On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

カテゴリ:羽生結弦選手 > ウェブサイト

yuzu

 ライバル誌(?)の婦人画報の中谷ひろみさんのウェブエッセイは何度か記事で取り上げましたが、家庭画報のサイトにも羽生君に関するレポートがアップされたのでご紹介します。

  「羽生結弦選手、祝・国民栄誉賞&アイスショーで4回転ジャンプも披露」(2018/6/22)

 家庭画報といえば、今年の3月号(2月1日発売)が、「特装限定版」「通常サイズ版」「プレミアムライト版」の3種類で発売され、それぞれ付録が微妙に違っていた件は皆さまもご記憶されていると思います。

 あの号に掲載されたインタは、昨年夏、都内のホテルで羽生君のご両親も同席してのもので、その取材をしたのが、今回のコラムの執筆者の小松庸子さんでした。

 まず、このコラムでは、国民栄誉賞受賞について触れられています。

  「さまざまな人生経験を積まれていらした方に授与されるイメージのある国民栄誉賞ですが、アスリートとしての偉業達成だけではなく、被災者や被災地の方々に対して、真摯な活動を継続していることももしかしたら受賞の一因なのかもしれませんね

 非常に目配りの行き届いた見解です。過去の偉大な受賞者たちを称えつつ、しかし今回の羽生君の受賞は、単に2回のオリンピックの結果だけを見て評価されたものではないということ。いや、「受賞の一因かもしれませんね」と断定口調自体を避けています。

 このような文章の構築の仕方を見ると、やれ政権の人気取りだ、内村選手は?野村さんは?北島さんは?という類の「様々な論争」を、「私はすべて承知していますよ」と、そんな暗黙のメッセージが込められているように、私は感じます。

 小松さんは、FaOI幕張の初日を現地観戦したようですが、個人的な感想はサラっと簡素で、むしろ幕張から神戸にかけての動向について紙幅を割いています。もしかすると、ふたたび羽生君に直接取材するチャンスがあって、いずれ誌上で発表することがあるのかもしれません。

 コラムの最後では、長野の「Heroes & Future」に触れられています。そこで、羽生君がホプレガを演じた「意味と意義」について、小松さんはこう指摘しています。

  「“長野から未来へ ~平昌、そして東京へ~”がこの記念事業のコンセプトとのことですが、その間に日本、そして世界で起こったさまざまな出来事を忘れずに継承し、希望を持って進んで行く……、それこそが羽生選手が滑りに込めていた願いなのではないか、と感じました

 もちろん、コラムの中で、ホプレガで使用された楽曲が、1998年の長野オリンピック・パラリンピックのために、久石譲さんが作曲したものであることが触れられた上での、独自の解釈です。

 「世界で起こったさまざまな出来事」と聞くと、どうも国際情勢とかそのあたりの政治的なイベントを想起しがちですよね。ただ、羽生君の思想と行動に沿って考えれば、「さまざまな出来事」というのは、むしろ個人的な出来事や身近な人間関係の方がしっくりくるのではないかと。そういうものを大切に継承して、未来への指針として、日々を生きていくこと。CiONTUで伝えたかったこととも一致するような気がします。

 もちろん、解釈は色々あっていいのです。ホプレガは、とくに海外では評判がイマイチとされてきましたが、内省的なメッセージを含んだプログラムだからこそ、2シーズン後の今でも、さまざまな新しい解釈を生んでいる。名作であり、傑作でもある証だと思いますね。

 では、また明日!

 Jun


フィギュアスケート ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

    このエントリーをはてなブックマークに追加

yuzu

 この記事は6月1日に執筆しています。これがアップされる6月4日午前0時、私はすでに東京に戻ってきているはずですが、金沢のレポートをする余裕は無いと思うので、少し古めのネタですが、ご容赦ください。




 実は、6月8日にキスクラ本誌が発売予定です。幕張はもちろん、CWW、仙台パレード、そして平昌五輪のプレーバックも収録されるとのこと。

 「羽生結弦選手を70ページ以上にわたって総力特集」とありますが、価格が1728円なので、全編「ゆづ号」ではなく、ミラノワールドのレポートなども入っていそうです。入手したら、またご報告したいと思います。

 キスクラのウェブサイトの幕張レポートに話を戻すと、この写真は田中宣明さん撮影だと思いますが、今年もFaOIの「オフィシャルフォトブック」が出るとしたら、田中さんの写真はそちらにも収録されるのでしょう。

 定価3000円を超える強気な価格設定ながら、あの本の「平等主義」はアマゾンのレビューが軽く炎上するほどでした。いま中古品の価格を見たら、さすがに安くなっていますね。写真自体はすごく質が高いし、真壁さんとランビ先生の対談も読み応えのある内容になっています。気になる方はチェックしてみてください。


 もう一つご紹介。フィギュアスケートLifeでお馴染みの長谷川仁美さんも、幕張のレポートをアップしています。彼女の場合、Life専属というわけではなく、例えば、昨年のFaOI新潟のパンフ掲載のジェフのインタを担当していました。今年もFaOIのオフィシャルの方で何かお仕事をされているかもしれません。要注目です。

 プロのライターさんはどこを見ているのだろう?と興味深く読ませていただきましたが、やっぱり鈴木明子さん(第二部「風の神の歌」)の曲調と衣装・ライティングとの調和に注目していますね。私も「イイ線」行ってるじゃないですか(笑)。

 ミーシャが「キレキレ」というのは、誰もがそう形容したくなる演技でしたよね。

 逆にランビさんの「Slave to the Music」(第二部)について、「左右それぞれ30回超のコンビネーションスピンを見せてくれました」とあって、たしかに彼のスピンは世界にその名を轟かせたトレードマークですけど、そこよりも、曲と衣装とあの振付に見入ってしまうよなぁ・・・と、まだまだ私も修行が足りないなと痛感。

 メドちゃんについては、例の移籍についてのアレコレを知った上で見てしまうと、そりゃやっぱり我々も人間なんで、エモーショナルな演技に見えてしまいますよね。「見えてしまう」というより、いろんなものから解放された彼女に、もっと自由に感情表現していいんだよと、願望込みで見てしまう自分がいました。

 もちろん、彼女の真価が問われるのはシーズンインしてからですから、本人も必死でしょう。「新しいものを見せてほしい」という期待感と、でも、「過度に彼女に求めてはいけない」という自制心と、その狭間の中で、楽しみながら応援したいと思いますね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

10b360c3

9b4585f9

 FaOI幕張についてふと思ったのは、昨年は、プログラムのみ会場の外でも販売していたんですよね。さらに昨年は、会場ごとにプログラムの内容とデザインが違っていたので、プログラムだけを買いに、幕張に行くのもありかな?という気がしてきました。

 私は金沢のみの出陣なんですけど、でも、「今年は公演地が多いので、すべて同じです」ってなっていたらどうしよう・・・。問い合わせたら教えてもらえるのでしょうか?

keiyo

 幕張の土日公演に出撃予定で、東京駅の京葉線地下ホームから電車に乗る予定の方へ。武蔵野線にはご注意ください。昨年の私は、東京駅始発の電車はぜんぶ海浜幕張に停まるだろうと思って何も考えずに乗り込むと、気がついたら西船橋駅を過ぎていて・・・。慌てて船橋法典駅で降りて戻ろうとしたんですが、なかなか電車が来なくて、けっこう焦りました。くれぐれもご注意くださいませ。

takayama

 今年のFaOIについては、まだしっかりした情報を把握していないので、とりあえず今日の記事は、労作の『羽生結弦は助走をしない』(集英社新書)でお馴染みの高山真さんについて。

 高山さんご自身のHPは把握していたんですが、恥ずかしながら、集英社新書のサイトに「特設」された連載コラムの更新が続いていたことを、今日はじめて知った次第です。

 連載記事はすでに15回を数えており、オリンピックの演技についてバリバリ分析されているじゃないですか!なぜ、ウチの読者さんは、私に一言教えてくれなかったのだろう・・・(笑)。

 一番新しい記事では、手術を終えて、中断していた原稿に取り掛かる意欲を語っておられます。

 こういう病気の話を聞くと、私もいい年なので、他人事に思えないんですよね。お腹の辺りがキリキリしてくるような気がするのです(脂汗)。

 機会を見て、この連載記事のバックナンバーをご紹介できたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

yuzu

 SportyMagsさんのブログで興味深い記事がアップされたので、ご紹介します。

 「なぜフィギュアスケートはアメスポのような人気スポーツになりそうにないのか?

 という、刺激的なタイトルです。

 原文のタイトルは“Why Figure Skating Will Never be Mainstream Popular”ですが、本文の中で、NFLやNBAなどのアメリカのプロスポーツとフィギュアスケートを比較する部分があったので、“Mainstream Popular”を「アメスポのような人気スポーツ」と意訳しました。

 さて、このタイトルの動詞が、なぜ“Will Never be”と未来形なのかは、冒頭部分から読み解けます。もともとこのエントリーは数年前に執筆済だったものの、自主的にお蔵入りにしていたそうです。ところが、著者によると、ISU総会で来月検討されるルール変更のどれもが「ファン層の拡大」につながるようには思えず、お蔵入りにしていた見立ては間違っていなかったと、これを公開するに至ったとのことです。

 このままでは、フィギュアスケートは、「4年に一度だけ思い出してもらえるようなスポーツ」になるだろうと。そうならないためには、次の6つの「挑戦」、「試合数の少なさ」「放送形態の少なさ」「競技の複雑さ」「採点競技であること」「簡単に始められないこと」「無意味なルール変更」、これらをクリアしないと厳しいと見ています。

 もちろん、羽生君の人気については言及されています。「ダイヤモンドのような存在」であり、日本だけでなく世界規模でよく知られ、大勢ファンもいる。しかし、日本でも散々言われていることですが、ゆづファンのいったいどれだけの人が、ゆづが引退した後もフィギュアスケートのファンでいてくれるのか、これについて、著者は懐疑的に見ているようです。

 そして、ここから「6つの挑戦」の話になりますが、目下提案されているルール変更はファン層拡大という点では「まったく無関係」であるばかりか、著者のようなベテランスケオタをイライラさせるような、しょーもない内容であると、かなり強い口調でお怒りですね。

 (1)試合数の少なさ

 アメリカの人気プロスポーツでは、例えば、1シーズンに1チームが行う試合として、NHL(82試合)、MLB(162試合)、NBA(82試合)、NFL(16試合)があると。

 一方、フィギュアスケートは、五輪のないレギュラーシーズンにおけるメジャーな大会は、GPシリーズが6試合、ファイナル1試合、ワールドが1試合。しかも、どの選手もGPシリーズは2試合までしか出られず、したがって、シニアのトップスケーターでも、4試合までしか出場できない。

 著者は言及していませんが、近年の羽生君の場合、これにオータムと全日本、場合によっては4CCも入って、最大7試合になりますか。分かってはいることだけど、これは確かに少ない。

 ただ、上で挙げられているアメスポの中で、「アメフトすくな!(16試合)」と思ったんですが、ググってみたらヤフー知恵袋等でいろいろとその背景的理由がヒットするので、興味があればぜひどうぞ。

 ちなみに、これは私が付け加える参考情報ですが、昨年度(2017年4月~2018年3月)の藤井聡太七段の対局数は「73局」で、そのほぼ全てがAbema TVかニコ生(一部、NHKとCSの将棋プレミアムの独占放送)で完全生中継されていました。キラーコンテンツなので、現在も藤井君の対局は、アベマとニコ生の両方で同時中継されていますね。有料会員になると、タイムシフトやアーカイブ等で過去の対局はほぼ見放題。そして、2017年のアベマの人気番組ランキングでは、1位が元SMAPの72時間番組、2位が亀田のボクシング企画、3位と4位に藤井君の対局が入っていました。

 (2)放送形態の少なさ

 ISUのライストのことを評価しつつも、実は、テレビで放送のある国では、そのライストにGEOブロックがかかるようになっています。

 北米の場合だと、例えばワールドは出場者が多いこともあり、テレビの生中継は最終の2グループしか放送されないとのこと。放映権を持っていながらテレビで全て放送する気が無いんだったら、ライストの方で全部やってくれと。テレビ中継のある国は、そのテレビ局のせいでGEOブロックがかかってるわけだから、ライストでもやって当然じゃない?と提言していますね。

 また、YouTubeにアップされた試合の映像がテレビ局によって削除されている件(日本のフジテレビと名指しはされていませんが)も取り上げられています。これも、今後新たなファンがフィギュアスケートを楽しむための障害になっています。

 ちなみに、「日本は例外だが」と但し書きがされていて、五輪シーズン以外の北米でのフィギュアスケートの宣伝活動はまったく足りていないとのこと。ISUはちゃんと仕事せい!とお怒りです。

 (3)競技の複雑さ

 ジャンプやスピンの種類を覚えることは、そこまで難しくはない。ただ、スケーティングの要素や、エッジ、踏み切り、着氷、この辺りがどう採点に関わってくるのかを正確に理解するのは、なかなか大変。

 採点に関して言うと、各エレメンツの基礎点を覚えて、GOEについても学んでも、最大の問題は、「採点が非常に主観的であること」。しかも、この基礎点とGOEについてルール改正がなされることで、さらに混乱を招きそうです。

 そして、新ルールにおける、「4Aの価値が、4Lzよりもたった1点高いだけ」というのは、これからファンになるような人に対して、何を意味するのか。採点システムにこんなバカげたことが盛り込まれて、どうしてファンの拡大になるのか?と。

 ごもっともです。人類で誰も成功させていない4Aを、すでにポンポン跳ばれている4Lzよりもたった一点高いだけなんて、ありえない話ですよね。

 ただ、著者は指摘していませんが、日本人目線でいえば、北米での人気を復権させるためには、ユヅル・ハニュウが勝ちっ放しで、しかも新たな話題も持っていく状況というのは望ましくないと、その思惑が反映されているのは明白ですよね。だから、彼が成功しそうな4Aは前もって「ダウングレード」させるのだと。

 (4)採点競技であること

 人には好き嫌いというものがあって、どんなスケートが好きで、どんなスケートが嫌いかという嗜好から、ジャッジも逃れられない。そのような点が触れられています。

 じゃ、採点競技であることをやめるべきか?、そんな「挑戦」をすべきか、というようなことは書かれていません。あくまでも「ファンが分かりにくい」要因の一つとしての指摘に留まっています。

 (5)簡単に始められないこと

 北米では、アイスホッケーは、なぜ、アメフトや野球あるいはバスケほどビッグにならないのか?という問いかけは、よくなされるようです。これは、フィギュアスケートにも言えると。

 スポーツファンというのは、実際に家族や友人とプレーすることで、そのスポーツをますます好きになってくれる。ところが、スケートは簡単にはできないし、滑れない人がリンクに行くこともない。だからアイスホッケーやフィギュアはハードルが高いのだと。

 (6)無意味なルール変更

 原文では“Rule Changes”とだけ書かれているんですが、「無意味な」と私は頭につけました。理由は以下の通り。

 著者によると、今回提案されているルール改正、演技時間の短縮、フリーでのジャンプの制限、GOEの11段階制、その変更のどれもが、新たなファンを引きつけるという点では、意味がないだろう、と。

 むしろ、問題の本質は、採点システムの中に「主観的要素」が含まれていること(とくにPCS)にある。

 ISUは、若い選手が高得点を取ることを問題視しているようだが、これはまったくのナンセンス。スケーティング技術が皆無でありながら基礎点の高い構成であればポンポン高いPCSを出す採点こそが問題なのであって、選手の年齢は関係ないのだと。

 おっしゃる通りです。今日、新ルールにおける基礎点の「改正案」がネットで出回っていますけど、基礎点が減らされて、GOEの重要性が上がれば、今まで以上にジャッジの裁量の余地が大きくなるし、デタラメな採点が増える温床になるかもしれません。

 著者は、「最低限のライン」として、試合を観戦する上で、「アクセスしやすいようにしてくれ」と訴えています。前述のライスト制限の件、あれだけでも何とかしてくれと。

 私個人としては、ブログに試合のレビューをアップするような場合、テレビよりもライストで生放送を見たい派なんで、テレビはディレイの編集放送でいいので、ライストこそ完全生中継してもらいたいんですけど・・・まぁ、日本では北米以上に厳しいでしょうね。


 羽生君はいつ帰国してたんだろうな・・・と、ステルス技術の向上に驚いています。ただ、日本のスポーツマスコミは目下、アメフトかイニエスタの話題で持ち切りなので、さほどマークは厳しくなかったのかもしれません。

 いよいよですね。幕張観戦される方、お気をつけて楽しんできてください!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

yuzu

 「羽生結弦の五輪連覇が火をつけた、タカマツペア『自分たちも挑戦』」(Number Web 5/18)

 矢内由美子さんはフィギュアスケートの世界でも知られたライターさんですが、フィギュア以外のスポーツも多く取材されています。

 これを読んでいて思ったのは、普通は五輪で金メダルを獲ってしまうと、1~2年休養するとか、そもそも現役を続けるかどうかという話になるんですよね。金メダルを獲るために積んできた過酷なトレーニングをもう一回できるのか、いや、ライバルからのマークも厳しくなるし、リオの時よりもさらに追い込まないと連覇は難しいのではないか。そりゃ、悩みますよね。

 それにしても、オリンピック金メダリストにさえも感動を与え、モチベーションを与える羽生君って改めて偉大な人だなと思います。

 「羽生、ゆづれない仙台への思い 挑むクワッド・アクセル」(サンスポ 5/18)

 記事のタイトルに、某ゆずれない氏の顔が浮かんできて不愉快ですが、記事の最後の所で、

  「けがを抱えた右足首の治療期間を終え、段階を踏んでジャンプ練習の強度を上げている」

 と、サラっと最新情報が盛り込まれていて、おや?と思いました。羽生君も、そろそろFaOIのために来日するはずですが、これはクリケットにいったん戻る前の情報なのか、クリケットでの練習の状況をキャッチしたのか、記者が勝手に「もうジャンプをはじめてるやろ?」と創作したのかは不明です。まぁ、sage記事ではないので問題無いんですが、こういうディテールに注意する癖をつけたいですね。

 おそらく、こんな平和なニュースよりも、「4Aを、『遊び』と言った某選手についてどうよ?」とお怒りの方もいると思いますが、4Sの「チンケなジャンプ」発言と根っこは同じで、自分にはそれを跳ぶための技術も能力もないから、くさすぐらいしかできないという、ただそれだけの話ですよね。「こんなの無視すればいいよ」という気持ちも無くはなかったんですが、しっかり記憶するために、逐一取り上げていくつもりです。

 最後に、録画したPIWを観たんですが、個人的には本田真凜ちゃんが一番良かったです。このショーに出演していた花織ちゃんや新葉ちゃんとはまた違った個性のある子で、このまま埋もれてしまってはもったいない。技術面をしっかり固めれば、世界のトップレベルで戦えるスケーターに成長できると思います。ぜひ頑張ってもらいたいですよ。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ