On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:anan

IMG_9875

IMG_9876



 2018年2月7日発売。ananのバックナンバーのレビューは「こちら」で。

 本書のフィギュアスケートの記事は二部構成です。一つ目は、「羽生結弦 SPECIAL」(51~66頁)で、ホチキスを外すと、このスペシャル記事はハサミ無しで取り外し可能です。

 写真は全て能登直さんで、昨年のトロントメディアデー、オータム、ロステレのショットで構成。紙質もこの特集は表紙と同じやや厚めのもの。みんな大好きな能登さんですから、いちいちどの写真がと言うまでもなく、すべてが素晴らしいです。

 テキスト部分は、折山淑美さんが執筆。夏のトロントでのインタ、バラ1・SEIMEIの再演の経緯、今季の彼の歩み、以上3点が中心ですが、十分すぎるぐらいギッシリ詰まった内容です。普段フィギュアスケート雑誌を買わない方はもちろん、我々スケオタ目線でもクオリティの高さに満足できると思います。

 そのテキストの中で、五輪でのクワドの予定構成として、「ルッツ封印、サルコウとトウループ中心」となっていて、ループについて言及がないのは、ブライアンのコメント以前の執筆であろうことを考えると、仕方の無い所でしょう。

 二つ目の記事は、「平昌五輪の注目競技、観戦ガイド」(76~81頁)の中に収録。技、振付、衣装という3つの切り口から、平昌五輪の注目選手の解説がなされています。

 私が気になったのは、「技」という部分での、本田武史さんの次の解説です。

  「宇野選手はジャンプの着氷時にクセがあることを懸念しつつ、『音楽と一体化したスピンは素晴らしいですし、今季は表現力でも高い評価を受けているので、十分チャンスがあります』」

 先日ご紹介した「Number」の武史さん、佳菜子ちゃん、ミッツさんの座談会でも「両足滑走」の件がポロリと出てきていましたが、今回はもっと重要な点が指摘されています。ジャンプの達人の武史さんが、「あの件」を知らないはずがない。以前も書きましたが、フジの4CC中継の解説はやはりテレビ向けで、武史さんからこういう発言が雑誌を通じて徐々に出てきているのは、何を意味するのか。

 平昌五輪では厳正なジャッジングがされるという「噂」のようなものが、密かに関係者の間で共有されているのかも・・・。

 団体の男子SPは、Pさん、ネイサン、コリヤダ、そして宇野選手が登場しますから、もう間もなくです。楽しみですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-04-27-17-47-12

2017-04-27-17-47-51

2017-04-27-17-47-26

2017-04-27-17-47-32



 昨日に続いて「anan」です。普段あまり批判的なことは書きたくないんですが、タダで読めるネット記事(例えば「J-CASTニュース」や「女性自身」)ならともかく、1000円近く払ってこちらは買うわけですから、やはり値段に見合ったクオリティを求めていきたいですね。

 このムックは、内容的に重複のある「anan(2017.3.29)」よりも紙質は良く、ゆづファン的には持っておいて損のない一冊です。

 まず、目次の画像をご覧いただいて、「さらなる頂点を目指す男 羽生結弦」(24~45頁)について。

 ・SPおよびフリーの楽曲解説のテキスト(本誌、30頁・34頁)は、「anan 3.29」の58~59頁を多少加筆した程度で、内容的にはほぼ同じです。

 ・「羽生結弦、未来へ架けたことば」(本誌、40~45頁)も、「anan 3.29」の60~63頁の同名企画の「ことば」とすべて同じものが掲載されています。

 ・写真の重複は一枚のみ。「anan 3.29」の57頁のスワンが、本誌26頁に縮小されて再掲されています。これ以外はかぶっていません。

 羽生君関連の重複部分は以上です。以下、本誌の「新しい箇所」を見ていきましょう。表紙をめくって、目次はUAウェアの写真で青系に加工されていますが、このウェアの別ショットが、表紙裏(赤)、裏表紙裏(黄)と別の色に加工されて掲載。

 表紙こそ、汗が頬を伝う羽生君をブライアンが抱きかかえる印象的な写真ですが、上記の加工や、なぜ裏表紙の羽生君の写真がこんなに小さいのかも含めて、どうもその「崩し」のセンス(?)が私には分かりません。私の推測ですが、「ゆづゆづ雑誌ではないです。あくまでも日本男子選手に注目してますんで」というアピールなのかなと。

 次に、巻頭の「速報!世界選手権2017」のうち、4~13頁、20~21頁に羽生君が登場。

 ・4頁と13頁の長谷川仁美さんのテキストが、短いながらもビシっと良い出来です。13頁のヘルシンキのホプレガについては、強い想いが筆に込められていますね。ぜひ読んでみてください。

 ・4頁のテキストだけ引用しますが、最終グループの6人について、実にうまく特徴を捉えて描写しています。

 (1)プログラムの最初から最後まで、力任せではなく、自然で上質な流れのスケートの中でジャンプやステップを見せる羽生結弦。

 (2)ミスがあっても、次の4回転に挑む気持ちの強さと、クラシカルな踊りの妙味を披露するネイサン・チェン。

 (3)飄々とした風情で4回転をいくつも跳びつつ、ジャッジや観客とコネクトするキュートな印象を残すボーヤン・ジン。

 (4)深く強く滑らかなスケーティングの味わいが、見る者の心に余韻を残すパトリック・チャン。

 (5)音楽の世界観を瞬時に氷上に生み出して、プログラムに引き込む宇野昌磨。

 (6)フレンドリーでオープンで、どんなプログラムでも応援したくなってしまうハビエル・フェルナンデス。

 ちょっと宇野君とハビに関しては足りないんじゃない?と思いますが、特に最初の3人については巧く書くもんだなぁ・・・と勉強になりました。

 羽生君の写真はすべて中本徳豊さんが撮影。昨日も言及しましたが、「フォトグラファーが見た、羽生結弦の魅力」(26頁)に、中本さんは長いコメントを寄せています。これがたいへん貴重で素晴らしい内容です。

 役者やファッションモデルを数多く撮影してきたという中本さんが、今季、羽生結弦を撮り続けた、率直な感想を大いに語っています。ワールドのSPとフリーでの表情の違いは言うまでもなく、今シーズン全体を見渡しての「羽生結弦論」としても優れています。

 単に機械的に撮りまくるのではなく、プロカメラマンという人たちは、明確な意味と目的をもって撮影に臨むはずだから、私には思いもつかない語彙を使って、羽生君の「変化」を言葉でも表現できるのだなと、感心しました。

 ゆづファン的には、とりあえず入手しておいても不満の無い内容です。それでも「あの対談は無いな・・・」という方は、とりあえず、中本さんのコメントだけでもぜひ書店でチェックしてみてください。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-04-27-17-47-12

2017-04-27-17-47-51



 2017年4月26日発売。普段は羽生君関連の記事のレビューを優先するんですが、今日は「注意喚起」という意味で、羽生君以外の部分を先に触れたいと思います。

 アマゾンのレビューでも指摘されている通り、「anan(2017.3.29)」と重複する部分があります。

 まず、「日本を代表する6選手の今。」と「日本フィギュア界の未来を担う、注目したい、ジュニアスケーター。」という両企画の中で、宇野君・刑事君・友野君・島田君のテキストは「anan 3.29」と同じです。ただし、写真は別の物に差し替えられています。

 したがって、上記の2つの企画の中で、純粋な「新規記事」は、無良君、龍樹君、中村君、須本君、三宅君の部分ということになります。

 「写真を楽しむ」という点でいえば、その大半は中本徳豊さん撮影によるもので、不満はありません。ただ、テキストの見出しに 「フォトグラファーが捉えたニュー"無良崇人"。」のように掲げられていながら、中本さんのコメントは以下のようにほんの一言だけで、テキスト自体はライターの斎藤優子さんによる「選手評」です。

 無良君→→「男性的な色気をもっとも感じるスケーター」

 龍樹君→→「知らずしらずシャッターを切っている」

 中村君→→「ふとした瞬間に、色気を感じる選手ですね」

 明日ご紹介しますが、羽生君の部分も「フォトグラファーが見た、羽生結弦の魅力。」というタイトルなんですが、中身はまるで違います。プロカメラマンが語る「新しい羽生結弦論」というべき格調の高さで、だったら、この3選手について中本さんにもっと語ってもらいたかったですね。

 さて、ここからが本題です。「anan 3.29」でたいへん面白かった、小林宏一・佐々木彰生、両先輩の対談企画が、テキストだけでなく写真までそのまんま再掲(?)されています。

 この企画の使いまわし自体は、私自身はむしろ賛成なんです。男子シングルのトップ選手を的確に解説し、彼らが引っ張る「真・4回転時代」を暗示するような、近年の若いスケーターのジャンプ練習の変化にまで言及していて、あらゆる読者層にとって興味深い内容です。

 ただ、再利用するにしても、あえて強く言いますが、この企画の担当編集者のやり方はあまりに稚拙で姑息なのです。

 そもそも、「anan 3.29」でこの対談は、「世界選手権展望」という名目でおこなわれました。そこでは、このように始まっています。

 佐々木 「今度の世界選手権は、勝つためには、ひとつのミスも許されない、とてもハイレベルな戦いが見られると思いますよ」(3.29、76頁)

 ところが、本誌では、こう変えられています。

 佐々木 「来季の世界フィギュア界は、勝つためには、ひとつのミスも許されない、とてもハイレベルな戦いが見られると思いますよ」(本誌、80頁)

 世界選手権という一大会の展望と、来季しかも五輪シーズン全体の展望とでは、まるで意味が違ってきます。

 上記の彰生さんの発言を受けて、宏一さんは、「僕が引退したのは、7シーズン前だけど、最近の試合を見ていると、ほんと、辞めてよかったと思うよ(笑)」(3.29・76頁、本誌・80頁)と答えます。これに対する、彰生さんの応答にも手が加わっています。

 佐々木 「思う。この間の四大陸選手権を見て、また"3年前に引退しといてよかった"と思った(笑)」(3.29、76頁)

 佐々木 「思う。四大陸や世界選手権を見て、また"3年前に引退しといてよかった"と思った(笑)」(本誌、80頁)

 さも世界選手権後の対談のように「改ざん」してあるんですが、そうすると、例えば、次のネイサンに関する部分は、意味が通らなくなります。

 小林 「あれだけ軸を作るのが早かったら、(いちばん難易度が低い)4回転トゥループなんて、ほとんど失敗しないんじゃない?」(3.29・77頁、本誌・81頁)

 また、両誌のネイサンの写真付きの紹介文の所で、

 「もはや4回転を失敗する気がしない」(小林さん)

 このように、宏一さんはコメントしてますが、そりゃあの4CCを見た直後なら、この見立てには誰もが頷きます。

 ちなみに、わざわざ「いちばん難易度が低い」と補足されている4Tに限っても、ネイサンはヘルシンキフリーでは、単発の4Tは着氷がグニャってGOE-0.86、後半の4Tにはなんとかセカンドに3Tをつけて、GOE-1.20です。このフリーでは、4Lzと4Sで転倒(ともにGOE-4.00)がありました。

 私は、宏一さんやネイサンをディスりたくて、チクチク言ってるんじゃありません。

 編集担当者がこそこそ勝手に「ワールド後の対談」のように「偽装」したことで、つじつまが合わなくなるんですよ。

 「anan 3.29」を購入していない読者に対して、「この小林って人、ワールドのネイサン見てたの?なに言ってるの?」という、本来起こるはずのない誤解を与えてしまうわけです。

 「ネイサン選手は、4回転を失敗しない!?」(3.29・77頁、本誌・80頁)という小見出しも虚しくそのまま残っていますよ。



 そもそも「再利用」を予定していたなら、整合性が取れるようにテーマを広く設定して、お二人に語ってもらうことだってできたはずです。最悪、「本対談は、世界選手権前に行われました」と但し書きをすれば、使いまわしだとしても、読者は分かった上で読んでくれるはずです。

 昨日レビューした「銀盤の王子たち Vol.10」には、佐野さんのインタは「2017年4月5日に行いました」と、あっこさんのインタも「2017年3月23日に行いました」と、日付までしっかり明記してありました。もちろん、ブログでもご紹介した通り、あっこさんの見解はいま読んでも違和感はまったくありません。

 彰生さんと宏一さんの対談も、「王子」のインタに優るとも劣らないクオリティなのに、これでは台無しです。

 我々読者はまだいいとして、二人にはちゃんと謝ってほしいと思います。

 写真も、選手紹介のテキストも、対談も、内容は悪くないんです。「フォトグラファーが捉えた・・・」の見出しの件はともかく、両先輩の対談の「処理」のしかたは、そもそもまともな大人の仕事としてどうなの?と疑問を感じます。

 まぁ、フィギュアスケート専門誌でもなければスポーツ雑誌でもない「anan」に、そこまで求めちゃいけないってことなんでしょうか。もったいないなぁ・・・。

 不愉快に感じる方もおられるかもしれませんが、事実なので記しておきました。ちなみに、明日ご紹介する羽生君の記事の出来はけっこういいですよ。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 後述するように、必ずしもゆづ満開の内容ではないんですが、このVVのスタッフさんの情熱はどうよ!完全にゆづファンやないですか。みんな負けてらんないよ!京都にお住まいの方は、VV新京極店でお買い物をしよう!

2017-03-25-17-54-20

2017-03-25-17-54-41



 2017年3月22日発売。多くの皆さんが発売日に入手されたはずで、レビューを急ぐ必要もないだろうと思い、後回しにしていました。

 世界選手権直前ということなので、羽生君、宇野君、刑事君、そしてジュニアの友野君、島田君まで紹介するというのは、けっこう頑張ったなと思うんです。Numberと比べると紙質も良く、写真もいい。想像以上にしっかりした内容に感じました。

 「ユーリ !!! on ICE」とこの男子フィギュアスケート特集を一冊に詰め込んだことについては、いろいろとご意見はあるかと思います。私は全12話欠かさず見て記事にもしましたが、ユーリのファンが本号をきっかけに実際のフィギュアスケートにも興味を持ってくれればいいですね。

 さて、羽生君の部分について。たしかに、一部、気持ち悪い文章がありますね・・・。なぜ、ループをめぐってブライアンとの意見の一致を見た後、練習中のゆづがハビを「妖艶な手つきで誘惑し、ハビエルも胸を切なそうに押さえ、二人は無言で愛を交わす」ということになるのか。この段落だけ異様に浮いているので、もしかしたら、編集サイドから野口さんへのリクエストではなく、編集者が勝手に創作したんじゃないか?とさえ思えます。まぁ、他誌ではなかなか読めませんがね・・・。

 刑事君の所で、名前の由来の説明がありますね。ご両親が「正義感のある人に」という思いを込めたと。これ、「KENJIの部屋」では「他人とかぶることはまずないから、刑事とお父さんがつけた」と本人は言ってましたが、あれはミヤケンさん向けのネタだったんですかね(汗)。

 一方、いい意味で「浮いている」といえば、佐々木彰生&小林宏一両先輩の対談。これは面白いですね。LifeやQuadrupleに収録されていてもおかしくない。若手選手のジャンプ練習の変化の指摘がまず興味深く、ワールドの有力選手解説も、それぞれの特徴を的確にとらえている。「今から注目の若手選手たち」の中で、世界ジュニアで見事な勝ちっぷりだったヴィンセント・ゾウ君をしっかり挙げていて、先見の明もありますね。他誌でこの二人でもう一度対談してほしいものです。

 ユーリ特集の方は、長谷川さんと本田さんの記事の、なんとマジメなこと・・・。ちゃんと観て書いてますね。勇利、ヴィクトル、ユリオの3人に絞ったのは企画を分かりやすくするにはしょうがないとはいえ、このアニメの影の主人公はJJのはずで、私の個人的推しメンの、彼女にフラれた怨念をプログラムに叩きつける異色のロシア人スケーターギオルギーもまったくノータッチってのはどうなの?という感じです。

 ユーリの記事は10月~12月にかけてアップしてたんですけど、当時、拍手数「1」とか「2」で、いやぁ、なんだか遠い昔のようです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-17-16-10-14

2016-09-17-16-10-37

2016-09-17-16-11-00

2016-09-17-16-12-36

2016-09-17-16-12-56

2016-09-17-16-13-03

2016-09-17-16-13-15

2016-09-17-16-13-19

2016-09-17-16-13-46

2016-09-17-16-13-56

2016-09-17-16-14-19

2016-09-17-16-14-25

2016-09-17-16-14-34

2016-09-17-16-14-40

2016-09-17-16-14-53

2016-09-17-16-14-59

2016-09-17-16-15-05

2016-09-17-16-15-14

2016-09-17-16-15-23

2016-09-17-16-15-35

2016-09-17-16-16-04

2016-09-17-16-16-11

2016-09-17-16-16-29

2016-09-17-16-17-22

2016-09-17-16-18-01

2016-09-17-16-19-07

2016-09-17-16-19-56

2016-09-17-16-20-08

2016-09-17-16-20-24

2016-09-17-16-20-30

2016-09-17-16-21-31



 2015年12月9日発売。「家庭画報」に触れたなら、こちらも取り上げないわけにはいきません。あの「家庭画報」のわずか8日後に発売された割に、内容がまったくの正反対で、なおかつフィギュアスケート専門誌やスポーツ総合誌ではまず見られない写真ですし、なかなか貴重です。

 アマゾンの中古品価格も、発行部数と話題性ゆえか、「家庭画報」に比べて、状態の良いものを入手するハードルは低そうです。

 「家庭画報」は重くてデカいのに、羽生君関連は一部だったので、切り取って本体はポイしましたが、こちらは表紙・ポスター・インタビューと盛り沢山で、他の雑誌とともにウチの本棚に保管されています。以下、気になった点を挙げておきます。

 ・ 撮影衣装が意外に安い!→どんな高い物を着させられているかと思いきや、普通にビームス中心で驚きました。しかし、じゃあこの一式を一般的な日本人男性が丸買いして着てみたらどうなるか。このボーダーニットは、かなり横に膨張して見えるデザインだし、それにこのパンツだったら、どんだけ「胴ムチ短足」を晒してしまうのか。罰ゲームですね。

 ・ ポスターがデカい!→最大規模です。私が所有している雑誌封入型ポスターの中でも、「銀盤のプリンス」に匹敵するサイズです。ただ、せっかくの人間離れしたスタイルの持ち主なんだし、しかも両面なんだから、片面は全身を捉えたアングルにしてもよかったのでは?ボーダーニットの衣装をポスターにしなかった点は評価しますが。

 ・ インタビューでは興味深い発言が二つありました。ひとつは、

  「ジャンプやスピンといった技に入るときの動作を最小限にしたい」

 というもの。これは、荒川さんとの対談でも力説していて(時期的には「anan」の方が先ですが)、二人ともに意見が一致していました。今季の「Let's Go Crazy」も、あのクリケットでの公開練習でスパっと決まっていた4Loを見るに、さらにこの意識が進化しているように感じます。もうひとつは、

  「生まれ変わったら、フィギュア以外をやりたい」

 他の雑誌・テレビ等で、こんな発言を見たり聞いたりしたことありましたか?私は寡聞にして知りません。そして、もし私がこのインタビューの編集・執筆担当者だったら、本誌のような呑気な結論で締めることはできないですね。

 この一言だけで、いかにフィギュアスケートの世界が厳しいか、いかに多くの才能ある若者が挫折していったか等々、ややネガティブに受け止めてしまいます。だったら、この質問とセットで、「自分の子どもにフィギュアをやらせたいか?」というのも投げてほしかった気もします。ただ、自分自身のことではないので、「いまはわからない」とか「本人次第」とか、煙に巻かれそうですが。

 長谷川仁美さんの寄稿文は、これまでの羽生君の様々な「表情」にフォーカスした、ややマニアックで気合いの入った内容なんですが、だったらここで取り上げられているNHK杯のツィゴイネルワイゼンやニースのロミジュリの写真ぐらいは載せてあげないと・・・と、ちょっと彼女が気の毒でした。

 いわゆる「流行通信」の「anan」の記事でしょ?と侮るなかれ。いま読んでみても、随所に印象に残る点があり、資料的価値も高いと思います。

 「anan」は今年もやってくれるでしょうか?Princeも関わっているし、やってくれると信じましょう。少なくとも「家庭画報」よりは内容のあるものを期待できそうですしね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ