隠しながらの出場だったので、今さら感はあるんですが、今読んでみると面白い記述があります。

  「世界選手権では、世界歴代最高得点の更新もそうだが、これまでに試合での成功例がない4回転ループジャンプに挑戦するのかにも注目したい。全日本選手権では、29年ぶりの4連覇を達成しながらも、4回転トウループやトリプルアクセル(3回転半)ジャンプの転倒といったミスに対して、『メラメラと悔しい思いが沸き上がっている。反省点が多い』と憤り、4回転ループジャンプの挑戦を宣言した。アイスショーではチャレンジを繰り返し、着氷したこともある。もし世界の舞台で成功させられれば、平昌五輪へ向けて大きな弾みとなるだろう」

 結果的にはループ投入どころの話ではなかったですけど、この時期にそこまで具体的にループの話をしていたとは知りませんでした。少し前の雑誌のインタビュー等で、羽生君が、何をどこまで話していたのか?というのを、確認してみるのも面白いですね。

 (3)フィギュア男子名鑑(35人)・羽生結弦ミクロコスモス(29人)→は?ミクロコスモス?と、文字だけ見たら一瞬分かりませんが、「人物相関図」のことです。日本・北米・ロシアのキーパーソン(選手とコーチ)を写真入りで紹介し、その後に相関図があります。

 ただ、なぜ「羽生結弦ミクロコスモス」なのかというと、そこに登場しているキーパーソンに、「羽生君にまつわるコメント」が添えられているからです。

 例えば、伊藤みどりさんの所にはこうあります。

  「羽生の衝突事故に際して自身の経験を振り返り『当時も、けがした選手を強制的に棄権させたり、演技時間や演技順を遅らせたりするルールはなかった。驚くべきはいまも、その状況に変わりがないこと』とコメント」

 これは、「脳震盪の危険性は無かった」という話が周知される前のコメントだとは思います。他に、小塚崇彦君の所では、

  「2015年の全日本選手権前日、ネクタイをうまく結べない羽生は焦って小塚に助けを求めた。小塚が一度結び、緩めたネクタイを渡してくれたので、羽生は首を通して慌てて締め、開会式に臨んだ」

 いま、東北高校の制服を画像検索してみて、ブレザー&ネクタイなんですが、まぁ、制服のネクタイは結びっぱなしだったのかな・・・とか想像。こんなくだけた感じの内容なので、ゆづファンは楽しめると思います。

 (4)フィギュア日本男子100年の歩み 羽生結弦に連なるエースの系譜→→テキストは「ミクロコスモス」に続き若林朋子さん。これも面白いです。日本で初めてフィギュアスケート専門書が翻訳・出版されたのが、1915(大正4)年。

 ソチの金メダルまで100年かかったことになるか!と驚きつつ、元々スケート靴のブレードは「獣の骨」だったという話から始まり、10ページに渡る大型記事です。貴重な写真も多く、とても読み応えがあります。

 この後にも、「次世代注目男子」「全日本選手権撮影日記」「羽生結弦バイオグラフィー2011-2015」と続きますが、私は、やはり「次世代男子」の中でも、山本草太君の復活に期待したい!

  「目標は『羽生選手と絶対一緒に五輪に行くこと』。自身を『どちらかというと天才型』と評し、『羽生選手は天才で努力するからチャンピオンになれたので、僕もちゃんと努力しようと思う』と頼もしい」

 根拠なき「羽生越え」にフィーバーする一部勢力のヨタ記事を持ち出すつもりもないですけど、なんかね、「羽生選手と絶対一緒に五輪に行く」というこの発言をタイプしてたら、泣けてきました。

 出場枠は最大で3つしかなく、しかも絶対的エースの羽生君が君臨しているのに、「羽生選手と一緒に!」なんて、そんなことを言う選手がいったいどこにいますか?こんないい子が怪我で滑れないなんて・・・。神様、草太君を助けてあげて!という気持ちでいっぱいです。

 私のように、泣けてきた方、ぜひ拍手をお願いします!

 こんな感じで、誌面のデザインから企画内容まで、正統派というよりむしろ古風な、それこそ、質実剛健!という言葉がハマる良書です。

 これから新刊が続々と出ますので、無理に入手しろとは言えませんが、ぜひ覚えておいていただきたい一冊です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-12-02-18-19-21

2016-12-02-18-19-43

image



 2015年12月15日発売。以前、この雑誌の「Vol.2」をレビューしたんですが、これまでのフィギュアスケート専門誌の常識を打ち破るB4版の巨大サイズに度肝を抜かれたものです(先日レビューしたMemorialがB5なので、その2倍のサイズ)。密かにバックナンバーを取り寄せておりました。

 上記の通り、発売時期はいまから約1年前。バルセロナのGPファイナルは間に合っておらず、2015-2016シーズンのNHK杯までの羽生君の活躍がまとめられています。ちょうど時期的に今とかぶるわけですね。

 ポスターは表紙右下からもわかるように、レクイエムとSEIMEIの両面。掲載されている写真は基本的にアフロ産。ページの構成は以下の通りです。

 (1)15年の長野NHK杯に16頁。写真の内訳は、SEIMEIが多めで15枚。バラ1が1枚。レクイエムが3枚。代表黒ジャージとウォームアップウェアが4枚。

 (2)「羽生結弦 その美しい瞬間」が10頁。過去の演技のベストショット集ですね。それぞれ1頁の大きさの巨大写真が10枚。内訳はこんな感じです。悲愴(11年ロシア大会)、オペラ座(14年NHK杯)、Story(13年GPF)が2枚、ソチ代表ジャージ、FaOI(15年5月)、13年ワールド表彰式、旧ロミジュリ(11年全日本)、The Final Time Traveler(14年GPF)、新ロミジュリ(13年全日本)。

 (3)「羽生結弦発言集」が6頁。このうちの4頁が発言と写真のセットで、最後の2頁はテキスト無しでソチ記者会見の巨大写真が2枚。

 (4)「名シーンで綴る 羽生結弦ヒストリー」が8頁。09-10シーズン以降、各シーズン1頁ずつで、最後の2頁が、2ページぶちぬき黒ウォームアップウェアで氷上に転んで笑顔の写真。ヒストリーの写真自体は、「通信」をお持ちの方には、お馴染みのものが多めです。

 これ以外に羽生君が写り込んでいるものでは、13年ワールドのEXで真央ちゃんに手を引かれる写真、15年国別対抗で昌磨と、15年スケカナ表彰式(Pちゃんと村上君と)、最後の最後に、15年NHK杯で代表ジャージを脱いでSEIMEI姿になる羽生君と、こんな感じです。

 これを言うと評価が甘くなりますが、他の選手の写真もホント、ド迫力です。真央ちゃんや昌磨の写真もいいし、リプちゃんやリーザの写真には思わず息を飲んでしまったり、

 ゆづファンがゆづ君の写真を堪能するためだけではなく、他のスケーターの魅力も再確認できる!

 こんな長所があると思います。この版型の雑誌は、現状本誌のみだというのに、この創刊号はアマゾンの中古品の取引も減ってきてるしで、なんでもっと刷らないんでしょうね。多くの方に読んでいたただきたいなと思います。

 Vol.3は今月22日発売ですか。GPファイナルもカバーするために(Vol.2には真凛ちゃんの美麗写真もありましたからね)、昨年よりも時期をやや遅らせたのかもしれません。ただ、せっかくのこのサイズなので、直近の話題でいえば、例えば、「94年組の写真」とか、何を載せてくれるかと想像するのも、楽しいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

 
フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-21-08-25-51

2016-09-21-08-26-18

2016-09-21-08-26-34

2016-09-21-08-26-01



 2016年9月20日発売。ネット上では、「Let's Go Crazy」の曲をバックに、先日の羽生君の公開練習の様子を中心に映像を繋ぎ合わせる作業を行っている方がいますね。さすがに、私にはそのような技術も根気も無いので、ただただオータムクラシックを待つのみです。

 さて、15-16シーズンを写真で振り返るというのがこの「通信14」の趣旨ですが、いよいよ羽生君の16-17シーズンも始まるなと、ヒリヒリした緊張感をおぼえます。新刊雑誌なので中身の画像無しで恐縮ですが、ページをめくりながら頭に浮かんだことをつらつら挙げてみます。

 ・ 今季の羽生君の出場予定試合は、とりあえず、オータム・クラシック、スケート・カナダ、NHK杯、全日本の4戦。これに、GPファイナル、世界選手権と増えていくでしょう。このうち、前半のオータム→カナダGP→NHKの序盤3戦の流れは15-16シーズンと同じですから、「こんな感じの戦いになるのだろうな」という、イメージが膨らみやすいですね。

 ・ シーズンイン前のアイスショー(FaOI、DOI)の写真がわずか4ページに留まっています。ライバル誌の、「応援ブック It's Show Time!」で開幕前のショーの写真は補完できるとはいえ、「通信」は全てを網羅しているという先入観を私は持っていたので、やや意外でした。

 ・ 少し前に発売された、「羽生結弦 2555日の喜びと闘い」と交互に手に取りながらチェック。当たり前ですけど、タイムスパンの長い「2555日」よりも、15-16のカット自体は圧倒的に多いんですが、それよりも印象的だったのは、今回の「通信14」はお茶らけた雰囲気が皆無な所。内容は完全に「羽生結弦ファン通信」なのに、萌え萌えセリフも無く、本誌に関しては「名言集」的な企画も無いため、比較的淡々と、競技会を振り返る構成です。

 ・ したがって、試合の写真、特にキリっと引き締まった表情が多いです。そんな中、スケートカナダの公式練習前の「フード姿の羽生君」は珍しいですね。既出だったかどうか、ちょっと記憶にありません。

 ・ 個人的なベストショットは、長野NHK杯での無良君と共に笑顔でフレームに収まっている2枚。震災直後、普段通りの練習ができなかった羽生君にアドバイスをくれた先輩であり、15年の国別では日本チームを引っ張る兄貴分でもありました。日本男子フィギュアスケート界を盛り上げるために、無良君の活躍と経験は必要です。

 ・ ギネス授与式のスーツ姿のコマ送り的なカットが面白いです。この写真だけを見て勝手にタイトルをつけるなら、「羽生結弦、就活する」でしょう。「ドアをノックして一礼して入室」という感じの連続写真です。その後に展開されるであろう「嫉妬に狂った脂ギッシュ中高年管理職による圧迫面接」という不愉快な光景まで頭に浮かんでしまいましたが・・・。

 ・ 羽生君以外で言うと、8月下旬の新横浜FOIに参加していたシェイリーンの写真が目を引きました。どこの海外ドラマの女優さん?と、「クリミナル・マインド」のJJこと、A・J・クック(下に参考画像)が思わず頭に浮かぶほど、オーラ漂う佇まい。

-criminal-minds---to

 全体的に試合での写真が多めで、つまり戦闘モードのゆづ君率が高く、前述の「2555日」とは予想以上に方向性の違った写真が揃っているように感じました。新シーズンに向けて、我々ファンも気を引き締める上では、最適な一冊に思えます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-17-16-10-14

2016-09-17-16-10-37

2016-09-17-16-11-00

2016-09-17-16-12-36

2016-09-17-16-12-56

2016-09-17-16-13-03

2016-09-17-16-13-15

2016-09-17-16-13-19

2016-09-17-16-13-46

2016-09-17-16-13-56

2016-09-17-16-14-19

2016-09-17-16-14-25

2016-09-17-16-14-34

2016-09-17-16-14-40

2016-09-17-16-14-53

2016-09-17-16-14-59

2016-09-17-16-15-05

2016-09-17-16-15-14

2016-09-17-16-15-23

2016-09-17-16-15-35

2016-09-17-16-16-04

2016-09-17-16-16-11

2016-09-17-16-16-29

2016-09-17-16-17-22

2016-09-17-16-18-01

2016-09-17-16-19-07

2016-09-17-16-19-56

2016-09-17-16-20-08

2016-09-17-16-20-24

2016-09-17-16-20-30

2016-09-17-16-21-31



 2015年12月9日発売。「家庭画報」に触れたなら、こちらも取り上げないわけにはいきません。あの「家庭画報」のわずか8日後に発売された割に、内容がまったくの正反対で、なおかつフィギュアスケート専門誌やスポーツ総合誌ではまず見られない写真ですし、なかなか貴重です。

 アマゾンの中古品価格も、発行部数と話題性ゆえか、「家庭画報」に比べて、状態の良いものを入手するハードルは低そうです。

 「家庭画報」は重くてデカいのに、羽生君関連は一部だったので、切り取って本体はポイしましたが、こちらは表紙・ポスター・インタビューと盛り沢山で、他の雑誌とともにウチの本棚に保管されています。以下、気になった点を挙げておきます。

 ・ 撮影衣装が意外に安い!→どんな高い物を着させられているかと思いきや、普通にビームス中心で驚きました。しかし、じゃあこの一式を一般的な日本人男性が丸買いして着てみたらどうなるか。このボーダーニットは、かなり横に膨張して見えるデザインだし、それにこのパンツだったら、どんだけ「胴ムチ短足」を晒してしまうのか。罰ゲームですね。

 ・ ポスターがデカい!→最大規模です。私が所有している雑誌封入型ポスターの中でも、「銀盤のプリンス」に匹敵するサイズです。ただ、せっかくの人間離れしたスタイルの持ち主なんだし、しかも両面なんだから、片面は全身を捉えたアングルにしてもよかったのでは?ボーダーニットの衣装をポスターにしなかった点は評価しますが。

 ・ インタビューでは興味深い発言が二つありました。ひとつは、

  「ジャンプやスピンといった技に入るときの動作を最小限にしたい」

 というもの。これは、荒川さんとの対談でも力説していて(時期的には「anan」の方が先ですが)、二人ともに意見が一致していました。今季の「Let's Go Crazy」も、あのクリケットでの公開練習でスパっと決まっていた4Loを見るに、さらにこの意識が進化しているように感じます。もうひとつは、

  「生まれ変わったら、フィギュア以外をやりたい」

 他の雑誌・テレビ等で、こんな発言を見たり聞いたりしたことありましたか?私は寡聞にして知りません。そして、もし私がこのインタビューの編集・執筆担当者だったら、本誌のような呑気な結論で締めることはできないですね。

 この一言だけで、いかにフィギュアスケートの世界が厳しいか、いかに多くの才能ある若者が挫折していったか等々、ややネガティブに受け止めてしまいます。だったら、この質問とセットで、「自分の子どもにフィギュアをやらせたいか?」というのも投げてほしかった気もします。ただ、自分自身のことではないので、「いまはわからない」とか「本人次第」とか、煙に巻かれそうですが。

 長谷川仁美さんの寄稿文は、これまでの羽生君の様々な「表情」にフォーカスした、ややマニアックで気合いの入った内容なんですが、だったらここで取り上げられているNHK杯のツィゴイネルワイゼンやニースのロミジュリの写真ぐらいは載せてあげないと・・・と、ちょっと彼女が気の毒でした。

 いわゆる「流行通信」の「anan」の記事でしょ?と侮るなかれ。いま読んでみても、随所に印象に残る点があり、資料的価値も高いと思います。

 「anan」は今年もやってくれるでしょうか?Princeも関わっているし、やってくれると信じましょう。少なくとも「家庭画報」よりは内容のあるものを期待できそうですしね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-09-10-06-24

2016-09-09-10-06-31

2016-09-09-10-06-43

2016-09-09-10-07-02

2016-09-09-10-07-13

2016-09-09-10-07-23

2016-09-09-10-07-32

2016-09-09-10-07-41

2016-09-09-10-07-53

2016-09-09-10-08-02

2016-09-09-10-08-11

2016-09-09-10-08-20

2016-09-09-10-08-29

2016-09-09-10-08-38

2016-09-09-10-08-47

2016-09-09-10-08-56

2016-09-09-10-09-04

2016-09-09-10-09-12

2016-09-09-10-09-23

2016-09-09-10-09-36

2016-09-09-10-10-11

2016-09-09-10-10-20

2016-09-09-10-10-29

2016-09-09-10-10-37

2016-09-09-10-10-52

2016-09-09-10-11-03

2016-09-09-10-11-10

2016-09-09-10-11-16

2016-09-09-10-11-22

2016-09-09-10-11-28

2016-09-09-10-11-34

2016-09-09-10-11-41

2016-09-09-10-11-52

2016-09-09-10-12-00

2016-09-09-10-12-09

2016-09-09-10-12-16

2016-09-09-10-12-22

2016-09-09-10-12-28

2016-09-09-10-12-36

2016-09-09-10-12-43

2016-09-09-10-12-49

2016-09-09-10-12-57

2016-09-09-10-13-05

2016-09-09-10-13-13

2016-09-09-10-13-20

2016-09-09-10-13-54

2016-09-09-10-14-17

2016-09-09-10-14-23

2016-09-09-10-14-29

2016-09-09-10-14-36

2016-09-09-10-14-45

2016-09-09-10-14-54

2016-09-09-10-15-01

2016-09-09-10-15-11

2016-09-09-10-15-20

2016-09-09-10-15-31

2016-09-09-10-15-38

2016-09-09-10-15-45

2016-09-09-10-15-53

2016-09-09-10-16-02

2016-09-09-10-16-46



 2016年4月20日発売。いやぁ、なかなか個性的な誌面構成だなと思いました。羽生君の写真を、しかもボストンのワールドだけで約120ページ収録です。一冊の雑誌というくくりでいえば、ファン通信も応援ブックも寄せ付けない、あまりに非常識な(笑)ボリュームですよ。

 表紙・裏表紙以外は見開き2ページで携帯で撮影したので、計61回もパシャパシャしたんですけど、写真には文字・セリフ類がほぼ皆無の、あまりに潔い作りでビックリです。

 で、脱線しますけど、一瞬頭をよぎったのが、山手線沿線の渋谷・新宿・池袋をはじめ、大きめの駅前にはほぼ必ずあるラーメンチェーン店の博多天神の、あの「ブラックコーヒーがうーたらかーたら」という、黒看板。

hakatatenjin01

41dcfa92

hakatatenjinochanomizu2_04

715eb90f

640x640_rect_55244130

 卓上の辛子高菜やニンニクやゴマや紅ショウガで各自お好みの味を作って食べてくださいねという趣旨のお店です。

 もちろん、羽生君の写真がこんなチープで量も少ないラーメンだと言ってるのではありません。ほとんど「調理」らしいものをせずにドン!と写真が並んでいるのを見て、反射的にこのラーメン店を連想したのでした。真夜中にこの記事をお読みの方、飯テロ失礼しました(笑)。

 話を戻しまして、写真重視のいわゆる「羽生結弦非公式写真集」ではお馴染みの、読んでて恥ずかしくなる、というか寒くなる創作セリフには、私は否定的です。しかし、これは、もうちょっとアクセントというか、メリハリがほしいし、本のサイズもB5で小さいし、コマ送り的な連続写真っぽいのもありますけど、うーん、これを写真で見るぐらいなら動画でよくね?と思います。

 この内容で1300円というのは、やはり無駄に高い!もう少し写真を厳選して900円ぐらいで出した方が・・・と、色々と言いたくなりますね。

 そう考えると、やはりファン通信のバランスはなかなかだなと改めて思いました。特にファン通信でいうと、第3号のオータムクラシック特集は、あの日本企業の広告の無いフェンスの殺風景なバックに、羽生君が悠然と滑る写真が並んでいて、このMemorialの方向性に近いとも言えるんですが、それでも雑誌一冊の中で半分弱ぐらいの比率でしたからね。

 この雑誌は、2015年のオータムとGPファイナル特集の分もすでに出ているようですね。ただ、これだけ無味乾燥な作りだとしたら、ちょっと揃えるのはなぁ・・・と。

 コンセプトは明快なんですけど、読者の側(見る側)の立場にもう少し寄り添ってほしかったなと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ